スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン旅行(1)懐かしの街並みと人々 

最近では夜寝かしつけると、そのまま朝まで寝てることが多かったのに、この前、夜中に泣き出したので、お水を飲ませてナデナデしてると、突然ものすごい勢いで「ギャーーーッ!」と叫びだしたチュニ。その後も2回くらい同じことを繰り返した後、ボーッと空を見つめてなかなか眠りに戻れない様子・・・。どうしちゃったんでしょう・・・?!まるで何かに怯えるようなあの叫び声・・・。なんだかものすごーく怖かったともよです・・・


さて。今回のロンドン旅行を振り返ってみましょう~!

長い長いフライトを終えてロンドンはヒースロー空港へ降り立った我々。飛行機から見えた、懐かしのかわいらしいイギリスの街並みを見た時は「あぁ・・・また来られたんだなぁ。しかもチュニと一緒に。じ~~ん・・・」な~んて、感慨もひとしお。




飛行機に忘れ物を2回もする!というすったもんだ(笑)があってから、懐かしのヒースローエクスプレスでPaddington駅へ。実はここも思い出の地。なんたって、チュニはこの駅のすぐそばにあるSt.Mary's Hospitalで生まれたんだもの♪



でも、ロングフライトを終えたばかりの我々は病院を見る元気なんてあるわけもなく(笑)、即タクシーでホテルへ。


ロンドンはホテルの質が悪い。。。高いくせに、部屋が狭かったり、お湯が満足に出なかったり、トイレの流れが悪かったり(笑)することはしょっちゅう。でも今回我々が泊まったホテル"Millennium Gloucester"は当たりでした。お部屋もベッドもなかなか広くて清潔。もちろんお湯もトイレもバッチリ♪ここおススメー



ホテルに着いたのはもう夕方だったから、この日はもちろん何もすることなく、そのまま朝までグッスリ


そして翌日は、今回の旅のもっとも大きな任務でもある銀行へ!話が長く複雑なので省きますが、全く同じことをいろんな人に何度も説明し交渉した末、勝訴(笑)!あ~イギリスらしいわ(笑)。
でもとにかくすべてが終わってスッキリした我々が次に向かったのは・・・?

この子、だ~れだ?!



ハイ、だーれも分かりませんね。(笑)

ロンドンでの大親友・INDI&DINIの赤ちゃんでTHOMAS君(7ヶ月)といいます。

彼らとまた会うことができて、THOMASとも初めて会えて、いっぱいしゃべって、いっぱい笑って、今回ロンドンに行けて本当によかった ロンドンで彼らと出会えたことは、我々の大きな大きな財産です。

チュニも何度も写真を見せて教え込んでいたから、最初こそ恥ずかしがってたけどすぐに「インディ!ハロー」なんて言ってすぐに慣れちゃってました♪

そうそう、この初日はチュニ、興奮してたのかお昼寝ナシ!そのおかげか?!時差ボケは全くなく、毎日パワフルなチュニなのでした。

スポンサーサイト

神話の国・出雲へ 

なんだかんだとイロイロありまして、ちょっとブログから遠ざかってしまっていたともよです。ゴメンナサイ!


◇イロイロの中身、その1

イマサラだけど、「チャングム」にはまった!「絶対面白いから早く見て!」と姉から言われ続け、やっと重い腰をあげたら・・・あげてみたら・・・、これがホント面白い!みんなが、「韓流の中ではチャングムが一番」という理由が分かりました。まだ17話くらいしか見てないけど、早く続きが見たい! お~りゃりゃ、お~りゃりゃぁ~♪


◇イロイロの中身、その2

交通事故に遭っちゃいました・・・。実家からの帰りにチュニを乗せて運転していたら、イキナリ車が飛び出してきて、キキーッ!ガッシャーン!!・・・とてもとても怖かったです。幸い、私は軽~~~いムチウチ、チュニは無傷だったのだけど、は少し(だいぶ?)壊れました。オットに電話したら、「すぐ行く!」とのことで、なんだかロンドン時代の「ズック、穴に落ちる事件」を思い出したりして。。。



◇イロイロの中身、その3

出雲へ1泊旅行にでかけてきました!出雲大社に行ってみたくて、島根初上陸。



チュニ、生まれて2回目の飛行機だけど、生後5ヶ月の頃とは違ってもう周りのことが理解できるから心配だったけれど、行きはぐっすり、帰りも終始ご機嫌で全然へっちゃらでした。えらいぞ!

出雲大社は、ご本殿が修繕中だったので鉄のやぐらみたいなのが組まれていたのが、ちょっと残念だったけれど、鳥居からお社に行くまでの間がとーってもステキでした


羽根屋さんでいただいた出雲割子そば。おいしかった!


