スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス株、急上昇。 

ちょっと前はすごーく寒くて「もうこのまま一気に冬突入か・・」と思っていたのに、最近すっかり暖かくて、なんと桜までも狂い咲きしていたロンドンです。

桜も春と勘違いしちゃうよね、これだけ暖かいと。私も今日は全部屋の窓を全開にして換気をしたもの。最高気温13~14度くらいあるもの。

おそらく東京と同じくらいの気温ですな。東京のみなさま、上着なしで出かけようかと思うくらい暖かくない?え?寒い?


さて、イギリスのいろんなサービスに付いて、常日頃不満を抱えている私ですが(特にオット)、今日はちょっとだけたくさんイギリスを褒めちゃおう。

日本の宅急便サービスはすごい。たぶん世界一すごい

と、なぜか日本を褒めるところから始める誇り高き日本人の私

前に、超~いい加減なイギリスのRoyal Mail(郵便局)サービスのために相当イライラした記憶のある私は、イギリスの宅配サービスについてかなり見下していた。

でも最近よくネットでお買い物をするようになって、サイト上は「2週間くらい余裕見てね」と書いてあっても、結構3~4日で届くことが多くて、「お?」と、若干見直していたところだった。

※本文とは全く関係ない、セントポール寺院とテムズ川に架かる
ミレニアムブリッジ(2000年に架かった橋)。

だがしかーし!今回はかなり、かなり、株を上げた

長~い間探していた長靴だけど、なかなか街では見つからないのでネットで注文することに。そのサイトでは「注文の翌日にお届けしちゃう」と書いてあった。しかもタダで!えっ、すごいじゃん!

・・・でも、ここはイギリス。

※これがイギリスの不在票(実物)。ヘタな字・・・。
「期待しないで待っていよう、3日後に届けばいい方だな」という冷静な私の予想を裏切り、しっかり次の日に届いたのだ!

どうやら私がお散歩に行っていた最中に届いたらしく、なんとなんと、不在票までちゃんと入っていた!

こんなこと、日本じゃ当たり前だけど、、、
さぁ、みなさん、ご一緒に!

ここはイギリス。


きちんと届けてくれた上に不在票まで入れてくれるなんて~。なーんてサービスがいいんでしょ。

早速サービスセンターにお電話したら、「明日にする?」だって!すごい!翌日配達も承ってくれちゃうの?
ただし、時間は約束できないとのこと。午前、午後も選べない。こんなところはやっぱり日本とは大違い。

でもでも、それでも大進歩よ、すごいわ

そして、しっかり昨日と全く同じ時間にトラックが家の前に!ちゃーんと届けてくれました。


いやいや、見直しましたわ。やればできるじゃないの!これからもその調子でがんばってくれたまえよ、イギリス君

あ、でも今回の宅配会社はNightFreightという会社で、郵便局じゃなかったけどね・・・。


ちょうど今日、ズックのレインコートが入っている日本からの荷物も届いたので、私達の雨対策はこれでバッチリ。これで雨の日もお散歩行けるね~、ズック♪
「でもこれ、パピヨン・ポメラニアン・トイプードル用だよ」

う、うん、でもいいの、ピッタリだから・・・。



↑すっかりデカチワワになりつつあるズックに、負けるな!クリック♪

スポンサーサイト

クリスマス切手 

最近お天気がとっても変わりやすいロンドンです。今日も大雨予報だったのに、雨が降ったのは朝だけで、晴れてるし・・・。

今日は一日家の中かな~と思っていたけれど、予報が外れたのでズックのお散歩がてらちょこっと外出。

私の目的は、今年のクリスマス切手(Christmas Stamp)を買うこと!

ちょっと前にお手紙を出した時に、郵便局でふつうにくれたのがクリスマス切手で、「んま、かわいい切手♪」と思って、Royal Mailのサイトで調べてみたら、なんと今年は日本人のデザイナーが起用されていたことが判明!

日本でも今話題になってるとか?

木内達朗さんというデザイナーさんなんだけど、このお方の絵、あちこちで見たことある気がするのぅ。そして、前に一緒にお仕事していたキャラメルボックスの次回公演のチラシも描いたらしい。なんたる偶然!・・・いやいや、人生に偶然はないのだったわっ!

