スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後100日! 

今日はとーっても気持ちいいピカピカのお天気でした!が、明日からはまた雨になり、さらに寒くなる予報のロンドンです。

昨日でチュニは生後100日を迎えました!長かったような、早かったような・・・。出産時のことはもう遠い遠い昔に感じられるけど、やっぱり振り返ってみるとアッという間にここまで来たような気もします。

ということで、100日のお祝い、お食い初めをしました。



ロンドンではなかなか鯛の尾頭付きは手に入らないから、他の適当なお魚でも手に入ったらいいなぁ・・・と思って、お魚をメインに扱う日本食材店「あたりや」へ行ってみました。

そしたら、黒鯛の尾頭付きが売ってたー!!お祝い事に使う赤い鯛ではないけど、全然いいよ!うん!

しかも覚悟していたよりも断然安くて、£7.34(1500円くらい)だった!日本で鯛の尾頭付きって買ったことないけど、いくらくらいするんだろう?
「一生に一度のことだし、£20くらい(約4500円。物価の高い高いロンドンなので・・・)なら買ってもいいよね?」ってオットと話していたので、思いがけず安くて嬉しかったわ~



その場でウロコと内臓を取り出してくれ、お吸い物用のはまぐりを買って帰りました。

鯛の尾頭付きなんて焼いたことなかったけど、お塩を振って、化粧塩をして、グリルで両面焼く・・・と思ったより上手に焼けた!他にも、チュニのために作る初めてのお料理、と思って、一汁三菜だけじゃなくてもう少し作ってしまった。お祝いの食器なんかは手に入らなかったのであり合せの物で。


※お赤飯、黒鯛、はまぐりのお吸い物、カボチャの煮物、香の物、炒め物、ほうれん草のナムル。


強い歯になるように小石でチョンチョン、もしてみました。チュニが一生食べ物に困らずに生きていけますように。


そして、ホントはこの日にお祝いのケーキも食べる予定で、オットに「30日にケーキ買ってきてね~」って言っておいたのにナゼか前日に買ってきたオット。。。

「また明日も買えばいいじゃん」って言ってたけど、食べたら、さすがに2日連続で食べる気になれず(スッゴクおいしかったのに!)、前祝になってしまいました。オットよ・・・


※ずっと食べたかったWILLIAM CURLEYのモンブラン、£4(約800円)!めっちゃおいしかったー!


100日経ったチュニは、、、

・首がだいぶしっかりしてきた。もうすぐ据わりそう。
・起きてご機嫌に遊べる時間が増えてきた。
・寝てる時に起きて「わーん」って泣いてもしばらくすると自然とまた眠れるようになった。
・朝起きると、体の向きが90度動いている(笑)。
・自分のお手手に気づき、お手手で遊ぶのがお気に入り。
・バウンサーに乗って、目の前にあるおもちゃをくるくる上手に動かせるようになった。
・泣き声が大きくなった(笑)。
・たまーにだけど、抱っこもおっぱいもなくても、ひとりで眠れるようになった。
・3日くらい前から「あー」「うー」の声が変わって、たくさんおしゃべりするようになった。
 (↑前から声は出してたんだけど、超~かわいい声に変わったの。親ばかでゴメンナサイ)




たったの3ヶ月なのに、どんどん成長していってます。

我が子の成長は本当に本当に嬉しいけれど、大好きだったモロー反射(何かにビックリして手をワタワタ動かすの)が見られなくなってしまったり、ちっちゃくて儚げな雰囲気もなくなってきたり、少しだけ寂しく感じることもあります。


チュニ、ゆっくり、ゆっくり、大きくなってね。 お願いよ、ママを置いていかないでね。




そうだよ~~、ズックも本当にちっちゃくてかわいかったんだよ。あっという間に7歳になっちゃったね。今でもすごーくかわいいけどね!!


↓↓どんどん成長していく我が子。後悔しないように一瞬も見逃したくない!と思っている私に応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト

誰か止めて・・・ 

今朝はものすごい霧が出て、なんだか急に寒くなったロンドンです。・・・とは言っても、まだまだホントの寒さはこんなんじゃないんだけど。まだまだ東京の方が寒いみたいだけど。


ワタクシ、最近のマイブームは、とにかく「食べること」でございます。いやいや、前から食べることはだーい好きだったんだけどね、とにかく、今はスゴイの。

だってだって、お腹が減るんですもの!!