お宿は玉造温泉の旅館「有楽」。ここがとっても良かった!全室、露天風呂付きで、とてもゆったりとした造り。サービスも行き届いていて、お料理もおいしかったし、とても気持ちよく過ごすことができました♪

チュニはご飯もお布団もいらないので無料だったのに、歯ブラシとかの子供用アメニティも付けてくれたり、朝食時はチュニ用にご飯をくれたり、と素晴らしいサービス!タダなのにホントすみません!


※わわっ座敷童子っ!浴衣&半纏&草履も貸してくれました。タダなのに!


そしてこの玉造温泉は、川の両側の400本の桜がとにかく見事!我々、桜がこんなに素晴らしいなんて全く知らずに行ったので大感激。だいぶ葉桜になっていたけれど、でもまだまだキレイでした~。





翌日は、日本庭園が素晴らしい足立美術館へ。外に出て眺めることができなかったのがちょっと残念だったけど、噂どおりの美しい庭園でした。チュニも騒ぐことなく、お利口さんにバギーに乗っていてくれたし。

こどもと一緒だと、やっぱりあまりアチコチ見て回れないけど、その分、ゆっくりできたかな?チュニは環境が変わってもぐっすり眠ってくれたし、とっても楽しかったです♪オットはかなり疲れていたけどね。お疲れさまでしたー。


※旅の最後に訪れた、日本一で世界2位のバリスタさんのカフェ「CAFE ROSSO」。コーヒーめちゃくちゃおいしかった!

初めての温泉 

この時期は赤ちゃんって本当に体調を崩しやすいですね。。。11月に入ってからほぼずっと風邪をひいてる感じのチュニです。早めのうがい&風邪薬で、なんとかうつらずに済んでいるともよです。


先日、チュニを連れて初めて温泉に行ってきました。行ったのは小田原ヒルトン

連れなので、東京から近いことと、お友達の評判が良かったマッサージがあったのと、和洋室があって、チュニがごろごろ寝られる場所があったのが決め手♪


※まだあんまり紅葉してなかったのが残念でした。


ズックを実家に預けてから行ったので、着いて少し休んだらもうすぐにマッサージの予約時間!チュニをオットに託し、60分のフルボディ・オイルマッサージを堪能してまいりました。マッサージの後、遠赤外線でホカホカにしてもらってのお昼寝時間(10分くらい??)が最高だった はぁぁ~~、ホントに気持ちよかった。

私が気持ちよいひと時を過ごしている間、オットはチュニを連れて温水プールに行っていたので、私も合流。



家を出てから水着を忘れたことに気づいた私・・・。一生で一度しか着ないだろうヒルトンのロゴ入りたレンタル水着を着用いたしましたわ(笑)。700円也。チュニの水着も忘れたので、水着+水着用オムツ(計1000円)をレンタル。だけど、子供用水着は100cmからしかなかったので、ぶっかぶか!(笑)

初めてのプールにかなり固まって、楽しむどころか私達にしがみついていたチュニなのでした。温泉でもチュニはビビリまくりで、プールと同じくしがみついてました。ふだんはお風呂だーい好きなんだけどねぇ。


※久しぶりに近くで見た富士山はやっぱりすごくキレイだった!よっ!日本一!!


夕食と朝食はビュッフェ。チュニも大好きなパンをたくさんと、炊き込みご飯、お味噌汁、フルーツなんかをいただきました。これで赤ちゃん料金タダなんてス・テ・キ

次の日は箱根に寄って。

めちゃくちゃ寒かったのと、ぐっすり眠っていたのでチュニはお外には出しませんでしたが、私は、大涌谷で有名な黒い卵を食べたり、外からだけど富士屋ホテルを見たり、と、結構楽しみました。黒い卵のおかげで、寿命が7年延びたわ。うふふのふ。


※硫黄くさかったー。具合が悪くなるから立ち止まるな!とか書かれてました。


夜は、慣れない場所のせいか、20分置きに起きるチュニのおかげで(泣)、かなり寝不足になったけれど、やっぱり温泉はいいですなぁぁ~~~♪これは、ホントに日本の醍醐味ですね!行ったばっかりだけど、また行きたーい!




ごめんね、ズック。今度はズックも泊まれるところに行こうね!

石があるだけ・・・ストーンヘンジ 

日本に帰国して早2ヶ月。なのに、いまだにイギリスにいた時の記事を書き続けるともよです。いいじゃーん、書きたいんだもーん。


これは、最後の遠出となった時のこと。毎週末になると出かけていた我々だけど、まだ幼いチュニがいるので、ロンドンから車で片道2時間以内が行ける範囲。この範囲内で、そろそろ行きたいトコロもなくなってきた。で、最後に行ったのがストーンヘンジ。

あまりにも有名だけど、行った人に聞くと「特に面白くないよ。」って言葉ばかりが返ってくるので、オットはかなり二の足を踏んでいたこの場所。だけど、せっかくイギリスにいるんだし、他に行きたいところもないんだからいいじゃん!と説得して出かけました。



結果的に言うと、確かに「石がそこにあるだけ」だし、確かに「へー・・・」って感じではあったよ、ウン。。。でもでも!そろそろ着くよ~って頃に、丘の上から遠目に見えたストーンヘンジは、ちょっぴり感動的でもあったのでした。「あのストーンヘンジがそこに!」みたいな。ね?

