スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン旅行(3)やっぱりロンドンが好き 

公園に行ったら鉄棒があったので、「逆上がりできる?」とオットに聞いたら「もうできないよ~」と言ったので、「できないの?へへん!」と鼻で笑って挑戦したら、全くできなくてショックだったともよです。うぅぅ・・・。小学生の頃はあんなに得意だったのに、何度チャレンジしてもできなかった。。。
 ちなみにオットはできた・・・


あまり観光しなかったロンドン旅行なので、みなさんにお見せできるのはこれで最後!

住んでいた時には行かなかったSCIENCE MUSEUM(科学技術博物館)。ここは、男の子はきっとすごーく楽しいと思う。でも、広大な敷地(4F建て!)の割には展示物はそこまで数がなくて、私的には、まぁまぁという感想でした。ロンドンは、こういう博物館がどこも無料。さすがだわ!


※入り口すぐにある月面着陸の展示

※飛行機とか車とか発明された年代ごとに並んでいたり


そして、私たちが日本に帰った後に完成した、住んでいたおうちのすぐ近くにできたヨーロッパ最大のショッピングモール「Westfield」。ホントにすっごい広かったー!もう名だたるブランドはなんでも入ってるって感じ。全然一日じゃ見切れません!


※内装もすっごいオシャレでした♪

※こういうオシャレベンチがあちこちにあってステキ!


あとは、近くをブラブラしたり、INDI達とご飯を食べたりって感じで毎日過ぎていったのでした。
ひとつ残念だったのは、チュニと一緒に、私たちの大好きなロンドンの公園に行こうと楽しみにしていたのに、予定してた日はお天気が悪くて行けなかったこと。あの大きな大きな公園をチュニに見せてあげたかった。。。


※滞在中、ほとんどパンとバナナしか食べなかったチュニ。かわいいお花屋さんの前でもバナナをもぐもぐ。


チュニが一番楽しんでたのは、ホテルの最寄駅のモールにあったGARFUNKEL'S(レストラン)の風船かも(笑)。駅を通る度に、ここの風船で遊ばないと気がすまないので、いつも時間がかかるのでした。。。



チュニもとっても楽しんでたし、私たちもまた違和感なくロンドンの街を歩けて、「あぁ、またここで暮らせたらいいのに・・・」なんて思った旅行だったのでした。住んでいた時はさんざん文句言ってたくせにねー。えへへ。

そりゃー嫌なこともあったけど、それでもやっぱり大好きだと思わせる不思議な街、それがロンドンなのでした。


スポンサーサイト

ロンドン旅行(2)ちょっと観光&あの味! 

編み物熱が盛り上がってしまい、暇さえあれば編み編みしていたため、ちょっとご無沙汰していたともよです。あ、このくらいのペースはいつものことだって?!アハアハ。 でもやっぱり編み物って楽しいわ~♪


さて、なんだかもうずいぶん昔のような気がするロンドン旅行。さっさと書いてしまわねば!

ちょっとだけした観光っぽいこと。故ダイアナ妃が、チャールズ皇太子と結婚式を挙げたSt.Paul's Cathedral (セントポール大聖堂)に行ってみました。ま、わざわざここに見に行ったわけじゃなくて、近くで用事があったから寄っただけなんだけど。えへ。 


※この時計が大聖堂の一部。外観撮らずにゴメンナサイ…。あと、中は禁止でしたー。


でも、実は中に入ったことはなかったので(お金かかるしね・・・)、今回入ってみることに。チュニが若干ぐずり気味だったけど、なんとかひととおり見て、上にもがんばって上りましたー。チュニを抱っこしての階段は結構キツかったけど、景色は良かった!でもさすがにてっぺんまでは無理だった・・・。


※怖いもの知らずのチュニ。高いところもへっちゃら!


そして、ぜーったいに食べるぞ!と誓っていた、チャイナタウンにある大好きなJoy King Lauへ!!
あーん、あーん、やっぱり美味しかったーーー ここの、Crispy Fried Soft-Shell Crab(カニのピリ辛揚げって感じ)はやはり絶品ですわ~ あ~、大満足♪


※また食べたい・・・。横浜の中華街にも同じような美味しいのあるのかな~?誰か教えてー!


