スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュージュー焼肉ぅ♪ 

実家天国に滞在しているため、家事など一切せず、時間があるので更新頻度が上がっている東京です。しかも、毎日食べまくってるので画像をアップしないとね!


さてさて、お魚を楽しんだ後は、やっぱりお肉でしょ??イギリスではおいしいお肉は手に入らないから、飢えてたの~。

日本みたいな霜降り肉なんて全くナシ!西洋人にとっては、霜降りは、ただの脂肪に映るらしい・・・。脂は嫌われます。ったく、あのおいしさを知らないなんてかわいそうだわ。オホホホ!


ということで、私の大好きな焼肉屋さん、凛に行ってまいりました。私の中では、焼肉といえば凛。ほんっとにおいしいんだから!

絶対に外せないのが、タン塩。ふつう、タンってペラペラじゃない?でもここのは違うの!ちょっと、ちょっと、奥さん!見てよ、この厚み!


こーんなに分厚いのに、超~柔らかくてジューシーでめちゃくちゃおいいしんだからっ!


鉄板に乗せて、表面がこんな風にふっくらしてきたら、葱をタップリ載せていっただっきま~す!!

はぁぁ~、なんておいしい・・・。


そしてそして、鴨のつくねも外せませんね。表裏を焦げ目がちょっと付くまで焼けたら、最後にシソを巻いて、かぼすを足らしていただきます。ん~~~、やっぱりおいしいっ!
右側はトントロ。ここでトントロは初めて食べたかも?ちょっとコリッとしてこれまたおいしい~。


その後は、私の大好きなハラミや、カルビをいただいちゃいます。もう止まらないよ?我慢なんてしないよ?


見てわかる通り、タンだけじゃなくて、ここのはどのお肉も、分厚いでしょ?でも、すっごく柔らかくて、もう最高なの!「おいしいお肉をお腹いっぱい食べたいんだーい!」っていう、私みたいな人にまさにうってつけ。


最後に、コムタンを頼んでおしまい。あ、もちろん、お通しのチヂミとか、しいたけ(これまた、どこで手に入るの?ってくらい分厚いのにジューシーで最高)、キムチ盛り合わせなんかも全て完食。これら全て、3姉妹でペロリと食べました。

え?食べすぎ??えー、そう?!いいの、いいの。またしばらく食べられないんだからっ


↑↑間違いなく、何キロか増量してイギリスに戻るであろう私に応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト

エゾバフンウニ! 

時差ぼけ真っ最中で、毎朝5時にはパッチリと目が覚めてしまい、へんな時間に眠くなっている東京です。お昼寝せずに、がんばって直さないと・・・。


私はふだんブラウザはFireFoxを使っているので気づかなかったんだけど、過去の記事、画像の横に書いたテキストが表示されてなかったのですね!(というか、テキストの色が黒だったので背景と同化してた・・・)すみませんでした! 大体は直しました~。


さてさて、今回の日本一時帰国の一番の目的はなんといっても 食!

これに限ります。

そのために、イギリスから、私がいる間に実家に届くようにお取り寄せしておいたもの・・・それは、これっ!!(>_<)/


北海道は礼文島で、1年のうち、6月~8月の3ヶ月だけしか獲れないというエゾバフンウニでございます。しかも、獲れる量は、その日の漁次第なので、いつ届くかも微妙な貴重な品。

まずはそのまま、わさび醤油にチョロッと付けて食してみます。


う~~~ん、トロットロ!!まーーったく臭みがなくて、ものすごく上品なウニそのものの味。(こ、こんな表現であのおいしさが届くとは思えないけど・・・


たまりませーーーん!!


そのままの状態を楽しんだ後は、海鮮丼にしちゃいます。

う~~~~ん!酢飯と一緒に食べるウニはまた格別ざます!

一緒に食べたイカ、中トロも、めちゃくちゃおいしーい!(サーモンは、イギリスもおいしい!)やっぱり日本のお刺身はおいしいなぁぁぁ。

このウニ、小さな130gパックで4000円と少々値は張りますが、えぇえぇ、その価値はありました。ポンドに換算すれば20ポンドもしないんでしょ?うんうん、いいんじゃない?いいんじゃない?

