スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産体験記~産後入院編(2)~  

今日、チュニがすごーくよく眠ってたので、ほんの10分だけ、チュニを置いてズックのお散歩に出かけちゃった!
でも本当は「12歳以下の子どもをひとりっきりにするのは違法」なので、見つかったら罰せられちゃうロンドン(ていうかイギリス)です。てへ♪ 超特急で帰ってきたけど、チュニはぐっすり眠っててくれました!


さて、入院翌日からは午前中に、たくさんのフリーギフトを配る人や、写真を撮る人(もちろん有料なので断る!)、母乳育児支援の人や(マッサージしてもらったけど全然痛くない!)、チュニの聴覚を調べる人などが、入れ替わり立ち代り来る。聴覚は、赤ちゃんが寝てる時じゃないと出来ないらしく、その時泣いていたチュニはまた翌日に回されちゃいましたが。(結果はちゃんと聞こえていて異常なし!)

その間に、ご飯や、1日3回ご飯の合間のお茶や、Midwifeが私の血圧および体温を測ったり、赤ちゃんの体温を測ったり、と意外とあわただしく1日が過ぎていきます。


※相変わらずまずそうな見かけの食事(笑)。でも見た目よりおいしいよ!特にスープ。


私の場合は難産だったため、体の回復が遅かったのと、チュニにも相当のストレスがかかっていたため、小児科医がもう少し様子を見たいということで、結局、3泊4日もしちゃいました。

ふつうイギリスでは入院は1泊か2泊で、最初から同じ病室にいた人たちはモチロン、後から来たみんなもドンドン先に退院していきました。私が最長老になってた(笑)。でも、体が全然言うことを利かなかったので、3泊できて良かったけど。


この3泊4日の間、小児科医の先生がチュニの様子をしっかりチェックしてくれたり、「ちょっと黄疸が出てるみたい」といって血液検査をしてくれました(結果は正常!)。


※病院のコットで眠る、生後2日のチュニ。手がかわい~♪


私の体の方も、Midwifeやお医者さんが回って来て、傷の具合をチェックしてくれたり、麻酔医も来て、Epidural(無痛用の麻酔)の効き方や、その後の私の状態などを聞いてくれたり、私の出産したSt.Mary's Hospitalの産後ケアはしっかりしている、という印象です。


そして、傷の具合を見せる際に、股のところがマジックテープでバリッと剥がせる「産褥ショーツ」(モチロン日本産!)を履いていたんだけど、助産師さんもお医者さんも、このパンツを見る人みーんなが

「なんて賢い商品なの!他の人に見せたら羨ましがるから内緒にしなさいね」

なーんて、感心してました(笑)。イギリスには産褥ショーツないんだよね~。こういう便利商品は、さすが日本!こちらで産む人にも断然オススメの一品です!


退院する日、赤ちゃんの沐浴の仕方を教えてくれ、持って帰るBirth Certificate(出生証明書)取得用の登録書類やパンフレットなどなどを用意してくれ、お薬をくれて(貧血がひどかったための鉄剤と鎮痛剤を処方された)、晴れて退院!!


※こっちの沐浴のさせ方って日本と全く違うの!まずはこうやって体にタオルを巻いて小脇に抱え頭を洗う!


この日、たまたま私の出産に立ち会ってくれたMidwifeのELISAが産後科にいたので、帰る時に、「あなたじゃなかったら、私、産めてなかったと思う。ありがとう!」と告げ、抱き合って別れました。ELISA、本当にありがとう!!


ということで、この後、感染症にかかってすぐに病院に逆戻りする羽目になるんだけど、そして、もしかしたら院内感染だったかもしれないけど、、、まぁ、それでもやっぱりこの病院で産んで良かったな・・・と思います。

私には無痛しか有り得なかったから無痛を選択できたのもよかったし、トラブルの際のスタッフ達の対応も素早くてよかったし、7割のMidwifeはすごーく良い人たちだったし、お医者さんはみんな良い人だったし。他の病院は知らないけれど、うん、私は満足、だったな。


※病院のあるWestminsterのRegister Officeで登録(予約必要なし)してもらえる出生証明書(のカバー)。



↓↓退院した当日、日本から両親が来てくれて、持ってきてくれた円座には本当に助けられた私。またまた日本の便利グッズ最高!と思った私に応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト

出産体験記~産後入院編(1)~ 

チュニはやっと生後1ヶ月を過ぎました。この1ヶ月、本当にイロイロなことがあって、短かったような、ものすごーく長かったような気もするロンドンです。


さて。産後入院について、海外での入院って割と貴重な体験だと思うので、書き留めておこうと思います。


出産後、チュニをすぐに胸に抱かせてもらい授乳。イギリスでは妊娠中におっぱいマッサージなんかはしてくれないので、初乳が出るのか心配だったけど、助産師のELISAがギューとやったらちゃんと出てた!吸わせようとがんばるものの、ほんのちょっとで全然やる気のないチュニ(笑)。


その後、2~3時間は分娩室で親子3人水入らずの時間。研修生のCLAIRがお疲れ様の紅茶やトーストなんかを持ってきてくれたけど、あんまり食べられなかった。お腹は減ってたんだけどね。

やっと背中に入っていた麻酔の針金を抜いてくれて、なんとか立ち上がり着替えてからチュニを抱き、車椅子に乗せられ、1フロア上のPost-natal Ward(産後科)へGO!他の人が私とチュニを見てる♪ちょっと誇らしい気分になる私(笑)。

私の入院した部屋は6人部屋。この時点では4人くらい埋まってたような気がする。



ベッドの隣にあるコットにチュニを寝かせ、私も少し休む。オットが帰る20時までチュニはほとんど1度も起きることなく眠っていた。今考えると、この大変な出産でチュニもかなり疲れてたんだろうなぁ・・・。


全てが裏返ったお陰でものすごい大変だったけど、ゆっくり、ゆっくり足を引きずるように歩き、なんとかトイレに2回行ったんだけど、2回ともほとんど出ない!

