スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クアラ!クロアチア~最終日~ 

お散歩から帰ってきて、ズックの足を洗ってふと外を見ると豪雨!超ナイスタイミングだったロンドンです。  そして今はまた晴れてる・・・さすがイギリス


ゆっくりゆっくり更新してきたクロアチア旅行記もやっと最終日までたどり着きました!

スプリットまで帰らねばならないので、またもや5時間のバス移動・・・。またあの景色だけを楽しみにバスターミナルへ。今度のバスは前回よりお値段がちょっと高い。でもその分、この前のバスよりも快適。


※バスの前に、出発時間と到着時間が書いてあって、なんかちょっとかわいい。


出発まで少し時間があったので、周りをウロチョロする私。

と、面白いもの見つけちゃいました!


駐車禁止!


という標識の後ろに思いっきり止まってる車。ま、まぁ、向こう側はOKってことなのかな?!レッカーされちゃうよ~マークまでしっかり貼ってあります。


そして、コレ!!


ラッパ禁止。



ラッパ・・・。ラッパ、禁止なんだ(笑)。


クロアチア人はあちこちでラッパ吹くのかしら?などと笑いながらバスに乗り込み、5時間の長距離移動の始まり・・・。途中、ほとんど寝ながら、またこの景色を心の拠り所にしつつ、無事スプリットに到着!


そして、そして、クロアチア最後のランチは、事前にチェック済みの評判の良いレストラン「BOBAN(ボバン)」へ!

バス停から近そうだったので歩いていったんだけど、住宅街にあってわかりずらい上に、強い強い日差し。そしてオットはスーツケースを転がしているので、かなり不機嫌になってきた。や、やばいぞ・・・と思ってた頃にやっとボバン発見!ほーっ。

お昼時だったため、お店はかなり混んでいてお料理が出てくるまで待たされたけれど、噂通り、とってもおいしかった!!

前菜に、白身魚のカルパッチョ。この白身魚、若干湯通ししてある感じ。我々日本人的には生で全然OKだけど、こっちの人は抵抗あるのかな?このままでもすごくおいしかったけど、ホントはぜひ生で食してみたかった一品。


そしてメインは、クロアチアで有名らしいトリュフのパスタと、手長海老のリゾット。写真はあんまりうまく撮れてないけど、両方ともすっごくおいしかったの~~~ 最後には恒例のカヴァ・サ・シュラゴム。ここのはクリームじゃなくて、アイスクリームが入ってました!やっぱり、カヴァ・サ・シュラゴム通じなかったけど


最後にちょっとスプリットの旧市街をプラプラしつつ、アイスを食べて(スプリットでは5クーナと安かった!)、楽しかったクロアチアともお別れ。

※ちょっと遺跡っぽい雰囲気もあるスプリットの旧市街。かなりイイ感じです。

※クロアチアのコインって裏側がクマ、お魚、鳥、お花の模様でかわいい。


あ~、本当に楽しかったクロアチア旅行でした。みなさんも機会があれば、ぜひぜひ訪れてみてください!超オススメです!

最後に、ドゥブロヴニクのホテルから見た美しい夕焼けを!



ちなみにタイトルの「クアラ!」とは、我々が唯一覚えた、セルボ・クロエット語で「ありがとう」という意味です。

さぁ、ひとつ賢くなったアナタ、「ガッテン!」の代わりにクリックどうぞ♪

スポンサーサイト

クアラ!クロアチア~ドゥブロヴニク(3)~ 

いつもズックのご飯はネットで頼んでいるのだけど、今回は配達時に手違いがあったらしく、2週間も遅れた挙句届かず、送りなおしになってしまったロンドンです。

なので、現在、ズックは手作りご飯を食べています(いつもオーガニックのドッグフードなので、その辺では売ってない)。

白米にジャガイモ、にんじん、キャベツなんかを入れてトロトロ茹でておじや風にし、最後にすりごまをパラパラ。これが意外にも好評(ズックに)!お肉を入れなくてもペロッと食べちゃうズック。でもちょっと手間と時間がかかるんだよな~。




さてさて、丘登りのせいで、もんのすごく疲れた我々だけど、ランチの後、腹ごなしに港の方へ行ってみることに。旧市街は小さいので、向こう側の港まで簡単に歩いていけます。

この港、私のお気に入り!船と旧市街のかわいい街並みが一緒に見られて、すごくイイ


船がたくさん泊まってるこの景色、男の人じゃなくてもステキだな~って思っちゃいませんか?