いやぁ~~、母乳を出してると、こ~んなにもお腹が減るとは思わなかった!


産後1ヶ月半くらい経って、自分でもスーパーにお買い物にいけるようになってからというもの、甘いものの誘惑に勝てず、ついついクッキーやチョコレート菓子に手が伸びてしまいます・・・。母乳の質にはあまり良くないらしいけど、でもダメ~。

母乳育児してるお母さんはみんな「甘いものが欲しくなる」って言ってるので、きっときっと体が欲しているのだー。と、言い訳を作り、食べまくり。自分に甘い私・・・。


※一時期はもっと在庫があったお菓子たち。明らかに買いすぎだから!


だけど、唯一ガマンしてるのがアイスクリーム。乳製品、油、甘いものは乳腺炎の原因になると言われていて、食事はあんまり関係ないとは思いつつ、体質的になりやすい私は、一応、全てが入ってるアイスクリームだけは今のところガマン!


そんなフードファイター並みの食欲の私が、今、超はまってるのが、アップルチーズトースト

これ、いっつもおいしそ~~なもの満載の「aiai@cafe」さんのレシピ。始めは「んー?リンゴとチーズ??」って思ったんだけど、でもでも、やっぱり気になって試したら、これがめちゃうまっ!

レンジで簡単に作れる煮リンゴに、市販の細かく刻まれたモッツァレラチーズを上にかけてグリルで焼くだけ!超簡単でおいし~いの


※イギリスの食パンは薄いんだけど、目が詰まっていて、慣れるとおいしいのだ!


イギリスは、リンゴの種類がとってもたくさんあるんだけど、一番好きなのは「Pink Lady」。甘酸っぱくて私好みの味。でも、お値段がちょっと高いのでそのまま食べる時用かな。こういう煮リンゴの場合は、お安い「Royal Gala」で十分!


モチロン、ふだんのご飯だってばっくばく食べちゃう。1.5人前くらいは確実に食べてるなぁ~。そして甘いものを食べだしてから確実に太ってきたかも・・・。現在、妊娠前+2.3kg・・・

「母乳あげてると、いくら食べても太らない」 は ウソでございます・・・。やっぱり食べ過ぎれば太るのだ。 オットにも「デブ、まっしぐら」と言われている今日この頃・・・。


誰か、私の食欲を止めてくださーい!!!



う、うん、がんばる・・・。


↓↓一番最初の写真のお菓子を全て食べ終わったら(食べるんかい!)、もう買うの止めるゾ!と心に誓っている私に応援クリックお願いします♪

ベイビーマッサージ 

かなり日が延びてきたのを、日に日に実感できるロンドンです。

日本って夏と冬の日の長さがそんなに違わないけど、イギリスは夏は夜の10時近くまで明るく、冬は夕方の16時には暗くなっちゃうくらい差があるので、毎日ちょっとずつ日の長さを実感できます。これ、すごく好き


前にBreast Feeding Groupを紹介してくれたように、Health Visitor(保健師さん)が、Baby Massageのクラスも紹介してくれたので、とっても興味のあった私は行ってまいりました!

0ヶ月~6ヶ月くらいまでの、たくさんのお母さんと赤ちゃんが集まっていました。「おぉ~、6ヶ月ごろにはこんなにシッカリするんだ!」なんて、チュニよりも先の月齢の赤ちゃんを見るのも楽しかったし、同じ頃の赤ちゃんの成長ぶりと比べたりもできて楽しかったなぁ。



なんでも高いイギリスには珍しく、このクラスも無料なので、自分でバスタオルとオイルを持参。私はマッサージ用のカレンデュラオイルを持っていきました。でもオリーブオイルが一般的みたい。

紅茶かコーヒーが出され、クッキーも用意してくれるので、寄付用の箱が置いてあったりします(大体みんな£1くらい置いてた)。


※「ぼくはこんなオイル、じぇんじぇんきょうみないもんね~」とソッポを向くズック・・・。


マッサージは、赤ちゃんを真っ裸にして行うんだけど、チュニはオムツ外した途端にタオルにジャーッとおしっこ・・・。でも、他の赤ちゃんも、マッサージが終わるまでにおしっこだけじゃなく、ガンガン出しちゃったりしてました(笑)。

出掛けに授乳したのでタイミングバッチリだと思ったんだけど、お腹がいっぱいになったチュニは、クラスに着く頃には眠くてたまらなくなっちゃったみたい。マッサージが初めてだったのもあるかもしれないけど、寝グズリが始まっちゃって、途中でマッサージできなくなるほど・・・。


※他の子はみんなお利口さんだったのに、着くなりギャーギャー泣くチュニ・・・。(笑)


チュニの泣き声が他のみんなの邪魔になってしまうから、指導員から「母乳あげて!」って言われて、一応、授乳したんだけど、チュニはお腹が減ってたのではなくて、眠かったのよー!!