そして、これまた大好きなチューダー調の建物のデパート、リバティプリントでもお馴染みの「LIBERTY」をひやかして帰りました。特に買うものはなかったけど(笑)、建物はやっぱりかわいかった!




地下鉄にも、バスにも乗ったよ~。
ほとんどのバスに電光掲示板とアナウンスが流れるようになったのが変わってたけど、相変わらず混んでた!!


※チュニは何を見つけたのかな??

ロンドン旅行(1)懐かしの街並みと人々 

最近では夜寝かしつけると、そのまま朝まで寝てることが多かったのに、この前、夜中に泣き出したので、お水を飲ませてナデナデしてると、突然ものすごい勢いで「ギャーーーッ!」と叫びだしたチュニ。その後も2回くらい同じことを繰り返した後、ボーッと空を見つめてなかなか眠りに戻れない様子・・・。どうしちゃったんでしょう・・・?!まるで何かに怯えるようなあの叫び声・・・。なんだかものすごーく怖かったともよです・・・


さて。今回のロンドン旅行を振り返ってみましょう~!

長い長いフライトを終えてロンドンはヒースロー空港へ降り立った我々。飛行機から見えた、懐かしのかわいらしいイギリスの街並みを見た時は「あぁ・・・また来られたんだなぁ。しかもチュニと一緒に。じ~~ん・・・」な~んて、感慨もひとしお。




飛行機に忘れ物を2回もする!というすったもんだ(笑)があってから、懐かしのヒースローエクスプレスでPaddington駅へ。実はここも思い出の地。なんたって、チュニはこの駅のすぐそばにあるSt.Mary's Hospitalで生まれたんだもの♪



でも、ロングフライトを終えたばかりの我々は病院を見る元気なんてあるわけもなく(笑)、即タクシーでホテルへ。


ロンドンはホテルの質が悪い。。。高いくせに、部屋が狭かったり、お湯が満足に出なかったり、トイレの流れが悪かったり(笑)することはしょっちゅう。でも今回我々が泊まったホテル"Millennium Gloucester"は当たりでした。お部屋もベッドもなかなか広くて清潔。もちろんお湯もトイレもバッチリ♪ここおススメー



ホテルに着いたのはもう夕方だったから、この日はもちろん何もすることなく、そのまま朝までグッスリ


そして翌日は、今回の旅のもっとも大きな任務でもある銀行へ!話が長く複雑なので省きますが、全く同じことをいろんな人に何度も説明し交渉した末、勝訴(笑)!あ~イギリスらしいわ(笑)。
でもとにかくすべてが終わってスッキリした我々が次に向かったのは・・・?

この子、だ~れだ?!



ハイ、だーれも分かりませんね。(笑)

ロンドンでの大親友・INDI&DINIの赤ちゃんでTHOMAS君(7ヶ月)といいます。

彼らとまた会うことができて、THOMASとも初めて会えて、いっぱいしゃべって、いっぱい笑って、今回ロンドンに行けて本当によかった ロンドンで彼らと出会えたことは、我々の大きな大きな財産です。

チュニも何度も写真を見せて教え込んでいたから、最初こそ恥ずかしがってたけどすぐに「インディ!ハロー」なんて言ってすぐに慣れちゃってました♪

そうそう、この初日はチュニ、興奮してたのかお昼寝ナシ!そのおかげか?!時差ボケは全くなく、毎日パワフルなチュニなのでした。

ただいま~♪ 

日本に戻ってきたら、一気に秋モードに突入していて、ちょっとびっくりしたともよです。でも、ロンドンの方がぜーんぜん寒かった!最低気温8度とかもあったし~。

かーなーり心配だった長時間フライトも、チュニなりに、【今、飛行機の中にいる】ということがわかっていたのか、「お外ー!!と叫び出すこともなく、思っていたよりも全然大丈夫でした!行きはたったの1時間だったけど、帰りは半分くらいは寝てくれたし。

チュニは、生まれた土地・ロンドンが肌に合っているのか、日本にいる時よりもさらにパワフルで元気で、毎日とっても楽しんでいました。私たちもとっても楽しかった

去年まで住んでいたところだから観光なんてほとんどしなかったけれど、また少しだけ旅行記(?!)をアップしたいと思います。

とりあえず、無事に帰国したご報告でした。ぺこり。

最後の晩餐 in London 

風邪が長引いていたのと、ちょっとイロイロありまして、しばらくブログから遠のいていしまっていたともよです。でも、ズック、チュニともどもみんな元気です!