プチ切手マニアの私は、さらに何やら運命的なものまで感じ(大げさ)、「こ、これは買わねば・・!」と思ってたんだけど、すぐ近くの郵便局では売ってないとのお返事。つれないわ。

ということで、駅の向こうの大きな郵便局まで行ってみることに。

郵便局はズック(犬)禁止なので、バッグに入れてこっそり入る。並んでるわ・・・ドキドキ・・・ズック、静かにしててね・・・。やっと私の番になるも、なんと窓口では売ってない。

イギリスの郵便局は、いわゆる郵便事業の窓口と、封筒とかが売ってるお店が一緒になってるのだけど、「それはお店の方で売ってるよ」だって。なんだよー並ぶ必要なかったんじゃん!

そしてついに入手!かわいー♪かわいー♪このちょっと疲れた感じのサンタがたまらん。

思わずプレゼンテーションパックとミニチュアシートの2種類も買って、1500円くらい使っちゃったけど、これは今年しか買えないものなので大満足。今を逃したら一生買えないんだぞー。そういうの大好き。らん♪

「どっちがかわいい?」

・・・ど、どっちも!




↑切手が好きでもそうでもなくてもクリック♪

動きます!動きます! 

昨日テレビで、夏に行われたマドンナのロンドン・ライブの模様をお届けしていたロンドンです。


※写真提供WOWOW。ってこれ、見つかったら怒られる?ドキドキ。
ダンスが超かっこよかったー!しかしあれはライブというよりも、もうエンターテインメントショーですな。

マドンナの歌以外にダンサー達のすばらしいダンスが繰り広げられ、まるでサルテインバンコ?キダム?って感じ。

最後には、キャットウォークを踊りながら歩いてくるマドンナの後ろから、ダンサー全員が踊りながらついてい来たりして、ファッションショーの最後のデザイナー登場シーンさながらでした。

何曲か口パクだったみたいだけど、それはさておき、あのブーツとシャツ(あ、この写真のラメラメじゃないよ)、かわいかったな~♪・・・買える訳ないけど。

さてさて、今日は、ズック、動いちゃいます!

といっても、なんかあんまりうまく撮れてないんですが、初の動くズックってことで許してくだされ。

動画なので、見たい方は「続きを読む」をどうぞクリック♪

←動くズックを見てくれたら、あ、見てくれなくても、こちらをまずクリック♪

続きを読む

テートモダンとセントポール寺院 

昨日は懐かしのBATH(バース)に行こうと思ったのに、雨のせいで途中の駅で洪水のため電車が1本キャンセルになったので、行くのを諦めたロンドンです。

行きたかったな~。おいしいスコーン屋さんがあるんだよな~。食べたかったな~。

仕方ないのでで、ロンドン観光(?)でもしよう、ということになり、テートモダン美術館へ。

テートモダンは、昔の発電所を改造して作られた現代美術館。

ここにも昔の建物をそのまま大事に使うイギリス精神が見られますな。

私たちのお目当てはこれ!
最近できた、滑り台アート。これも一種の「体感アート」ってやつなんだろうけど、何を表しているのかはサッパリ分からず・・・。滑ってみたかったけど、ものすっごーーーく並んでいたので断念。滑りたかった~~

滑り台以外の現代美術もサーッと見てみた。ピカソは好きだけど、それ以外の現代アートは、芸術に疎い我々には「?」なものも結構多くて、アッという間に出てきてしまった。・・・アートの才能ないな~、私。

ま、でも、ロンドンはほとんどの博物館、美術館が無料なので、こんな勿体無い見方をしても全然。(OKなのか?)

あ、でももうひとつ面白かったのは、入り口にあったアート(?)。

入り口はなだらかな坂になってるのだけど、そこにアルファベットのシールがあちこちに貼ってある。子ども達がこのシールを剥がして、自分の名前にしたり、文字を作ったりして遊んでいた。
これ、とっても良い体感アートだと思う。

シールがあちこちに散らばってる様も、なかなかアートしてるし、それを楽しそうに貼り直しているかわいい姿も含めて、アートなんでは?