しっかし、他の子は、ひとりでマットに転がされてもおとなーしくできて、んまぁ、お利口さんだこと!やっぱりチュニは手がかかる子なんだわ。。。でもそんなチュニが、私にとっては、たまらなくもカワイイのさ


う~~~ん、このクラスって参加するタイミングがちょっと難しいなぁ・・・。なかなか授乳と睡眠時間の調整なんて、うまくできないしなぁ・・・。でもがんばってまた行こうっと♪


うんうん、そうだね、前よりしてあげられなくなっちゃったから、ズックもマッサージしようね~♪


↓↓ワンワン・マッサージも無料で習いたいな~、なんて思う私に応援クリックお願いします♪

パスポート取得! 

なんだか最近とっても暖かくて、全然冬って感じのしないロンドンです。今日なんて最高気温14度もあったわ~。


チュニが生まれてからもうすぐ3ヶ月!海外暮らしの必需品・パスポートをやーーっと取りに行ってきました!

よく、「イギリスで生まれたからイギリス国籍になるの?カッコイイーなんて言われるけど、それは大間違い

イギリスは、アメリカなどと違って出生地制を取っていないので、イギリスで生まれたからと言ってイギリス国籍を取る事はできません。イギリス国籍を取れるのは、親のどちらかがイギリス国籍を持っているか、もしくは外国人でもイギリス永住権を持っている場合のみでございます。なので、両親ともが永住権を持っていない日本人のチュニの場合は日本国籍のみ


ということで、まず第一のステップとして、何はなくとも出生届!



日本国大使館に提出してもいいんだけど、そうすると日本の戸籍に登録されるまでに3ヵ月くらいかかってしまうらしいので、我々は両親に郵送して役所に行ってもらうことに。

これだと、出生届を提出してから1週間程度で戸籍に登録されます。そしてチュニの登録された戸籍謄本をロンドンまで送ってもらいました。チュニが「娘」と記載された戸籍謄本は・・・ちょっと感動でした。


この戸籍謄本と写真を持って、Green Parkにある大使館へパスポートの申請に行きます。



赤ちゃんの場合はどんどん顔も変わるので、5年のパスポートのみ。チュニの写真は白いシーツを敷いたベッドに寝かせてデジカメでパチッ。サイズを調整してプリントアウト。うまく行ってよかった~

申請時は本人(チュニ)は行かなくても良いので、オットに行ってもらいました。申請から約1週間後、受け取り時は本人が出向く必要があるので、今回、抱っこ紐で地下鉄に乗って行ってきました。


※イギリスらしい建物に日本の国旗がはためいてるのも、なかなか良いものです。


窓口で手数料の£28(約6000円)を支払って、無事パスポートを取ることができました!

赤ちゃんといえども、ちゃんと身分証明ができて、これでまずは一安心だわ



ズックのパスポートは取ってないねぇ。もしヨーロッパを旅行するなら必要なんだけどね~。


↓↓「ぼくもパスポート欲しいなぁ」と思っているらしいズックに応援クリックお願いします♪

学問の街-オックスフォード- 

ポンドが、ものすごい勢いでガンガン下がっているイギリスです。

スーパーなんかではバターや牛乳などの値段が上がってるから景気はまだまだ良いはずなんだけど、これからバブルがはじけるのかしらね・・・。恐ろしいわ・・・。でも日本からの旅行者にとっては、助かりますな!


チュニも少しずつ生活リズムが出来てきて、それに私にそっくりでお出かけ好きらしく、お外に出ると大人しくなってくれるので、先日、ちょっぴり遠出に初挑戦してきました!

