スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の中にある街-ケンブリッジ- 

うーん、今年の冬は本当にお天気が良くて暖かい!たまに曇ったりもするけれど、ほぼ毎日のように真っ青な青空が見られるロンドンです。


お天気が良い日が続いているので、家にいるのはもったいなくて出かけてばかりいる我々。先日は、Cambridgeに行ってまいりました。


※まだロンドン市内を運転中、「お城?!」と思ったら、ハリーポッターで有名なキングスクロス駅でした。
横から見るとこんな風だったんだ!やっぱりステキ♪


ケンブリッジはオックスフォードと同じような学問の街なんだけど、オックスフォードよりも断然大きくて、オックスフォードが「街の中に大学がある」と言われる一方、ケンブリッジは「大学の中に街がある」と言わる程、カレッジ(ケンブリッジ大学○○カレッジ)がたくさんあるのです。

本当にあちこちにカレッジがあって、ほとんどのカレッジが、一般人にも門を開放して中を見せてくれています。これはそのうちのひとつの小さなカレッジの中庭。



街の中には川が流れていて、写真のような手漕ぎ船のガイドツアーもあるんだけど、45分もかかるとのことで、チュニ連れの我々には無理!今の時期、ちょっと寒いしね。雰囲気が、ちょっとイタリアのヴェニスみたいでしょ?



次に訪れたのは、街はずれにあるギャラリー「KETTLE'S YARD」。ここのハウスの方が良いと聞いてたんだけど、ホントにステキだった!入場は無料で(写真を撮りたい場合は£1.5)、置いてある椅子に座ったり、置いてある本を読んでもいいんですって。でも、椅子と本以外は触っちゃいけません!

※このワッカをひっぱると扉を開けてくれます。


最初は狭そうに感じていたこのおうちだけど、実はとーっても広くてビックリ。古い古い建物なんだけど、中はとってもステキでした。ケンブリッジを訪れたら、ぜひ行って欲しい場所。



そしてそして、ケンブリッジ最大の見どころ、King's College。いや~、ここはすごかった!どどーんとそびえる壮大な建物。これが大学なの?!こんな大学に通ってみた~~い。絶対受かるわけないんだけどさ。。。



まるでイタリアの建物みたいで、圧巻!!本当に素晴らしかった これは必見です。もしも日本からロンドンに遊びに来ることがあったら、ちょっとがんばって、ぜひぜひケンブリッジまで足を延ばして欲しい!!本当に素晴らしいんだから!



写真見て少しでも雰囲気が伝わってくれたらいいなぁ~。最近、イギリスの素晴らしさを再認識している我々なのでした。



ごめんねー、ズックゥゥゥ~!


↓↓すっかりケンブリッジの魅力にとりつかれてしまった私に応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト

生後4ヶ月 

やっぱりMasterChefは面白い!ロンドンです。このMasterChefって、素人の中からひとりだけ、未来のセレブシェフになれる逸材を選ぶ勝ち抜き番組なんだけど、いやぁ~、こんなにお料理上手なイギリス人っているのね~って、毎回感心しちゃう。そして、なんと言っても、ふたりの審査員がいい味なのよね~。来週、優勝者が決まるので絶対見逃せないわ!


そんな、相変わらず「食」のことにばかりに目がいってる母の元、娘のチュニは本日、無事に生後4ヶ月を迎えました!節目の3ヶ月を過ぎてから今日までの早かったこと!!やっぱり「最初の3ヶ月が一番大変、それまでが長く感じる」というのは本当だったんだなぁ~。。。


今日は、そんなこれまでの4ヶ月を振り返ってみたいと思います。


■チュニ、誕生の日、病院にて。


難産で、途中で心音停止したり、首にへその緒がキツーク絡まっていたり、kiwiという吸引カップで吸引されて出てきたため、出産直後はボーーーッとしていたチュニ。朝生まれて、その日の夜までおっぱいも飲まず、爆睡状態だったチュニ。お互い、大変な出産だったけれど、今でも、「無事に生まれてきてくれてありがとう」の気持ちでいっぱいです。


■生後1ヶ月ごろ。
毎晩、毎晩「いっただきまーす」と言った瞬間に「ギャー!」と泣き出すので、オットが授乳クッションに乗せてご飯を食べたりしていました(笑)。

あぁぁ、この頃が一番大変だったなぁ。。。「赤ちゃんがピタリ泣き止む魔法のスイッチ」という本に、「生後2週間~2ヶ月が一番泣く時期」と書かれていたけれど、まさにその通りだった。おっぱいあげても、抱っこしてゆらゆらしてもなかなか泣き止んでくれなかったり、昼夜問わず1~1時間半の授乳。私も産後のホルモン変化によりイライラ・ピリピリしていて、精神的に一番辛い時期でした。