・・・と、アート、アート、と連発して、アートが分かったふりをしてみる。


その後、セントポール寺院まで歩いていったけど、工事中だった。一応、中には入れたけど、天気も良くないしかなり寒くなってきたので入らずに帰ることに。

雨が降ったり止んだりの今日、あんまりついてなかったけど、虹が見られたのは良かったかな。

※右端の丸いドームがセントポール寺院。


アート?・・・そうだね、あーとだね。



↑遠い目をしたアーティスト・ズック(?)が気に入ったらクリック♪

これなぁに? 

お散歩中に、ふつうに通っただけの人にも吠える時があるので(いつもではない)、「吠えたらそこでお散歩終了!」というしつけを始めたら、なかなかちゃんとお散歩ができなくなってしまったロンドンです。でもここが踏ん張り時だわ、心を鬼にしてがんばらねば

ロンドンの街をお散歩していて、ふと出会う疑問。

たくさんある疑問の中から、今日はとっても意味不明なものをご紹介します。

これ。・・・なんなんだろう??


真正面から見るとこんな感じ。
ズックがマッハで「知らないよ、こんなの。」と言ってます。

なんなんだろうなー?これ。

地面から突き出したこのパイプ。1箇所だけじゃなくて、いくつか見たことあり。
ズック、何か聞こえる?
風でも出てくる?


私は臆病なので、匂いをかいでみたり、中を覗いてみたことはありません。
だって臭かったらイヤだもん。

すべては謎のまま・・・。

誰かわかったら教えてください。


←これが何か知ってる人はクリック♪知らなくてもクリック♪

英語にできない日本語 

こんなに寒いのに(最高気温10度前後)、半袖のTシャツ1枚でフラフラ外を歩いている人が結構いるロンドンです。

見てるだけで寒いっつーの!西洋人は体温が高いっていうけどきっとホントなんだわ。ブルブル

この前の英語のクラスで、先生が宿題を返してくれたんだけど、1枚、他の人のが紛れていたので、先生に戻した。その後すぐに、実は私のだったことが判明したので、先生に

「あ、やっぱりそれ、私のでした!」

と言った。でも、実はちゃんと言えてない。この

やっぱり

※デパートのクリスマス飾り。暗くなったらキレイだろうな~。

英語でなんというの?!「やっぱり」にピッタリの言葉が思いつかないから、

「あ、私のでした。」

しか言えてなくて、案の定、先生は「?」って顔。

「さっき返したの、私のでした。」

と言う感じで説明しないといけなかった。でも、この説明だって「やっぱり」があればグッといい感じになるはず。思わず、日本語で「やっぱり」ってちょびっとだけ言っちゃったもん。

やっぱ・・ That was mine.」って。

あぁ~、このピタッと感。やっぱり、「やっぱり」しかないわ!

「寿司」とか「津波」みたいに、「やっぱり」も英語として認められればいいのに(無理だって)。

ズック~、こっちおいで~♪



↑この後、ズックがちゃんと私のとこまで来ると思ったらクリック♪
来ないだろ、と思ってもやっぱりクリック♪

クリスマス・デコレーション 

昔のゲームをひっぱりだしてやっていたら、はまってしまい、まるでニートで引きこもりな20代の男の子みたいな1日を送ってしまったロンドンです。

すべてを手の届く範囲に置いておいて、お昼はカップラーメンなんか食べちまった・・・しかもゲームしながら・・・。うぅ、こんなんじゃいかん・・・

そんなダメな私を置き去りに、ロンドンの街はすっかりクリスマス色に染まっているようです。これはお散歩ついでに行ったうちの近く。デパートなんかはもっとすごいと思うので、また今度パー子やってきます。


日本でも人気のキャスキッドストン(Cath Kidston)の路面店。外壁の色にもピッタリ
合っていて、とってもかわいいデコレーション。ツリーが赤いのもいい!