行った先は、ロンドンから車で1時間20分くらいのところにあるOxford



ここは、Cambridgeと並んで名門大学のあることで知られる街。私もオットも(もちろん、チュニも!)、初めて行きました。こじんまりしてるけれど、建物が古くてどっしりとしていて、とても素敵な街という印象。

車をストリート・パーキングに止めて(日曜日だったので無料でしたわ♪)、チュニをPramに入れて歩き始める私達。



ハイストリートを闊歩したんだけど、ロンドンにもあるお店たち、どこもかしこも空いてるぅ~~~!今、セール時期だから、ロンドンだとどのお店も人でいっぱいなのに、ここではお店に入ってる人は少なくて最高!歩いてる人はいっぱいいたんだけどねぇ。スタバに入ってもガラガラで待つことなし!ステキ☆

素晴らしい建物を見ながらブラブラ街歩きをした後は、この日の目玉!クライスト・チャーチへ!!ここは、名門中の名門といわれるカレッジ。


※これがクライスト・チャーチ。ここからは中に入れません!


だけど中に入る前に、まずは目の前にある、アリスのお店へGO
そう、ここオックスフォードは「不思議の国のアリス」の舞台の街でもあるのです。

著者のルイス・キャロルはクライスト・チャーチで学び、卒業後も教師としてこの学校にいたそうですわ。このお店、小さかったけど、ひとつ気に入ったものを見つけて買っちゃいました♪



さて!いよいよ、クライスト・チャーチの中を見学。入場料は大人ひとり4.9ポンド(約1000円)。階段が多いだろうから、一度車に戻って、抱っこ紐に替えようかな~とも思ったんだけど、チュニがいつも通りぐーっすり眠ってたのでPramでそのまま入ることに。案の定、階段多かったんだけど、なんとかオットとがんばりましたわ

カレッジの中に入ると、鳴り響く鐘の音。うわぁ~~~!この鐘の音、ものすごく良い雰囲気を醸し出してます!!



カレッジの中にある教会へ。小さいけれど、とってもステキな教会。素晴らしいパイプオルガンがありました。




そして、そして!今日の目玉、グレート・ホール!!どうこれ?どうこれっ!!



映画観た人はピンと来ましたかね??

そう!ここは、ハリー・ポッターで、ホグワーツ魔法学校の大広間の撮影に使われたのです!実際に入ってみると、いやはや、まさにあの感じで、最高に雰囲気が良くて、「ここにダンブルドアが座ってる感じ?」なんつって、オットとふたり、はしゃぐ日本人旅行者になっていたのでした(赤子付き)。


※グレート・ホールの入り口手前の天井にぶら下がっていた明かり。これまた素晴らしい雰囲気でした。


いやぁ~、かなり楽しめた!チュニもずっと夢の中でお利口さんだったし、思い切って行ってよかった!

ロンドンはロンドンで好きだけれど、他の街に行くと、いわゆるホントの「イギリスらしさ」を感じられて嬉しくなる私なのでした。


ははは・・・。ごめんよ、ズック。それ、アリスショップで買った鍋敷き。確かに君には全く役に立たないよね・・・。


↓↓せっかくお留守番してたのに、ツマラナイお土産にがーっかりしたズックにに応援クリックお願いします♪

Back to the・・・ 

ワールド・ダーツ・チャンピオンシップが、開催真っ最中!のイギリスです。

スヌーカーといい、ダーツといい、ちょっと地味なんだけど、見出すと結構面白いのよね~。イギリスにいなかったら、絶対にテレビ観戦しなかったスポーツ(?)だわ!


さて、今日のタイトル。もちろん、未来に戻ったわけではなく(かーっ、古っっ!でも大好きだった映画なのさ)、どこに戻ったかといいますと・・・

それはココッ!!



これで分かった人はスゴイッ!このブログの相当熱心な読者です!(笑) ・・・って、誰も分かるわけないね~。アングルだって違うし。あはは。

実は、ココ、チュニが生まれる前の最後の外食となったレストランなのです。

あぁぁ~~、あの時はお腹にチュニがいて、そしてあの日ぐらいから不規則な陣痛が始まったんだよなぁ~。。。でもこの日は、こうしてお外に出てきたチュニと一緒!