夕方18時ごろ、なんだか私の体がおかしい。気持ち悪くて吐きそう。急いでナースコール。

来てくれたMidwife(助産師さん)に、気分が悪い旨と、トイレに行っても出ない旨を告げると、他のMidwife3人を引き連れて戻ってきた。私のお腹を触って確認すると、ひとりが「たぶん尿が溜まってるんだわ!」ということで、またもやカテーテルを入れて導尿することに。。。



導尿開始・・・最初はそうでもなかったけど、そのうちスーッと楽になってきた。後からMidwifeに聞いたら、なんとこの時点で 2リットル も溜まっていたらしい!!ギエ!そりゃー具合も悪くなるわ!全く私のお産はトラブルが絶えなかったわ・・・。

すぐに外してくれると思いきや、このカテーテル、次の日の夕方まで付けっ放しでした・・・。でもそのお陰でほぼベッドで寝たきりで過ごせたので、体の回復にはなったかな?


それから、入院中の食事は事前に配膳スタッフがメニューを持ってきて、前菜・メイン・サイドディッシュ・デザートの中から好きなものを選ぶというスタイル。イギリスだし、大したお料理ではないけど、思っていたよりも不味くなかったです!


※この日のメインはシェパーズ・パイを選択。写真だけ見ると超まずそう~(笑)。


そして、「全然泣かない手のかからない子かもね~♪」なんて言っていたオットが帰宅して深夜になってから、それまでぐーっすりと眠っていたチュニが起きて泣き出し、かなり周りのみなさんにご迷惑をかけながら最初の夜が過ぎて行ったのでした・・・。


↓↓1ヶ月前のことだけど、あらまぁ、結構覚えてる私に応援クリックお願いします♪

出産体験記~トラブル続きの出産~ 

昨日は、チュニの体重を量りに、Baby Clinicに行ってきました(この件はまた後ほど!)。お外はすっかり晩秋・・・というかもう冬って言ってもいいかもしれないロンドンです。

実は月曜日もチュニを抱っこして、ちょっとだけ外に出かけたんだけど、あぁぁ、チュニとお出かけできることの喜びと言ったら!



自分がここまで回復したことが、ものすごくものすごく嬉しかった。こんなにスタスタ歩けたことが、自信につながったし、ずーっと家にこもりっきりだったから、ちょっとのお出かけでもリフレッシュできた!久しぶりのロンドンの風景もすごく新鮮に感じたりして♪


ってことで、出産体験記の続き、行きます!

↓↓おうちも好きだけど、やっぱりお出かけはイイ!今度はチュニを連れてズックのお散歩に行ってみようかな、と考えている私に応援クリックお願いします♪


続きを読む

出産体験記~病院に行くまで~ 

今日で産後3週間が経ち、私の体調もだいぶ回復してきたので、そろそろ本格的に床上げしようと考えてるロンドンです。


一度ぐずり出すと、2~3時間はおっぱいくわえっぱなしのチュニが寝てる合間なので、何度かに分けて書いた出産の記録!でも、めちゃくちゃ長くなりそうな予感なので、どうぞ覚悟してくださいね♪

ただ「出産が怖い!」という人はあんまり読まない方がいいかもな~。私も妊娠する前は、「出産なんて痛くて怖いだけ」って思ってたんだけど、妊娠してからは「みんなやってるんだからどうにかなるでしょ!」と思ってました。

ま、結果的にどうにかはなったんだけど、やっぱり出産って想像してた以上にタイヘンでしたから・・・。



あ、それから。予定日を過ぎた妊婦さんに「まだかな?」とか「楽しみにしてるよ~」っていうのは、できれば、あんまり言わないであげてください。

この「予定日」っていうのが、妊婦にとってはものすごくプレッシャーなんです。

「予定日過ぎるのなんて当たり前」って頭ではわかっていても、実際に過ぎちゃうと、「ホントに生まれてくるのかしら?」っていう気分がどんどん募っちゃって、周りのみんなの期待が嬉しい反面すごくプレッシャーで、コッソリ私も泣いちゃってたんです・・・。

あ、決して、決して、コメントくださったみなさんを非難してるわけではないんですよ!応援してくれてるのはすご~~く良くわかってたので!ただ、妊婦ってホルモンの関係で、ふだんよりもとっても繊細になっちゃってるだけなんです。


さてさて、では、↓「続き」の出産体験記は、読みたい人だけどうぞ!
読まない方も、クリックはご遠慮なく♪

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。