日々、ポンド高にやられてるので金銭感覚が狂ってるけど、それも短い日本での滞在を楽しむために最大限生かしてやるつもりさっ!



そして、実は密かに楽しみにしていたコンビニ。思わずあれもこれも、と手を伸ばして一気に買っちゃった♪

なんてことない、コンビニで買える、さば寿司、ワッフル、抹茶ラテ、もう全部おいしかったなぁ~!

イギリスは飲み物のバリエーションがすごく少なくて、缶コーヒーなんかもないから、帰る前にいろんな飲み物を楽しんでから帰ろう~っと♪



↑↑日本滞在記は、ほぼ食べ物の記事になることが決定している、食いしん坊な私に応援クリックお願いします♪

日本到着! 

うわーお。ものすごい湿気。さすが梅雨?!の東京です。

イギリスの乾燥+花粉(?)のせいで、ボロボロだった私の肌。この湿気と日本の柔らかい水のおかげで、つるつる肌になれますように・・・。


出発時、ロンドンはいまいちの天候だったため、出発が1時間半遅れたけど、無事、日本に着きました!

約1年半ぶりに見た東京タワー。やっぱりキレイ!

tokyo1.jpg


日本に着いて、まずびっくりしたのは、全てが 低い! こと。

成田空港に降り立って入ったトイレ。便座が低すぎて、後ろにすっころぶかと思いました(笑)。

低い!低すぎるよ!

実家の洗面台なども全部、低い。私は、日本人の中でもチビッコの方なのに、こんな風に感じるなんて、慣れってオソロシイわ。


久しぶりにご対面した、実家のワンコ・ロデム。ブログ・デビュー!
tokyo1.jpg

私のことを忘れずにキュンキュン言ってくれました。お利口さん!


さ~て、食べるぞ!食べるぞ!



>↑↑日本にいる間は、ロデムに癒されようと思っている私に応援クリックお願いします♪


キャンドルナイトー2年目 

最近、お天気がとっても変わりやすく、今日も夜になってものすごい豪雨が降ったロンドンです。涼しいしね~。去年はこの時期あんなに暑かったのに!


6月22日金曜日は夏至でしたね。1年で1番、日が長い日。これからは毎日数分づつ日が短くなっていきます。

これ、日本にいた時よりもイギリスで、すごく実感していること。今は日の入りが、ロンドンでは22時前。この写真は、21時過ぎに撮ったもの。すごく明るいでしょ?



そして、夏至といえば、去年も参加した「100万人のキャンドルナイト」。6/22~24の20時~22時は電気を全て消して、キャンドルの明かりで過ごそう、というイベント。

もちろん今年も参加しましたよ(ひとりで)。


薄明かりのお部屋で、でも、どうしても見たいテレビ番組があったので(Big Brother)、テレビだけは付けて。


ふだんは感じなかったど、キャンドルの明かりの中で見るテレビって、ものすっごく眩しい!番組が終わった後はすぐにテレビを切っちゃった。

キャンドルの淡い、暖かい明かりに、テレビの電気的な光はあまりに似合わない。


このキャンドルナイトで、ひとりひとりが省エネできる電気量は大したものではないかもしれないけど、みーんなでやれば、それはそれはすごい大きなエネルギーが節約できる。そう、スイミーのように。(し、知ってる?スイミー)


このまま地球温暖化が進めば、50年後には東京やロンドン、ニューヨークは海に沈むといわれています。50年後ってすごく近い未来。


たまには、電気の明かりを消してキャンドルを灯し、地球のことを考えてみませんか?



ちょっとマジメな記事の今日でしたが、私は日本へ旅立ちまーす!日本から記事アップできるかな~?乞うご期待!

いってきます!


↑↑私達の地球のこと、考えてみようかな?と思ってくれたら、応援クリックお願いします♪



ショック! 

昨日行ったヨガが結構ハードだったためか、朝どうしても起きられず、英語を休んでしまったので、そのつぐないに、懸案事項だったバラの鉢替え&冬物ブーツの片付けをしたロンドンです。

ずーっとやろう、やろう、と思ってたんだけどねぇ。。。やっとやれてスッキリ!


この前、TESCOでおいしそ~と思って買って来たベルギーチョコ。木の削りかす風なトリュフなんだけど、チラリと高級感漂ってておいしそうでしょう?




