スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を日本に連れて帰る手続き-2- 

あぁぁ、書くことが溜まりすぎて何から書こう??と混乱しちゃってるともよです。

でもでも!中途半端な情報では他の人の参考にならないので、イギリスから日本に犬を連れて帰る手続きのつづきを書いちゃおうと思います。


前回、Animal OfficeからVETに届く証明書を待っているところまで書きました。

この証明書(Export Health Certificate)は、イギリスを発つ10日前にならないと発行されないので、私はVET(動物病院)に、出発の1週間前くらいに電話して、「届いてる?」と聞いてみることに。ホントは届いたら連絡くれるはずなんだけど、ここはイギリスだからね・・・

で、電話すると、「確認してまた明日電話するわー」と言ってくれたものの、やっぱりかかってこない。まぁ、これもイギリスなら当たり前。ハハハ・・・。


※イギリスでの最後のお散歩。私とズックの大好きな公園はお花がキレイに咲いていました。


ってことで、また次の日に電話してみる私。出国の24~48時間前に健康チェック&害虫駆除をしてもらわなくちゃいけないので、出国の前日の予約も申し出たところ、

「あー、その日は先生がいなくて書類にサインできないのよねぇ・・・」

って、


ええええーーーっ!!!!


「ちょちょちょちょっと、そんじゃ私どうしたら?!

と聞くと、「今から近くのOfficial VET探してあげるわ。住所教えて。調べてすぐに電話するから。約束するわ!」って言うので、かなりドキドキしながらお任せすることに。

そしたらちゃーんとかけてきてくれました。で、新たな獣医さんを教えてくれて、「届いてる証明書取りに来てくれる?失くすとイヤだから」というので、急いで取りにいく私(やっぱり届いてたのね。先に教えてくれればいいのに・・・)。


※これがExport Health Certificate。このようにVET(獣医さん)で、書き込み、サイン、スタンプを押してもらいます。


そして新しい獣医さんに予約を取り、当日向かうと、めちゃくちゃ丁寧な先生。もろもろ説明し、証明書を渡すと、「え?!紹介されたこと聞いてないんだけど・・・」といいつつ、私がいつも通っていた動物病院に連絡を取ってくれて、ズックの今までの履歴をFAXしてもらうなど、とにかくイギリス人には珍しいほどキッチリしていて、あまりにキチンとしすぎていて、もんのすごーーく時間がかかったけれど、無事に必要事項の記入、サインとスタンプを押してくれました!

あまりに時間がかかったので、車の中で待っていたチュニはお腹を空かせてギャン泣きしてたケド・・・(オットはその大声の横でスヤスヤお昼寝してた!!!彼に任せてたら、チュニ、死んじゃうよぉぉぉ~~~)。


さてさて、この証明書、最後のページが、「ペットがちゃんとしたケージに入ったことを確認しました」みたいなことに署名することになってるので、ここには獣医さんはサインしてくれません。でも、「この最後のページは無視して全く問題ナシ!」と聞いていたので、ドキドキしながら空港に連れて行ったけれど、噂どおり、まーったく問題ありませんでした。もちろん日本到着時も問題ないのでご安心を。

※ちなみに、日本の検疫所が推奨しているフォーム(A、Bなど)は、イギリス検疫所が発行してくれるExport Health Certificateと全く同じなので、獣医さんに書いてもらう必要はありません。


※これが最後のページ。こんな風に、記入もスタンプもなくて大丈夫!


こうして出発当日、空港カウンターでペットを預ける際に、航空会社スタッフに、「イギリスのExport Health Certificate」と「日本の検疫所からの届出受理所をプリントアウトしたもの」の計2通を渡して、ペットの重量分の代金をお支払いすれば手続き終了!

ズックの場合は、ケージに入れて5キロだったので、約200ポンド(4万円くらい)でした。イギリス→日本の場合は、こんな風に携帯品として貨物室に預けることが可能なので、日本→イギリスの完全な貨物扱いに比べてかなり安い!!ズックの場合は、行きの費用の1/5くらいでした~。お安く済んで嬉しいわっ♪


成田では、ターンテーブルのところで、係員の人から手渡しでズックを受け取りました!その後は、税関を通る前に検疫所の人にズックと書類を預け、あとは外に出てから検疫所の事務所に迎えに行って、その場でマイクロチップ番号を読んでもらって終了~!


※無事に12時間のフライトを終え、実家でくつろぐズック。良かったね♪


あ!ズックのように、日本から一度海外に出した犬の場合は、当時の輸出証明書を見せて欲しいって言われるので、用意しておくと完璧。私はしっかり用意してたくせに、迎えに来てくれていた家族に預けた荷物に入れちゃってて、事務所まで2往復するハメに・・・。


ということで、イギリスから日本にペットを連れて行く手続き情報、これにて完了~!!