■生後2ヶ月ごろ。
おくるみ+おしゃぶりの最強コンビでお寝んねしているチュニの子守をしてくれているクマちゃん(笑)。

寝入りばなに、おしゃぶりが口からポロリと落ちると「ギャー!」だったので、クマちゃんにおしゃぶりを押さえてもらったりして。このクマちゃん、とっても子守上手なのよね~(笑)。おしゃぶりはまだまだ現役だけど、もう、おくるみは卒業しちゃいました!(すでに懐かしい・・・)
この頃から、こちらに反応してニコニコするようになり、「この笑顔のために毎日がんばれる!」と思いました。


■生後3ヶ月ごろ。
自分の手を認識する「ハンドリガード」がとってもかわいかった!

ニコニコ顔も増えて、あやすと爆笑(?!)もしてくれるようにもなりました。「あー」「うー」「ふんぎー」のおしゃべりも出てきました。もちろん、3ヶ月過ぎたからといって急に楽になったわけじゃないけど、やっぱり最初に比べると、だいぶ楽になってきたかな~という感じ。まだまだツライ日もあったけれど、確実に、こちらの対応に反応して笑ってくれるのがとっても嬉しかった日々。


■そして生後4ヶ月の今日。
最近のチュニは・・・

・髪の毛、だいぶ量は増えたんだけど相変わらず短くて、お顔もまるで男の子。。。

・手がしっかりパーになって、あちこち掴むのが楽しいみたい。私の髪の毛もしょっちゅうひっぱられる。

・何でも口に持っていってなめるように。よだれもたくさんなので、起きてる時はよだれかけ必須!よだれのお陰で、舌が白くなる鵞口瘡(がこうそう)がキレイに治りました!お薬、全く意味なかったゼ。

・おしゃべりがドンドン増えてきた。「あえー」「あえあえあえ、あえー」と、ニコニコしたり、眉をひそめながらしゃべったり、何かを伝えようとしてる感じ?

・首、もうしっかり据わったかな?お膝の上での抱っこもできるようになり、座らせると、首を前に前にと傾ける。

・ちょっぴり後追いが始まったような。。。私の姿が見えなくなると、途端に「ギャー!」。私が顔を見せるとピタリと泣き止む。オットが抱いててギャン泣きしてても、私が抱くと収まったり・・・。(嬉しいんだけど、預けて出かけられなくなりそうでちょっぴり不安でもあります)

・朝、目覚めると超ごっ機嫌!

・<番外編>産後3ヶ月過ぎた頃から、私の抜け毛が増えるって聞いてて、どれだけ抜けるのかちょっぴり楽しみにしてたのに(笑)、まだそんなに抜けてこない。ホラー映画みたいに抜けるらしいんだけどねぇ。


こんな感じかなぁ?


3ヶ月過ぎてから、すごーく早かったので、きっとこれからもどんどん過ぎていっちゃうんだろうなぁ。。。「チュニー、もうこれ以上大きくならないでいいよ~!」なーんて、たまに思ってしまう私だったりします。




ズック、毛がまだフサフサじゃなくて、ちっちゃくて、本当にかわいかったなぁ~~~♪あ、もっちろん今でもすっごくかわいいよ!


↓↓ズックのちっちゃい頃も、超かわいいでしょう~?!と、相変わらずの親ばかぶりの私に応援クリックお願いします♪

おいし~いイタリアン! 

朝からなんでこんなに子どもが遊んでるんだろう?と思ったら、そういえば今週はハーフターム(毎学期1回ある1週間の中休み)だったロンドンです。


最近お天気の良い本当に気持ちのよい日が続いていたロンドン(今日は朝からずーっと霧だけど・・・)。ちょっと寒いけれどお散歩には最適。チュニとズックを連れて、ノッティングヒルまでブラブラお散歩にでかけた我々


※赤ちゃんのオムツしてるお尻ってかわいいよね~♪


さてさて、いつものごとく、お腹が減った我々。手作りハンバーガーがおいしいと噂の「gbk(gourmet burger kitchen)」に入ろうかと思ったけど激混み。ズックがいるのでテラス席じゃないとダメなんだけど、2席しかないし無理ね。。。

ポートベーロは混んでるから1本別の道に入ろう、ということで隣の道へ。ここにもたくさんレストランがあるんだけど、あれこれ吟味して決めたお店「Osteria Basilico」

ここが、もうめっちゃくちゃおいしかったのーーーー!!!