私はチョコ中毒ではないので、ふだんはオットが好きなダークの板チョコ(カカオ70%)しか買わないんだけど、たまには違うタイプのチョコが食べたくなる。



ううん、あげない。


おいしそ~だな~と、外の透明フィルムを剥がして箱をパカッと開けました!

???!!!




開けてビックリ。見てビックリ。

おしゃれなトリュフが5つ入っているはずの箱には、全てがドロ~ンと溶けて、トリュフの影も形もない塊が下の方に張り付いてるのみ・・・。



ががーん・・・


さ、さすがイギリス・・・。「商品管理」っちゅー言葉を知らないらしい。。。

最近は賞味期限もきっちりチェックするようになったし、卵のパックだって、しっかり開けて確認して、すっかりヨーロッパの一員風を装ってたのにー。

これは透明フィルムがかかってたから確認できなかったんだもーん。

モチロン、同じお店に持っていけば取り替えてくれるんだろうけど、もうレシート捨てちゃったし、面倒くさいし・・・。


ということで、またもや泣き寝入りした私なのでした。こうやってひとつひとつオトナになっていくのね。

この塊、、、食べてみたらおいしいのかなぁ・・。


ダメだってば!




↑↑しつこくチョコを狙ってるズックに応援クリックお願いします♪

それって気持ちいいってこと? 

みなさん 突然ですが、ワタクシ、とうとう来週、日本に一時帰国することになりましたわ!

もう今から何を食べようか、ドキドキワクワクしているロンドンです。


あ、ゴメン。。。ズックにはまだ言ってなかったよね・・・。君の大好きなロデム(実家のダックス)に会ってくるからね~♪


次はいつになったら大好きなロデムに会えるのか微妙なズック、足裏の毛、伸びすぎ!です。
(いつだって強引に話をつなぐ私)


実は、間もなく7歳になろうというのに、一度も美容院に行ったことのないズック。えぇえぇ、モチロン今回もワタクシが切ってやります。


爪を切られるのは大っっっ嫌いだけど、毛は気持ちいいらしく、いつもウトウトしちゃうズック。切られている時のお顔はこんな感じ。

目がいっちゃってます。そんなズックを、私も満足気に眺めながら、チョキチョキ・・・


ん?!

お顔ではなく、体を見てみると、な、なんかズックの足が、ピクピクしてる!けいれん?!してる!!

そんな様子を、たまたまかけていたコブクロの曲に合わせて、動画でドーゾ!
※やや長めです。音が出るのでご注意ください。


ね?ヒクヒクしてるでしょ??


なんなんだろ、コレ。ズック、気持ちいいの?それともハサミが怖くて震えてるの?

い、いや、いいんだけどさ・・・。


みなさんのワンちゃんはヒクヒクしませんか? これってズックだけかなぁ?!



↑↑ワンコの足の裏ってかわいー!と思う私に応援クリックお願いします♪

公園でピクニック 

最近ちょっと暑いので窓を開けっぱなしにしているため、ハエがぶんぶん入ってくるロンドンです。去年も思ったけど、網戸欲しいなぁ・・・。


前日にスゴイものを見た我々。日曜日はとっても良いお天気だったので、こんな日は、そう!ズックとお散歩です。お昼頃から出かけていって、ピクニックをすることに。

たまたま、「あるくの家」のみももさんもなるちゃんと森でピクニックしたそうなので、この偶然にトラックバーック☆


森は、ロンドン近郊にはたくさんあるけど、ロンドン市内にはハムステッドヒースの森くらい?なので、我々は、ロンドンの名物といっても良いくらいたくさんある公園でピクニック。


ロンドンの公園は、どこも広くて、緑がとってもたくさんあって、それはそれは気持ちいい。ロンドンの大好きなところのひとつです。


この日は、空いていて穴場だという噂を聞きつけ、テムズ川沿いにある「Fulham Palace」へ。

※ここにも小~さなバラ園がありました。



我々はお昼を持参しなかったので、園内のカフェ(?)でチーズバーガーとチップス(フライドポテトのこと)を買って食べることに。

おお。匂いを嗅ぎつけたのか、オフ・リードの大きめワンコが近寄ってきました。


お腹もいっぱいになって眠くなった我々。ゴロンと横になります。ズック~、適当に遊んでて・・・



ウトウトしかけたのだけど、日陰になってきてちょっと寒くなってきたから、そろそろ帰ろうか。


この公園、ホントに気持ちよくてかなりのお気に入りになりました♪

いやぁ~、この時期のピクニックは本当に気持ちいい。これ、ロンドンを離れる時がきたら、ゼッタイ恋しくなるだろうなぁ~といつも思います。

ズックは今日もたくさん走って大満足。ちょっとおじちゃんになってきたのか、相当疲れたようで、TUBE(地下鉄)の中でウトウト・・・。この後、このままアゴを乗せたまま本気で寝てました!