これらの景色は、港側の門から一旦、旧市街の外へ出てすぐのちょっとした広場から見られます。(ここ、ベンチがたくさんあるんだけど、チューリップ帽を被った日本からの団体旅行者がいました!)

この後、港に降りていってちょっとだけ遊んだ後、あまりの疲労感にホテルに戻った我ら。


あ!でもその前にアイスクリームを!種類がたくさんあって、見かけはかなり甘そうだけど、意外にそうでもなくておいしかった!このアイス、みんな食べてたけど、クロアチアって、アイス有名なのかしら?1スクープ、7クーナ(150円くらい)。



早々にホテルに戻った我々、この後、思いっきりお昼寝してしまいました。
ホントに疲れてたのよ!

まさかこの時期で、海に入れる程暑いなんて思わなかったから、今回、水着を持参しなかった我々。もし、持ってたら、お部屋ではなくて、プールサイドかビーチサイドでお昼寝したのにに・・・。あぁぁ、すっごい後悔

※これはもちろんプールサイドではなく、ホテルのロビー。なんか近未来的でしょ?


もし、クロアチア、特にドゥブロヴニクに行かれる方、真冬でない限り、水着を持っていくことをオススメ!あ、あと日差しが相当キツイので帽子も必須!


お昼が遅くてまだお腹がいっぱいだったので、夜ご飯はサラダのみ!なので写真がありません。。。

その代わり、ホテルのロビーで飲んだ、クロアチア名物(?)のクリームコーヒー(ウィンナーコーヒーみたいな感じ)「カヴァ・サ・シュラゴム」を。これ、おいしかったの!
しかし、この「カヴァ・サ・シュラゴム」が全く通じなくてショック!おかしいな~(笑)


そんなこんなで、楽しかった(そして辛かった)ドゥブロヴニクも、アッという間に終わり。翌日は、スプリットに戻ってから空港へ。でも最後においしーいランチを食べたので、次回はそれをご紹介しちゃいます

クアラ!クロアチア~ドゥブロヴニク(2)~ 

夏到来!という感じでピッカピカのお天気の中、綿毛や花粉らしきものがぶんぶん飛んでいるロンドンです。

・・・が!花粉症のため窓を締め切っているはずの我が家の中に飛んでいたのは・・・


虫・・・


去年に引き続き、まさか今年も虫に悩まされるとは・・・。

でも今年はお米じゃないんです。今年は、なんと、、、2月にフィレンツェで買ってきた乾燥ポルチーニ茸!!

もちろん何度も、パスタに使ったりリゾットに使ったりしてきたんだけど、まだ残ってたの。そのジップロックの中で大変なことが起きてました・・・

虫が好きな人は少ないと思うので、詳しくは書きませんが、どうも去年のお米についてたのと同じ虫。ジップロックを食い破った強者どもが(ギャー!)、部屋に何匹か飛んでたのです・・・。くらっ。またもやくじけそうざました。ま、負けないぞ


あぁ、すっかりおぞましい話から始まってしまいましたが、負けずにドゥブロブニク2日目を書きたいと思います・・・。



ドゥブロヴニクは、あの『魔女の宅急便』の舞台になった、とか噂されちゃう(実際はスウェーデンらしい)ほどのかわいい街。

「その街を一望できる丘に登ろう!」というのが今日の計画。


クロアチアについてから、毎日とってもお天気が良くて暑いんだけど、この日も、ものすごい日差し。しっかり水を携え、いざ丘登りにチャレンジ。



この丘、頂上までは結構あります。でも、時間はあるし、ゆっくり登れば平気だよね。
・・・と思ったけど、丘のふもとまで行くのにも結構歩いた。暑さと日差しのせいで少し疲れも出てきたかな・・・。

※ちょっと沖縄っぽい?!


やっと丘のふもとに付き、ここからは山道(?)。木陰は涼しくて気持ちいい。ふだん全く運動しておらず、今ちょっと体力に自信がないので休憩をたくさん取りながら、ひたすら「あの景色」を目指して登るのだ!



この登山道(と呼ぼう)、緩やかに蛇行した道になってる。

・・・と、オットが、

(やや急なガケを指差し)「こっち行ったら近道じゃない?」と提案。

ええー?!ホント??じゃぁ、ちょっとだけ登ってみてよ、そこで行けそうなら私も行ってみるケド・・・

そして、少し登った結果、
「いけそう!いけそう!
ということで、私も付いていくことに。


・・・。

※オットの頭の中

・・・・・・。

け、けっこうキツイんですけど


(でも、その後もしばらく登る)


ちょ、ちょっと。か、かなり急になってきて、しかも草ボウボウで、もう無理じゃ?!