なんだかとっても感慨深かったです。


チュニがいるから、もちろんこの日はディナーではなく、ランチ。オットは「タイ風ドレッシングの牛肉サラダ」、私は「ビーフ・バーガー」を。バーガーなのに、きっちり焼き方を聞いてくれる辺りが素晴らしい!私の好きなミディアム・レアでお願いしました。



ここはお食事も出すPUB(ガストロ・パブ)なのですが、そこらのレストランよりもよーっぽどおいしいの!手作りのハンバーグ、ボリューム満点でおいしかったなぁ♪オットのサラダもめちゃおいしかった!


そしてフッとお隣の席を見ると、なんと同じPramが!!向こうもこちらに気づいて「あら~同じね♪」なんてお話したところ、赤ちゃんは生後3週間だそう!



生後3週間で、こんな風にみんなで外食パーティーしちゃうところがやっぱり日本とは違よねぇ~。ていうかやっぱりイギリス人のお母さんは体力ある!私は産後3週間で長時間の外食はゼッタイ無理だったもんなぁ。


この後は、妊婦検診の帰りに、いつもバスの中からチェックしていたお店で、チュニの超かわいいお洋服を買ったり、私のコートも買ってもらっちゃいました!両方ともセールになってたからお買い得だったのさ

途中でチュニが泣き出したら授乳しようと思って授乳カバーも持参したけど、彼女はずーっとPramの中でぐっすり夢の中でした。



あ~、やっぱりお出かけは楽しいっ 満足いくお買い物もできて、産前に来ていたレストランにも戻ってこられて、なんだかやっと本当に「元に戻れた」という気がして、とってもとっても楽しい一日となったのでした。





ごめんね~、ズック。レストランは無理なのよ~。もう少し暖かくなったら、また広い公園にお散歩に行こうね!


↓↓暖かい春になるのを、心待ちにしているズックに応援クリックお願いします♪

2ヶ月検診&予防接種 

モダンな感じに素晴らしくキレイに大改造をするため、ある地下鉄の駅を8~9ヶ月もの間、閉めてしまうらしいロンドンです。

日本じゃ、「駅を閉める」という発想自体が有り得ないし、日本人なら改修工事にゼッタイ半年以上もかからない!いくら大改造とはいえ、どんだけ仕事遅いんだよ!って話ですな。┐(´-`)┌


さて、日本だったらお正月気分真っ最中の1月2日。思いっきり平日のロンドンで、チュニの8weeks check up(2ヶ月検診)と1st immunisation(予防接種)に行ってきました。

ホントの8週はクリスマス休暇と重なってしまったため、実はこの時すでに10週。でも何にも問題ないみたい。8週だと、12月初旬に受けたBCGと近くてちょっと心配だったから、逆にちょうど良かったかも。BCGを受けたクリニックでは、「BCGとその予防接種は同じ日に受けたって大丈夫なのよ!」といわれたけど、やっぱり心配だったんだもん。


※「Pram=日本のA型ベビーカー」だと思ってたら全然違ってた!Pramはいわゆる乳母車タイプ。
今の日本にはないのかも。。。


で、行ったのはいつものGP(ファミリードクター)。6週で私のPost-natal check up(産後検診)のために来た時、GPへの登録用紙(イギリスでの出生届と一緒にもらえる水色の用紙)を渡してあったにも関わらず、受付で「赤ちゃん、登録されてないわよ?」と言われる!






出たーーーーーー!!


出たよ、出たよ。

さすがイギリス・・・。


「前回来た時、彼女に渡したんだけど」と、隣の受付嬢を指差して告げると、「あら。まぁいいわ、今登録しちゃいましょ」とか言って、登録してくれたけどさ。。。


まったくもう、ホントに、なんでイギリス人はみんなこんなに事務処理が出来ないんだ?


※Pramはこんな感じで、ベッドみたいに寝ることができるので新生児期から全然OK!イギリスではとても一般的。


登録はされてなかったけどナゼか予約は取れていて、まずは、ドクターの問診。妊娠中や出産時のこと、産後の体の具合(私の)や、家系に遺伝する病気持ちの人がいるか、また赤ちゃんの様子などを聞かれた。

その後、チュニの検査。オムツ一丁にして、体をチェック。股関節のチェックや、腕をひっぱって首がついてくるかの確認(もう?!なんとか付いていったけどまだ首は据わってない)や、立たせて足を動かすか等の身体検査。それから、目や耳のチェック、頭囲、体重も量る。