ワイン屋さんもクリスマス一色。


←一足早いクリスマスの雰囲気が気に入ったらクリック♪

こどもが嫌いなわけでは・・・ 

今日は、ロト(宝くじの)で、1等が出たら、なんと、1億2千万ポンド(250億円)が当たってしまうという運命の日を迎えているロンドンです。いや、私は買ってないんだけども。ネットで買おうとしたら、登録に失敗しやがった・・・

そんなにたくさん当たっちゃったらどうしたらいいんだろう・・・。やっぱり100億円くらいはどこかに寄付した方がいいんだろうか・・・。そうだな、ウムウム。


前にこんなことを書いたけれど、私は、別に子どもが嫌いというわけではない。

普通にお散歩していて、子どもたちがワーッ♪て寄ってきても(あ、ズック目当てね)、にこやかに対応してあげるし、この前なんか、かけっこだって付き合ってあげた。

特別、「子どもが好き」って思わないだけだ。

でもなんなのでしょう?この気持ち。

なんだか、こうやってわざわざ言い訳じみたことを書きたくなってしまう、この気持ち。

どうして、女性は子ども好きじゃないといけないんだろう。「子ども好きじゃない」って言うと冷たいとかって思われたりしますね?特に男性諸君から。

なんなのかしら、なぜかしら。ずるい。


そういえば、昔、同期の男の子に「子どもができたら虐待とかしそうだよね~」って明るく言われたことがある。ななな、なんて失礼なっ!

そうだ、子どもが嫌いといえば、うちの母。

おんぶされている子ども(結構大きかったらしい)に向かって「ベーッ!」てやってやったわ!と自慢げに話すほど、子どもが嫌いらしい。母なりにの理由があったらしいけど。

あの時は家族みんなで母を意地悪婆さん呼ばわりしたなぁ。ナツカシ。

しかし今考えてもやっぱり大人気ないよ。・・・って私、なんだか似てきてる?!

いいわ!いいわ!意地悪婆さんだろうと、やっぱり私が無条件でかわいがれるのは、ワンコだわっ。もしくは1歳くらいまでの赤ちゃんなら可愛いわ。

ワンコだったら、どんなにブサイクでも、どんなにお年寄りでも、心から「あーん、あーん、かわいいね~♪」ってなでなでできる自信があるゼッ!

寒くてミノムシ状態のズック。あぁ、ワンコはなんて可愛いんでしょ♪
※いやいや、子どもも可愛い子は可愛いですよね。ホントホント!



↑子ども嫌いの方も子どもLOVEな方もどうぞ気にせずクリック♪

キリリッ! 

あぁぁ、この前のゴルフの後に連れて行ってもらった「The Waffle House」のワッフルが忘れられないロンドンです。

バノフィー(バナナ+トフィー+チョコフレーク)・アイス乗せ、超おいしかったのぉぉ~~~!でも遠いので車じゃないとキツイ。次はいつ行けるのか・・・


珍しくキリリッとしたズック。


いつもはこんなんですケドね。。。


←上の前歯がないのでベロが出ちゃうズックが気に入ったらクリック♪

紅茶の国の真相 

今日は久しぶりに朝からどーんよりのお天気で雨もパラパラ降ってるロンドンです。でも今週はそんなに寒くない。でもやる気が全く起きない。。。

イギリスは紅茶の国。

誰もがそう信じて疑わないハズ。

しかーし。私は言ってしまおう。それは昔の話だ、と。

そう、私が留学していた12年くらい前は、確かに紅茶の国だった。しょっちゅう(でもないけど)、街に行ってはおいしいクリームティー(紅茶とスコーンのセット)を楽しんでいたものだった。

でも!

いま、ロンドンでは、なかなかアフタヌーンティーとかクリームティーのできるティーハウスは見つかりませんっ!

見渡して目に入るのは、スターバックスCAFFE NEROなどチェーンのカフェばかり。

スーパーのお茶売り場に行けば、売り場の2/3を占めるのは、コーヒーでございます。お茶の方だって、すべてがいわゆる紅茶じゃなくてハーブティーとか緑茶とかも含めて、残りの1/3を埋めている始末。あ、ちなみに、最近、ロンドンでは緑茶が超人気。


もはや、イギリスはコーヒーの国、と言ってしまってもいいのでは?