・・・と下を見るも、既にかなり登ってきてしまっていて、しかも急なので降りるほうが危険ということで、さらに登ることに。


で、でもーー!!


まるでロッククライミングの草バージョンのような斜面(言いすぎ)。トゲトゲの草木が痛いし、上の登山道は全く見えてこないし、もうイヤーーー!!

と、泣きそうになりながらも、後戻りもできず、ひたすら上を目指して這い上がり、なんとか登山道に戻った我々なのでした。この間、約1時間・・・。

ぜんっぜん近道じゃなかったから!

つーか、もんのすごい遠回りだったから!!


あまりに疲れ、無口になった私を気遣うように、「もうここで十分だよね。上は諦めようね」と優しいフリして言うオット。

誰のせいでここまでしか来られなかったと思ってんのよー!


しかし、日差しと暑さにやられ、ホントに体力に自信のない私は、一応、次の折り返し地点までは行って、そこで諦めることに。

そして、この折り返し地点からの眺めがかなり良かったので、オットを許すことした優しい私!


こんなにツライ、ツライ、登山体験(半分以上、不必要なツラサだったけど)をしてまで見たかったのがこの風景っ!これぞ、ドゥブロヴニク!


※城壁の中が旧市街。キキの街っぽいでしょ?


もういっちょ!美しい港のアップ!!  あ、キキが飛んでる!(ウソ)


ハァァ~。がんばって登ったかいがあったってものでしょ?そうでしょ?そうだと言って!


この後、あまりに疲れて、お腹も減ったので、さっさと街まで降りてきてご飯を食べました。今日のランチはピザとパスタとサラダ!イタリアが近いからか、ピザやリゾットがおいしいクロアチア。パスタはイタリアには全然負けるけど、ロンドンに比べたら数倍おいしいっ


はぁ、なんだか、書いていてもまたあのツラサを思い出して疲れてきちゃったので、続きはまた次回!

クアラ!クロアチア~ドゥブロヴニク(1)~ 

テンプレートをガラリと変えてみましたの。なんかタイトルの説明書きが、ギャルっぽいフォントで、無理してる感が否めないロンドンです。


ささ、そんなことよりも、クロアチアのつづき!

バス5時間の長旅、美しいアドリア海だけじゃなく、こんな、ちょっと不思議な田園(?!)風景も広がっていました。海以外の景色も美しいクロアチア。ステキです




そして、この道の途中、なぜか一度クロアチア国が終わり、ボスニア・ヘルツェコビナ国を通ります。ボスニアといえば、激しい内戦のあった地域。どんな感じなのか、いまだに復興されていないのか、私なりにかなり興味がありました。


※ここが、国境。高速の料金所みたいな簡単な作り。
ここで、バスは一旦止まり、バスの中に警官が入ってきて、ひとりひとりパスポートをチェック!でも、そんなに物々しい感じじゃなく、私がニコッとしてみたら、警官もうっすらニコッ。


その後、バスは走り出す

そして、景色はほとんど変わらず・・・。あ、あれ?そうなんだ。


途中、おトイレ休憩に寄ったドライブイン風なお店も、ふつうに物は豊富に置いてあったし、なんにも変わりありませんでした。もっと戦争が激しかった地域に行ったら、まだ生々しいのかもしれないけど、この辺はこんな感じなのかも。


ということで、アッという間にボスニアも終わり、いよいよ念願のドゥブロヴニクに到着~!! うほほっ!


荷物もあるので、まずはホテルへ。ホテルは街の中心からはちょっと離れたリゾート地(?)にあります。

このホテルが、良かった!改築したばかりで私たちが泊まったのは、新館!もちろんキレイだし、インテリアも私好みここ、今までの我々の旅の中で一番良いホテルだったかも!オススメですぞ。

※窓の外は海!オーシャンビュー

※バスルームのインテリアがステキだった

■Hotel Neptun Dubrovnik
Kardinala Stepinca 31,Dubrovnik


長旅で疲れたので、ホテルのレストランで喉を潤します
このテラスからの眺めもステキだったのよね~。

※海に面したプール。そのまま海へ降りる階段も!

※見よ!この海の色!!


そして、やっぱりお腹が減ったので、早速街へ!