※後ろに写ってるお姉さんも眠そう・・・


↓↓「ロンドンから公園を持って帰りたい」という日本人が多いのに、激しく同意しちゃう私とズックに応援クリックお願いします♪

World Naked Bike Ride 

昨日はあんなにお天気で暑かったのに、今日は一転して曇り空。気温もイマイチ。相変わらずの空模様のロンドンです。

去年はこの頃にはとっても暑くて毎日お天気、夏真っ盛りだったのに、今年は猛暑じゃないのかな~?


土曜日、久しぶりにお買い物をしよう、とOxford Circusへ繰り出した我々。Oxford Circusは東京で言えば新宿とか渋谷のようなお買い物には最適だけど、とにかくいつでも混んでいるというロンドンの中心地。


ここで我々が目撃したもの!


それは・・・






????!!!!


ちょ、ちょっと待って。

い、いま、みなさん、、、は、 じゃなかったとですか?!


・・・・。


気を取り直して、勇気を出して、振り返ってみよう。





や、やっぱり!!

みなさん、思いっきり裸です!

警察に先導され、この間、この道は自動車を止め、こんな自転車乗り達が1000人くらい颯爽と走り去っていきました。


実はこれ、「裸で自転車に乗り、町に繰り出そう」という、ちょっと(いや、かなり)変わったイベントだそう。

自動車は排気ガスを出すけど自転車は空気を汚さない、というエコ・キャンペーン的な意味合いもあるんだとか。私もエコは大好きだけど、さ、さすがに裸で自転車に乗る勇気はないわ・・・。


必ずしもマッパになる必要はなくて、こんな風にペイントしたり、水着でも良いってことみたいなんですけどね。

でも、男性も女性も、ほとんどの参加者が思いっきり生まれたまんまの姿でしたよ・・・。
※刺激が強すぎるので、ここにアップしたのはかなり控えめなもの達。


さすがヨーロッパ。パリやマドリッドなんかでも開催されたそう。

これ、日本では絶対に許されないイベントですよね。


なんだか、自分がロンドンにいるんだな~と改めて実感した日でした。いいもん見せてもろた。




↑寒い日、暑~~い日以外は基本的に裸族なズックに応援クリックお願いします♪


Regent's Parkのバラ園 

前の更新から1週間も経ってしまいました!ごめんなさい!ちょっと反省してるロンドンです。 ちょっとかよ!


みなさまご心配おかけした水漏れですが、どうやら、あの工事の人、ちゃんと直してくれたみたいで、月曜日の朝以降はすっかり水が止まっています!スゴイ おじちゃん、全然信じてなくてゴメンよ・・・。

でもいい加減な対応のホントに多いイギリスだし、パイプからと思われるあんなにひどい水漏れが、そんな簡単に直るなんて信じられなくてさ・・・。アハアハ~。


ああっ!留守番およびお客様を追い払うのが得意なうちの家政婦・ズク村さん(初登場)!そ、そうですよね、すみません・・・。
(これ、「つれづれなるモナカ」でいつも見て、ぜひ一度やってみたかったの)



というわけで、すっかり「イギリス人もたまには信用してみよう!」と心を入れ替えたワタクシ。

日曜日に、去年見そびれてしまったバラを見に、Regent's Parkへ行ってまいりました。

広いRegent's Parkのど真ん中に位置するQueen Mary's Gardens。ここがバラ園となっております。なかなかステキな門じゃありませんこと?やっぱりイギリスの建築物(?)ってスキ


門をくぐると・・・おぉぉっ!とってもたくさんのバラ達が可憐に咲き誇っております!花に鼻を近づければ、優雅な香りも楽しめちゃいます!