↓↓とっても長くなっちゃったけど、情報を必要としている方のお役に立てればいいなぁ~と思っている私に、応援クリックお願いします♪


スポンサーサイト

犬を日本に連れて帰る手続き-1- 

引越し荷物の船便を本日出してしまいました!なんだかお部屋ががら~んとして、声まで響くような気がするロンドンの住まいです。

チュニのお世話をしながら仕分け作業をするのはちょっと大変だったけど、ガーッと荷物が出て行った今、「何しよう・・・?」なんて、お部屋と同じように心もちょっとがら~んとしてたりして。。。


さて、ワンコの日本帰国手続きについて書いておきたいと思います。いや~、他にも書きたいことは山ほど溜まっちゃってるんだけどね。。。


※いろんな色のバラがキレイな大好きなお花屋さん。(買ったことないけど・・・)


イギリスは、検疫がものすご~く厳しいので、日本からイギリスに犬を連れてくるのはすごく大変だった。最低でも7ヶ月前には手続きを始めないとダメだし、血清をイギリスに送ったり、と色々やることがたくさん!しかも渡英時は、絶対にCRAGO(貨物)じゃないと入国できないので、お金もすっごくかかったのよねぇ。。。(詳しくはこちらをどうぞ)


だけど、ズックのように、日本からイギリスに連れてきた犬で、しかもイギリスから一度も出たことのないワンコは、既にマイクロチップも入っているし、狂犬病にかかってないことが証明されている(既に抗体値検査に合格している)ので、日本への帰国は割と簡単です。


まずしなくちゃいけないのは、日本入国の40日前までに動物検疫所に届出を出すこと。Webからもできるし、40日以前ならいつでも申請できるし、変更もできるので、早めが吉。でも、40日前までには出発日を確定させないといけないのがちょっとキツイかなぁ。


※そうね、、、12時間半のフライト、キツイけどがんばろうね!


この40日前までの申請は、イギリスやアイルランド等の狂犬病の発生がない国のみ。他のヨーロッパ諸国やそれ以外のほとんどの地域の場合は、イギリスの制度と同様7ヶ月前には手続きを開始しないといけません。日本の検疫所がイギリスの厳しい制度を取り入れたらしい。


その次にしなくちゃいけないことは、イギリスのAnimal Health OfficeにExport Health Certificate(輸出健康証明書)を発行してもらうこと。

そのためには、Animal Health OfficeのWebサイトで、自分の住まいを管轄するAnimal Officeを調べて、そこに電話して、Application Form(申請書)を自宅宛に送ってもらう必要があります。イギリスだから時間かかるだろうな~と思ったら、電話した翌日に申請書が届いたので、もうビックリ!イギリス人、やればできるじゃーん!!



で、届いた申請書に記入して、Animal Officeに送り返します。そうすると、「受け取りましたよー。証明書は出国の10日前にならないと発行しないのでよろしく!」みたいな手紙が来ます。これも結構早かった!

最終的に必要な輸出証明書は、申請者の自宅宛には送ってくれなくて、自分がふだん行っているVET(動物病院)宛てに送られることになってます。ここで要注意なのは、そのVETは検疫所が認めたOfficialのVETじゃないといけないこと。

だけど、自分が通っているVETがOfficialかどうかなんて、ふつう分からないでしょ?これを調べる方法がどうもよくわからなかったので、私の場合は、Animal Officeに申請書の件で電話した時に、「うちに近いOfficial VETを教えて!」と聞いてみました。そしたら「いつもどこに行ってるの?」と聞かれ、答えると、その場で調べてくれて、「そこなら大丈夫だよ」ってことでOKが出ました。



私が(というかズックが?)行ってるVETは、昔からあるけれど結構小さいVETだけどOKが出たので、割とどこでも大丈夫なのかも。でもやっぱり、Animal Officeに聞いてみるのが一番良いと思います。

私の場合は、ここまでの手続きを約1ヶ月前に済ませておきました。で、あとはVETにちゃんと証明書が届くのを待つだけ!

・・・でも、これがまたイギリスだから、ちゃんと届くか心配なのよねぇ~~~。。。


ということで、手続きの第一弾はこれにて終了!



そうよ~!お母さんはすっごく心配なのですよ!・・・ってあなたたち、まだ全然よくわかってないでしょ・・・?


↓↓次の更新は、もう日本からかなぁ・・・なんて考えると、泣いちゃいそうな私に応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。