私はもともとコーヒー党なので、おいしいコーヒーが手に入るのはとっても嬉しい。でもちょっと寂しい気もする。スコーンは大好きだし、やっぱりスコーンには紅茶が合う気がするし。

そんなコーヒー党のうちの戸棚には・・・
こ、こんなに紅茶があります
そうだ、ここには緑茶を入れてないから、お茶の仲間はもっと多いはず。

関係ないけど、私が最近凝ってるのが、右側にあるローズヒップティー。これ、すごく肌にいい!ちょっと前に日本でもてはやされてたけど、やっぱりいい!翌日の肌が全然違いますわ

そして、そんなコーヒー党のうちのコーヒーは・・・
こ、これだけですけど、なにか?


アイスコーヒー好きの私には、日本のブレンディ必須。冷たい牛乳にサッと溶けるなんて、素晴らし過ぎ。
日本の技術、万歳


僕はコーヒーも紅茶も飲めないからツマンナイよ!




↑コーヒー党のあなたも、紅茶派のあなたもクリック♪

くつのなる木 

人生2回目のゴルフ打ちっぱなしをしたので、明日(もしくは明後日?!)は筋肉痛間違いなしのロンドンです。

お散歩の途中にあっていつも気になっていた「くつのなる木」。。。


イギリスはガーデニングの国だけど、このおうちはガーデニングって言うか・・・ジャングル?!


←この靴、実は植木鉢らしいことに気がついたらクリック♪

落ち葉の行方 

ズックファンの子供達がピンポンしてきて「犬を連れて出てきてよ」と言うのだけど、「もう外は真っ暗だし今日のお散歩は終わったから行かない」、と言っても「なんで?」を繰り返すので非常に面倒くさいロンドンです

連れてってもどうせ吠えられるんだよ、君たち。これだから小学生くらいの子どもは・・・

悪気はないのは分かってるけどさ。でもさっ・・・

・・・控えめな子どもが大好きな私です。

気温的にはすっかり東京の冬くらいだけど、ただいま、私の大好きな紅葉の真っ盛り。


そして落ち葉の真っ盛り

とっても緑の多いロンドン。大きな木もいっぱいあるのだけど、落葉樹が多いみたいで落ち葉がすごい。

だからこの時期はお掃除の人がタイヘン!

いつもは、落ちてる缶とかのゴミを拾って町をきれいにしてくれてるけど、この時期は他のゴミよりも落ち葉のお掃除にかかりきりなんじゃないかな。


※フラッシュ炊いたら彼らのユニフォームがピカッ。これからどんどん日が短くなるから、ズックにも欲しいな、こんな蛍光のお洋服。

でも、後から後から落ちてくるから、落ち葉の掃除ってキリがない。だからあんまりタイヘンになると・・・
こんな風に枝ごと切っちゃう場合もあるんですね。

日本でもモチロンありますね、こういうこと。

でも私、落ち葉の上を歩くカサッカサッて音が大好きだから、これはちょっと残念。
見た目も殺風景だし・・・。


「じゃぁ、自分がお掃除すれば?」

・・・それはイヤッ。



↑紅葉も落ち葉も大好き!と思ったらクリック♪

秋の夕暮れ 

最近お天気が良かったので夕焼けもとってもきれいなロンドンです。ロンドンて思ったよりもお天気がいいのですよ!


今日は曇りだったけどさ。。。

←きれいな夕焼けが気に入ったらクリック♪

ロンドンの麻布? 

昨日は、まさに「ガイ・フォークス・ナイト」だったため、花火の音がものすごかったロンドンです。

目の前の公園でも、近所の人が家庭用の打ち上げ花火をやっていて、パンパンすごい音がするものだから、ズックが怖くてブルブル震えが止まらなかった。かわいそうだった

「もう十分でしょ。終わりにしてー!」とベランダから叫ぼうかと思った。(そんな勇気ないけど)

さて、土曜日、花火に行く前に腹ごしらえをするために入ったお店「SALT YARD」。レストラン、というよりも、BARって感じ。超ムーディーな店内で、一瞬「ここは麻布?」と錯覚するほど(言いすぎ)。

Goodge Streetという、場所的にはむしろ、ロンドンの秋葉原にあるこのオサレなお店、

すっごいおいしかった!