これが最後のロンドンの記事!そう、それはモチロンのこと。ウフフ、私らしいでしょ?


オット以外の我々がロンドンを発つ前日。ロンドン最後の晩餐(ランチ)をするために向かったのは、ここ!



これは、イギリスが誇る世界的に有名なセレブシェフ、ゴードンラムゼイが経営するレストランのひとつ「maze」。ゴードンラムゼイは、コンラッド東京にも「セリーズ」というレストランをオープンさせてますが、日本じゃ絶対にチュニ付きでは入れないだろうし、やっぱり本拠地で食べておくべきでしょ!ということで選んだのです。

店内はとっても素敵な雰囲気♪着ている人たちも心なしかオシャレでハイソな感じ?!うふふ、こんなところにバギーで入れて嬉し~い



最初は、4コースで£28.5(6000円弱)でいいよねって言ってたんだけど、ここで食べられるのも最初で最後かもしれないんだし、「後悔したくないじゃん」って大蔵大臣(うちの場合はオット)が言ってくれたので、思い切って6コースで£42.5(9000円くらい)をそれぞれ頼むことに!!キャー、ゼ・イ・タ・ク


では、お料理行っきまーす♪

まず感動したのが、このパン!盛り付け方も超~かわいいし、めっちゃおいしかった 真ん中にあるのがバターなんだけど、無塩なので自分のお好みに応じて隣にある岩塩を振りかけて食べる。ん~、こだわってるって感じ もちろん、おかわり自由ざます♪



前菜1は、マッシュルームのスープ、カプチーノ仕立て。キノコ大好きの私にはたまらない一品!いやぁ~、これホントおいしかったなぁ・・・。奥に見えてるのは、キノコと切り株風に飾られたブリオッシュとトリュフ風味のバター。ブリオッシュはちょっと油っぽかったけど、バターがおいしかった



前菜2は、フォアグラ。このフォアグラを、自家製いちじくのジャムを付けたパンに乗せて食べると・・・も~うたまりませんっ!トロトロリ~ンのフォアグラに素晴らしいジャムのコンビネーション、最っ高においしかった まーた、このパンの盛り付け方がかわいいのなんの!まるでパンがベッドに寝てるかのようなこの演出っ!ニクイよ、このっ、このぉ~!



そしてメイン1が白身魚(なんのお魚だったっけ・・・忘れちゃいました)。上に乗ったナスの薄揚げ(?)がおいしかったな~。お魚はかなりアッサリで若干パサッとしてたかな。今回のコースの中では特筆すべきこともなく、割とふつうだった一品。



選べるメイン、私が選んだのはサーモン。いろいろ悩んだんだけど、ここだったらきっとおいしいサーモンが食べられるんじゃないかな~と思ったの。思ったとおり、身がフワッフワに柔らかくて、厳選素材を使ってるのが分かって、ホントおいしかったー オットはラムを。このラム、お料理法がすごく変わっててこれまたおいしかった!

ここのお料理、いつもソースが必ず泡立ててあって、店員さんが別の器で持ってきて、説明しながらその場でかけてくれるのです。それもまたいい感じ



デザートは2品だったんだけど、最初に出てきた紅茶のプリンが、もんのすっごーくおいしかったの!!出てきて、見かけからあまりにおいしそうで写真を撮るのも忘れて食べちゃった!このコースの中で1、2を争うおいしさだったのに、写真が残ってない・・・ 私のバカバカ!

で、写真に残せた最後のこのデザート、実はイマイチでした・・・。左側のお砂糖がついたケーキ、なんか鈴カステラみたいだった(笑)。



お店の方も全員素晴らしい対応だったし、本当に大満足の「ロンドンの最後の晩餐」になったのでした。あ~、ホントおいしかった♪


ロンドンは、こーんなに高級レストランでもバギーで全く問題なく入れて良かったなぁ・・・
どうしても日本だと、子連れの場合はファミレスへ・・・っていう雰囲気が周りからもプンプンするもんなぁ。。。日本だと「母なんだからガマンして当然!」って感じ。。。サミシイわ。日本ももっとオープンになってくれたらいいのに。


※ロンドンでの最後のお散歩風景!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。