思わず「おぉぉー!」なんて声だしちゃったもん。でも、近くにいってみたら「へー」だったんだけど(笑)。

なぜこの石がここに置かれたのか、とか、この石はなんと呼ばれてて・・・なんて説明を聞くことができるイヤホンガイドも借りたけど、説明があまりにつまらなくて全然聞いてなかったので(笑)、理由はわからずじまい。でも、「何かの目印だったんじゃないのかねぇ?」というのが、我々の勝手な予想デス。



本当は「ズックとストーンヘンジ」という写真を撮りたかったのに、やはり腐っても(失礼!)世界遺産。犬の入場は禁止。残念。。。

だけど、ストーンヘンジの囲いの外はだだーっと牧草地が広がっているので、ワンコ連れの人はいっぱい!我々も、ストーンヘンジの見学を終えてから、ズックに牧草地を思いっきり走らせてあげました。



その後に向かったのは、ストーンヘンジから程近い場所にあるSalisbury(ソールズベリー)。ストーンヘンジだけだと物足りなかったので寄ったんだけど、素晴らしい教会・ソールズベリー大聖堂のある、こじんまりしたなかなか良い街でございました。


※街から大聖堂への通路には、紋章のついた古い古い門がありました。


ビックリしたのはここの物価の安さ。Pubでのランチがめちゃ安かったー!確か£5~6(1000円くらい)だったと思う。いや、日本にいる今、1000円のランチって全然ふつうなんだけど、イギリスでは「やっしー!」とオットと叫んでしまったくらい。味はあんまりおいしくなかったのが残念だったけど(笑)。


※壮大なソールズベリー大聖堂。近くで見ると圧巻!


・・・と、最後の割にはあっけない遠出だったけれど、一応「行った」という証にはなったかな~と、自分を納得させる私なのでした。




↓↓あぁぁ、こうやってイギリスの建物や風景の写真を見返すと、やっぱり私ってなんだかんだ言ってイギリスが好きだったんだなぁ・・と感慨にふけってしまう私に応援クリックお願いします♪

大学の中にある街-ケンブリッジ- 

うーん、今年の冬は本当にお天気が良くて暖かい!たまに曇ったりもするけれど、ほぼ毎日のように真っ青な青空が見られるロンドンです。


お天気が良い日が続いているので、家にいるのはもったいなくて出かけてばかりいる我々。先日は、Cambridgeに行ってまいりました。


※まだロンドン市内を運転中、「お城?!」と思ったら、ハリーポッターで有名なキングスクロス駅でした。
横から見るとこんな風だったんだ!やっぱりステキ♪


ケンブリッジはオックスフォードと同じような学問の街なんだけど、オックスフォードよりも断然大きくて、オックスフォードが「街の中に大学がある」と言われる一方、ケンブリッジは「大学の中に街がある」と言わる程、カレッジ(ケンブリッジ大学○○カレッジ)がたくさんあるのです。

本当にあちこちにカレッジがあって、ほとんどのカレッジが、一般人にも門を開放して中を見せてくれています。これはそのうちのひとつの小さなカレッジの中庭。



街の中には川が流れていて、写真のような手漕ぎ船のガイドツアーもあるんだけど、45分もかかるとのことで、チュニ連れの我々には無理!今の時期、ちょっと寒いしね。雰囲気が、ちょっとイタリアのヴェニスみたいでしょ?



次に訪れたのは、街はずれにあるギャラリー「KETTLE'S YARD」。ここのハウスの方が良いと聞いてたんだけど、ホントにステキだった!入場は無料で(写真を撮りたい場合は£1.5)、置いてある椅子に座ったり、置いてある本を読んでもいいんですって。でも、椅子と本以外は触っちゃいけません!

※このワッカをひっぱると扉を開けてくれます。


最初は狭そうに感じていたこのおうちだけど、実はとーっても広くてビックリ。古い古い建物なんだけど、中はとってもステキでした。ケンブリッジを訪れたら、ぜひ行って欲しい場所。



そしてそして、ケンブリッジ最大の見どころ、King's College。いや~、ここはすごかった!どどーんとそびえる壮大な建物。これが大学なの?!こんな大学に通ってみた~~い。絶対受かるわけないんだけどさ。。。



まるでイタリアの建物みたいで、圧巻!!本当に素晴らしかった これは必見です。もしも日本からロンドンに遊びに来ることがあったら、ちょっとがんばって、ぜひぜひケンブリッジまで足を延ばして欲しい!!本当に素晴らしいんだから!



写真見て少しでも雰囲気が伝わってくれたらいいなぁ~。最近、イギリスの素晴らしさを再認識している我々なのでした。



ごめんねー、ズックゥゥゥ~!


↓↓すっかりケンブリッジの魅力にとりつかれてしまった私に応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。