で、「舌が白い」と言われた。

よくあることだけどお薬出すってことで処方箋をもらう。あと、Cradle Capといって、頭の皮膚がうろこ状になっていたので(日本では、脂漏性湿疹と言われるみたい)それも診てくれた(まさに「見て」アドバイスくれただけ)。専用のシャンプーしてるから、もうほとんど治ってきたんだけどね~。


※これが舌のお薬。すっごい嫌な匂いで、チュニはもちろんギャン泣き(笑)。
オットが「舌が白いのなんて大したことないし、かわいそうだ」と言うので、もうあげないことにした。


いろいろチェックされて、最後の方は大泣きのチュニ。抱っこしても全く泣き止まない。そういえば、そろそろおっぱいの時間かも。。。

この後の予防接種はドクターではなく、別部屋でナースから受けるので、待合室へ逆戻り。この間に急いで授乳!と思い、授乳カバーを付けてくわえさせようとした途端、ナースに呼ばれる・・・。うぅぅ。。。もちろん泣き止まないチュニ(汗)。


どうせ泣くんだから、泣き止まないまま予防接種開始!私が抱っこしたまま、両太ももに1本ずつ、ブスッ、ブスッ

こっちって、注射の前に皮膚の消毒しないんだよね~。でもアレって何の意味があるんだろう?昔、注射器が使い捨てじゃなかった時代は必要だったかもしれないけど、今は必要ないような気もしてきたゾ。


※これは、子供用の解熱・鎮痛剤。イギリス人の大好きなパラセタモール配合でごわす。


今回の予防接種は、

・Diphtheria<ジフテリア>
・tetanus<破傷風>
・pertussis(whooping cough)<百日咳>
・polio<ポリオ>
・Haemophilus influenzae type b(Hib)<インフルエンザ棹菌B>
・Pneumococcal infection<肺炎球菌>

に対するものだったらしい。日本とイギリスでは流行る病気も違うから、日本とは結構違うよね~。

次の予防接種は4週間後。生後3ヶ月で行います。そして生後4ヶ月の時にも第3回をして、とりあえずは終了!結構たくさんするんだなぁ~。私だったらすごくイヤだ!(笑)


舌のお薬(これは処方箋なので、生後1年までは無料!)と、注射の副作用で熱が出たときのために「Calpol」を薬局で買って帰宅。

チュニは、その夜、熱は出なかったんだけど、なかなか寝付かず、かなりグズグズしてました。やっぱりいつもと体調が違ったんだろうな~。かわいそうだったけど、病気の予防のためだから仕方ないね!まだあと2回がんばろう!



こらこら~!


↓なんでも自分のものだと思って、とりあえず匂いを嗅いでみるズックに応援クリックお願いします♪

母乳育児支援 

日本でも流行っているらしいノロウィルスが、流行り始めたらしいロンドン(ていうかイギリス)です。こわい~。かからないように気をつけないと!


かなり前のことだけど、Health Visitor(保健婦さん)に「Breast Feeding Group(母乳育児支援グループって感じ)に参加してみたら?」と言われて、行って来たことについて書こうと思います。

イギリスは、ヨーロッパの中で、母乳育児をする人がかなり少ない国なんだとか。

そう言われてみれば、病院やBaby Clinicなどに行っても、ほとんどのお母さんがBottle Feedingといって、ミルクをあげてる。母乳をあげてる人をみかけるのって、ホンッッットに稀。みんな「こっちの方が楽だからね~」なんて言ってて、日本の、ちょっと強すぎるんじゃないか?と感じる程の母乳信仰とは真逆のイギリス



だからこそ、なんだと思うけど、妊娠中や産後の入院中、Midwife(助産師)はこぞって「母乳をあげましょう!」って言ってたし、両親学級でも母乳の与え方についてシッカリ勉強した。国として、母乳育児を支援しようという表れなのかも。そのお陰で、赤ちゃんへのおっぱいのくわえさせ方をちゃんと習えたので、私は乳首が切れるということがなく、とても良かった。


ということで、毎週開催されているBreast Feeding Group。2回ほど行ってきましたよ。予約なども必要なく、開催時間中ならいつでも行ってOK。そして、NHS主催なのでもちろん無料!