街までは、ホテルのすぐ近くから市バスが出ていて、所要時間2~30分。ホテルのフロントで切符を事前に買えば、1回8クーナ(180円くらい)。バスの運転手さんからも買えるけど、そうすると10クーナなんだって。

街の中心、旧市街もステキです。スプリットもそうだったけど、ここも城壁に囲まれていて美しい街。そして、空が青い!! この壁の奥が旧市街です。


さぁさぁ、ご飯!ご飯!どこで食べようかな?


どこも惹かれるけど、今日は事前に調べておいた、港にある「Lokanda Peskarija」へ!


前菜にアンチョビの酢漬け。そしてメインは、イカのにんにく蒸し焼きと、ムール貝を♪
飲み物もそれぞれ頼んで、しめて151クーナ(3500円くらい)。やっすい!!ロンドンの半額以下!

アンチョビとイカ、おいしかった~~!!ふだんロンドンでは、シーフードがあんまり食べられないので、これは嬉しかったな。ムール貝はとっても素朴で、やっぱりブリュッセルで食べるムール貝のが数段上かな~♪

でもでも、大満足な夕飯でした!  この日はさすがにコーヒーガマンできたエライ私。


そして、翌日・・・予想だにしなかったツライ体験が待っているのでした。(つづく)

クアラ!クロアチア~スプリット~ 

今日からヨガを始めてみたら、体がぐーんと伸びて気持ちよかったロンドンです。 ちゃんと続けようっと。


さて、やっと到着!のクロアチアはスプリット空港。(首都のザグレブではありません)

空港から市内まではバスらしいけど、どこから出てるんだろう~?と外に出てみると、「Croatia Airline」と書かれたバスが止まってる。


※スプリットの港。美しいざます!


「スプリット?」と聞かれ、いえーす、と答えると、乗せてくれた。市内まではひとり30クーナ(約700円)。所要時間は40分くらい。エアコンも効いていて、とても快適なバスでございます。


市内に着くと、噂に聞いていた通り、宿屋のおばちゃんが、
「Maybe a room?(お部屋必要だったりする?)」って近寄ってくる。
「もうホテル予約してるから、ごめんね」って言うと、すごすごと引き下がっていっちゃう。クロアチア人たら、なんて控えめ!なんか、かわいいわ


旧市街は壁で囲まれていて、夜ということも手伝ってか、中世の街にトリップしたみたい
そして、かなり迷いつつ、人に聞きつつ、ホテル到着!


外観は、「や、やっちまった・・・」って思ったけど、中は以外にも、とっても清潔でかわいらしいお部屋じゃないの。あーよかった♪立地的には最高だし!イイ!イイ!


■B&B Hotel Kastel - 1700
Mihovilova Sirina 5,Split (Dalmatia)



期待のクロアチア初の夜ご飯は失敗・・・。タコのサラダはおいしかったけど、リゾットはイマイチ食後のコーヒーはおいしかったんだけどね。(そしてまたもや眠れない夜に・・・ホンットに学習できないワタシ・・・


次の日は、もう移動日。

ちょっと早めに起きて街を少しブラブラしながら、おいしいパンとケーキを買って、今回の旅の目的地・ドゥヴロブニクを目指すバスに乗ります。バス停は、旧市街から少し港に向かって歩いたところに。(徒歩10分くらい)


※パン屋の奥でマジメに働くお父さん。かっこいい♪


また後日、ここに戻ってくるので、往復のバスチケットを買いたかったんだけど、ここの仕組みはちょっと変わっている。
乗るバス会社によって、時間と値段が決まっていて、往復の場合は、行きと同じバス会社で帰ってこなくてはいけない。

でも、私達が行きに乗るバス会社は、帰りの時間が全然予定と合わないので、仕方なく片道切符を買うことに。片道、ひとり102クーナ(2300円くらい)、荷物預け賃7クーナ。


クロアチアったら、ものすごく時間に正確で、予定時刻ピッタリに出発!いつもいい加減なイギリスに慣れていたから、これはかーなーり新鮮だった。
※休憩時間も、「5分」といったら、容赦なく5分後に出発するのはちょっとドキドキだったけど。


このバス、5時間も乗ったのでちょっと疲れたけど、外に見える景色が最高だった!


なんて美しいの!アドリア海よ!!海が青い!そして緑っ!



さぁさぁ、ご堪能くだされ! 



この後、途中、ボスニア・ヘルツェコビナを通り、我らが目的地、ドゥブロヴニクへ向かうのでありました。(つづく)

←美しい海にため息が出たら、応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。