ロンドンレベルじゃなくて、東京レベルでおいしかったの!

ロンドンには珍しく、ウェイトレスのお姉さんも超いい感じでとっても気分が良かった♪

ふたりでビール3杯、ハムの盛り合わせ、フォカッチャ(超おいしかった)、イカのから揚げ(揚げパセリが乗ってておいしかった!)、トルティーヤ、ルッコラのサラダ、で£35(サービス込み)。

やっすいじゃなーい?

日本円にしたら8000円近く。・・・ん~別に安くない。。。

でもでもっ!ここはロンドンッ

ロンドンにしてみたらこれは超安いのさっ!腹八分目だけどさ、とにかくいいのっ。おいしかったんだからっ!

繰り返しますが、ロンドンレベルじゃなくて、東京レベルのおいしさだったところがいい。

ロンドンに来て初めて心からおいしいと思ったかも。。。いや、言いすぎか。いやいや、でもそのくらいおいしかった。雰囲気も良かった。お姉さんも良かった。トイレ迷った。

探せばあるのね、ロンドンも。

・・・探さないとないけど。

僕も食べたいよー。



↑ロンドンの秋葉原にある麻布に行ってみたい!と思ったらクリック♪

ガイ・フォークス・ナイト 

最近、ホントに良いお天気が続いて気持ちの良いロンドンです。寒いけど。

イギリスでは、11月5日はガイ・フォークス・デイ(Guy Fawkes Day)です。

これは、今から401年前の11月5日にガイ・フォークスという人がイングランドの国会議事堂(ビッグベンのあるところ)に火をつけようとしているところを事前に捕らえられたため、その後、「無事で良かったねー!」ってことで、毎年この日をお祝いすることにしている日だとのこと(わかりやすいでしょ?)。

この日の前の週からあちこちで花火をやっているんだけど、週末が一番すごいらしい。うちからもたくさん音が聞こえた。

※ライトアップされたChelsea Bridge。キレイ。この日だけなのかいつもなのかは分からず。

私たちも昨日、ロンドンで一番大きいガイ・フォークス・ナイトとされているBattersea Parkに行ってみた。ひとり£5(1100円くらい)入り口で払う。

ものすごい人手だけど、ロンドンの公園はめちゃくちゃ大きくて、花火が行われる広場もすっごく広いので混雑、という感じはない。

ガイ・フォークスの人形をどんどん焼き(知ってます?)みたいに焼く、ボンファイアというイベントの後に、花火があがる。

オーケストラが来ているらしく、「未知との遭遇」のテーマソングが流れたと思ったら、曲に合わせて花火がボーン!わお~。真下から見る花火っていいのよね~~~!

日本では見たことのない、オーケストラの曲に合わせての花火はすっごく良かった。



日本みたいに種類がない、と聞いていたけど意外にいろんな形があった!

特に私が気に入ったのは、打ち上げじゃなくて、下から斜めにシャーッと出る花火(写真みたいな感じ)。これが曲に合わせてボーンボーンとタイミング良く上がるから超かっこいいのだ!

うぅー、この曲いいね!!かなり盛り上がってきた!!

って、あれ?

え?

もう終わり??

30分で終わっちまったヨ!みんな素直にササーッと帰り始める。わー!わー!1000円払って30分だけかい!

寒いから、というのもあるのかもしれないけど、その後もビールを飲んでワーワー騒いだりせずに、イベントが終わったら静かにサササーッと帰る、というのがいかにもイギリスらしいわねぇ。。。

日本人のふたりは若干物足りなさを感じながらも帰宅の途に。

上に住んでるDINI達と、1時間ほどサマヨイ歩いた後、やっとバス停にたどり着き、クタクタになって帰った。Battersea Parkってすぐ近くに地下鉄の駅がないのが不便だっ!