バラに、こんなにたくさんの種類があるなんて全然知らなかったなぁ~~。それぞれのバラに、ちゃんと名前がついていました。Queenなんとか、とか、中には「Savoy Hotel」なんて名前のバラまであって、サボイったらもしや買い取った?!なーんて思ったり。


この日はまぁまぁのお天気で、そこまで暑くなかったので、人出もかなりものでした。


種類によってはまだ全く花をつけてないものもあったし、最近そんなに暑くないので、恐らく6月いっぱいは楽しめると思います。ロンドン在住の方はぜひ!それ以外の方も、やっぱりロンドンを訪れるなら、お天気もお花も美しいこの時期!ですぞ。世界最大のChelsea Flower Showもこの時期だし(行ったことないけど)。


そして私達は、一通りバラ園を楽しんだ後、サッサカとOxford streetへ出ておいしいお寿司を堪能したのでした。お寿司屋さんにいた時間の方が長かったかも?!「花より団子」って、昔の人はうまいこと言うな~。




↑育てるのは苦手だけど、やっぱりお花もいいよね!って思ってる私に応援クリックお願いします!

水漏れ・再び 

一昨日、ズックとお散歩していたら、いわゆる不良の子達・ASBO TEEN(Anti-Social Behaviour Order Teenager)に絡まれ、しかもズックに手を出してきたので、ものすごい怒り狂ったロンドンです。

初めて"F Word"(かなりお下品な言葉ですね、オホホ)を使ってしまったかも。でも、我が子に手を出されるのは、自分がやられるよりも頭に血が上るものですな。おまんら、許さんゼヨ!

あ、ズックは全然無事ですのでご心配なく。あ、別に私も全く無事なんでご心配なく。(←母へのメッセージ)




そうそう、そんなことよりも大変なことが我が家に起こってしまいました。。。うぅぅ。

昨年の11月末から続いていたお風呂場の水漏れ(過去記事参照)、実は既に半年以上過ぎた現在も、あの壊れた富士山は放置されたまんまでした。

さすがイギリス

で、たびたび水が漏れていて、その都度、上の住人にお知らせしたり、タライを置いてみたりして、その場をしのいでいた我ら。


しかーし!!



そう、あれは、確か水曜日の明け方、5時半ごろだったかのぅ・・・

隣で寝ていたオットが急に起き出し、イキナリ部屋の電気を点けたではありませんか!

「あぁぁっ!寝ぼけてトイレの電気と間違えよったな・・・

と寝ぼけた頭で考えていたのです。
注:バスルームは主寝室の隣にあって(Ensuiteと言う)、電気のスイッチもすぐそばにある。


ところが、オットが「水が漏れてるっ!」というではありませんか!


え?!と飛び起きると、確かにオットの枕のあたりがビショビショ・・・。天井を見ると水がポタポタ・・・。


ガガガーン!!

>とうとう、水漏れが寝室にまで・・・


仕方なく起きだして、ボタボタ水が垂れている場所に、またもやタライを置き(もちろん、ベッドの上)、我々は隣の部屋で寝ました。


いやぁ~、、、まさか寝室から水漏れなんて・・・。前の記事にも書いたけど、うちはイギリスでは珍しく、新しい物件。こんな新しい物件でこんなに水が漏れるなんて、信じられない・・・。

昨晩も夜中から水が漏れ出し、しかも広範囲だったので、今度はお鍋まで持ち出して、寝室は今や、むか~しの貧乏なおうち、もしくはドリフ状態(つ、通じるかしら?)。

ポタン、ポタン、ピチョン!

みたいな。

志村がお鍋を、漏ってくる水の場所に持っていくと、なぜかその時だけ水が垂れてこず、「あれ?おかしいな?」と思って天井を見上げた瞬間、大量の水がドバーッ!

みたいな。


・・・。


ハハハ・・・。



一応、今日、工事の人が見に来て、「すぐに直すから1週間くらいガマンして」とは言ってたんだけどね。

どうなることやら。┐(´-`)┌


だって、なんせ、



ここは、イギリス!!!


完全に直るまでにはまた半年以上かかるかもしれず・・・

本気で引っ越そうかな?と考えてる私もいるのでした。



←←ドリフも志村けんも知らないズックに、クリック、チョットだけヨ~♪(それは、加藤茶)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。