行くと、指導員みたいな人がいて、授乳間隔や、困っていること等々について色々聞いてくれます。私はその時、乳腺炎で悩んでいたので相談したんだけど、特にマッサージなどはしてくれなかったし、触って確認してくれることもなく、ちょっと残念だった・・・

そして、実際にその場で赤ちゃんに母乳を与える姿を見てもらって、「赤ちゃんはおっぱいに対して、もっと下の位置で抱くのよ」とか、「もっとあなたが後ろに座ってリラックスしなくちゃ!」とか、いろいろ教えてくれました。添い乳のやり方も教えてくれたり(特別な方法じゃなかったけど・・・)。


※ここに寝っころがって添い乳しました、ワタクシ。


その頃、授乳間隔が1時間~1時間半くらいだったので、それを告げると、「それじゃあなたが疲れちゃうから、この後、3時間間隔を空けてみなさい」と言われた。「えー、赤ちゃんが泣いたらどうするの?」って言ったら、「抱っこしたりしてなんとかがんばるのよ!」だって

でも母乳はあげればあげる程出てくるわけだし、泣いたらあげる、を実践してるので、一度だけ3時間を試してすぐにやめちゃった。てへ。


母乳育児。


乳腺炎という問題があったり、出ている量がわからないし、チュニはお痩せちゃんだから常に母乳不足感を感じたり、なんだか思っていたよりも大変ですが、ちょっとでも出ているうちはあげていきたいなって思っている私です。



そうだよね~、ノノママのおっぱいを4匹の兄弟で一緒に飲んでる、すっごくかわいい写真があるんだよね!



↓↓母乳を与える時期って短いけれど、この時間、母親としての幸せをとっても感じる私に応援クリックお願いします♪

New Year's Resolution 

2008年も毎年恒例の、ビッグベンを背景にロンドン・アイやテムズ川から打ち上げられる花火で始まったロンドンです。


我々も昨年同様、カウントダウンから新年の瞬間まで、テレビで生中継を楽しみながら、白ワイン(モチロン私は一口だけ!)、サラミ、チーズで乾杯して年明けを迎えたのでした。


※また今年も、テレビにカメラを向ける私・・・。でもこれがまた良く撮れるのよ!


明けましておめでとうございます!


みなさま、昨年はブログを通して、そして実際に、仲良くしてくださって本当にありがとうございました!ぜひぜひ、今年も引き続き仲良くしてくださいね。よろしくお願いいたします。



本日のタイトル「New Year's Resolution」。


「新年の目標」です。この「新年の目標」っていうのを他人に聞くのが、すごく一般的な気がするイギリス。

の花火は年明けと同時に打ち上げられるのだけど、カウントダウンのギリギリまで、レポーターが観客に「あなたの来年の目標は?」と次々に聞いていました。

確か、去年は通っていた英語のクラスでも、最初の授業で聞かれた気がするし、友達同士なんかでも聞いたりする。日本じゃ、自分で誓うだけで、あんまり周りに聞いたりしないよね。


※花火、一気に上げすぎ!!ってくらいガンガン上がります。真ん中のワッカがロンドン・アイ(観覧車)。


そんな私の去年の目標は、


「何かしよう」


という、砂漠の砂粒よりも小さい目標でした・・・。アハアハ。


でもねっ!


いやぁ~、去年は「何か」どころじゃなく、ものすごいことをしてしまったんですよね。

そう、妊娠&出産という、女性にとって人生でのものすごい一大イベントをしてしまったわけですよ。なんせ、人間をひとり創り出してしまったんだから!こりゃ、すごい。すごいゼ、私(笑)。

ということで、昨年の目標はしっかりクリアー!


※上げすぎ!上げすぎ!火事?!ってくらいになっちゃってるから~。


そして、私の今年の目標は・・・



「おおらかに生きる」


です。


私、結構テキパキしてると自分で思うんだけど、自分のやりたいようにテキパキできないと、イラッとしてしまったり、心配性なので、何か起こると「どうしよう!」とすぐにオロオロしちゃうので、何事に対しても、もっともっと大らかに構えていきたいと思うんです。

子育てだって、「何でも来い!」とドーンと大きく構えた「おかん」になっていた方が、きっとうまくいくはず!


なので、きっと、この1年でものすごく成長するだろうチュニを、ゆったりと大らかな気持ちで見守って行きたい、と、こう思っとる次第の2008年元旦なのでした。




え~、ズック、それはまたずいぶん大きな目標だねぇ。


↓↓とっても大きな目標を掲げたズックに、今年も応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。