いや~、ホント、ロンドンにいると歩くわ。。。


僕、花火の音大っ嫌い。ブルブル震えちゃうんだ。



↑ガイフォークスの内容がよくわかったらクリック♪

しらが 

マドンナの養子縁組がとっても大きなニュースになってるロンドンです。昨日、BBCで単独インタビューやってた。日本ではどれだけ話題になってるんでしょ?

11月に入ってから、急激に寒くなりました。

今日の英語の帰りなんて、お昼の12時だっていうのに、寒くて死にそうだった・・・。お天気はピカピカなんだけど。

ジツは・・・朝、支度をしていて鏡を見た時に見つけてしまったのです・・・。

生まれて初めてのしらが・・・。

そう、シラガ。

えぇ、えぇ、白髪ですわっ!

10代の頃とかに、「あっ、金髪だ~♪」って言ってたのは、あれは確かに金髪。白髪じゃない。白髪だったとしても、若白髪。ノーカウント。

でも、今日見つけたのは、明らかに老化による白髪だった。

本気だった。

・・・。

終わったな、と思った。

もうこれからはオットとズックの世話だけをして生きていくんだわ。それでいいんだ。何も望んじゃいけないんだ・・・。ロンドンで働きたい、なんて大それたこと考えちゃいけないんだ。たとえアルバイトだとしてもダメよ、ダメダメ。

・・・。


・・・。


あれ?

いや、やっぱり違ったかも。見間違いだったかも。金髪だったかも。そうだ、そうだよ、うん、そうに違いない。もう捨てちゃったし、過ぎたことをいつまでも考えるのはやめよーっと。

現実を見つめなよ。

キーッ!


↑この哀しみが伝わったらクリック♪

きのこ狩りと食事会 in France 

私がフランスに行っている間に世の中(ヨーロッパ地方)はサマータイムが終わり、名実ともに「冬」なロンドンです。いや~ん、さむぅい。今日のお散歩は手袋しないとキツかった!

さて、トゥールでおいしいものを食べて、お友達と10年ぶりのおしゃべりを楽しんでいた私ですが、3日目は、彼女の旦那さんの親族が集まって食事会をするとのこと。私もしっかりお呼ばれ。ウフ♪

フランスではお昼が一番重いお食事だとのことで、この日のお食事会もお昼。イギリスでも「サンデーロースト」という日曜のお昼の習慣もあるくらいなので、ヨーロッパはそうなのかも。
ランチがいい感じなのかも。

で、お昼まで時間があるから、ということできのこ狩りに行くことに。わーい♪

この時期ならでは。うれしい。

親戚のおうちのすぐそばが森なので、長靴などを借りて早速森へ。森林浴、気持ちいー♪
おっ、あちこちにキノコ発見!・・・だけどこの2つはいずれも毒キノコらしい



野生なので、もちろん一面にキノコが生えている訳ではなく、森のあちこちに少しづつ生えているのだけど、ほとんどは採っちゃダメ。きのこは怖いので、確実に安全なものしか採らない。

シェフの旦那さまが一緒でよかった~♪ということで、今日の収穫!

※マツタケ風のが超おいしかった。旦那さんは黒いのが好きなんだって。


きのご狩りにて腹ごしらえも済み、お食事会の始まり。
お野菜のカクテルとシャンパンから始まって、メインの煮込み料理とクスクス。それに合わせて赤ワイン(シャトーマルゴー飲んじゃったー!きゃっ♪)。赤ワインの残りと一緒にチーズ。その後、大量のケーキ。最後にコーヒー。

という感じで、まさにフレンチレストランで食べるような順番で全てが進行。フレンチレストランって、家庭料理の延長って感じなのかも。

どれもとーってもおいしかった!私、あまりクスクスって好きでもなかったけど、今回はおいしかった。煮込み料理はラタトゥユかな?教えてもらいたいくらいおいしかった。

13:30くらいに始まったお食事会、お腹もいっぱいになってデザートとコーヒーが終わった頃には、すでに18時近かった。すごい・・・。

最後までおいしくてお腹いっぱいのフランスでした。またゼッタイ遊びに行くわ~♪

あ、そうだ、超~いけてるはずの私のフランス語ですが、一切役に立たなかった(当たり前)。ちっ・・・

←きのことフランス料理が食べたくなったらクリック♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。