※ズックがいるの、見えるかしら?


アチコチ行ってるわけじゃないけど、ロンドンで食べたイタリアンの中でベスト
っていうか、ロンドンのイタリアンはパスタがぶよぶよだったり、外れることが多いからあんまり選ばないんだけど、ここは、もうメニュー全部食べてみたいっていうくらいおいしかった!

中はとっても混んでいたんだけど、我々はズック連れだったからお外のテラス席で。お店の位置が、日差しが差し込む側じゃなかったので寒くて辛かったけれど仕方なし。


さて、前菜は、イカとエビのクリスピー揚げ。エビが殻つきのままだったから歯に挟まって痛かった(笑)けど、イカが柔らかくて揚げ方が絶妙でしたわ。



そしてメインは、チキンとベーコン、キノコの煮込みと、バッファローのモツァレラとバジルのピザを。

いやぁ~、このチキン、もう最高っすばらしい味付けと、柔らかい柔らかいお肉。たまらん
ピザはものすご~く薄い生地に、バッファローのモツァレラが生でポコポコ置かれてるの。最初は「え?このメニュー失敗だったか・・・」と思ったけど、食べてみたら、このチーズのおいしさを味わうには生じゃないとダメなのね?って感じ。他で食べたものとは全然違ってた!ホロホロと崩れるくらい柔らかい!


※あまりにおいしそうで、写真撮るのも忘れて食べ始めちゃって、あわててパシャッ。汚くてスミマセン・・・。


う~~ん、とにかくどれもおいしかった ここは絶対また来る!!!
今回はパスタ食べなかったから、次回はパスタを食べるぞーー!あ、でもあのチキンもまた食べたい・・・。

この日は、これにドリンクも頼んで、£43くらい(サービス含まず)。つまり、1万円くらいですな。うん、日本に比べたら高いんだけどさ。でもおいしかったからいいのだ!ここはロンドンだし!!


ロンドンって、ちゃんと選んで、しかもこの位のお値段出せば、おいしいお店って実はたっくさんあるんだよねぇ~ってことが、2年暮らしてやっと最近分かってきた我々なのでした。



イタリアンはおすそわけ無理だよ~、ズック。


↓↓私って、こんなに食道楽だったんだなぁ・・・とロンドンに来て気が付いた私に応援クリックお願いします♪

今年は・・・?! 

今日はバレンタインデーでしたね。真っ赤なバラの花があちこちで売られていたロンドンです。こちらでは、男性から女性にバラをプレゼントするのが一般的なのです。


しかーし!去年も書いた通り、この手のイベントは一切関係ない我が家。


しかーし!しかーし!!今年はチュニが生まれたからか?!「ふたりのレディに♪」なーんつって、バラを買って帰ってきたオット。わーお、ともよ、ビックリ。お花のプレゼントなんて、結婚して初めてか、2回目くらいじゃない?!でもでも、こういうサプライズってやっぱり嬉しいねぇ



そういう私の方も、去年フォンダン・ショコラを作ってから、なんとなーく今年も作ろうかなぁという気になって、チョコレートケーキを焼いていたのでした。てへ♪

もともと私はお菓子を作るのが大好きだったんだけど、結婚してからというもの、ケーキを丸ごと焼いてもふたりじゃ食べきれないし、仕事も忙しかったから全然作ってなかったんだよね。それが、イギリスに来てからはだったのもあって、お菓子作りを再開していた私。


※赤ちゃんがいても作れる超・簡単お菓子シリーズ、その1「マドレーヌ」


だけど、私が作るケーキを「おいしい!おいしい!」と言って食べてくれていたこの方達が日本に帰ってしまい、さらにチュニが生まれてからは、お菓子を作る時間なんて全然なくなっちゃっていた。たまーにチュニがぐっすりお昼寝してくれた時なんかに、気分転換のために、ホントに簡単なものを作るくらい。


※赤ちゃんがいても作れる超・簡単お菓子シリーズ、その2「ショートブレッド」


だけど、今日はバレンタインだし、久しぶりにホールのケーキを焼いてみた。もちろん、チュニがいるから、そんなに手がかかるものではなくて簡単レシピのだけどね。

カカオ70%のチョコレートをたっぷり使い、大好きなダブルクリームの7分立てを添えて。自画自賛になっちゃうけど、これがすっごくおいしかったー!チョコレートが濃厚で最っ高


※今回作ったチョコレートケーキのレシピはこちら→レシピ 大きなありがとうショコラ by やもとしょう


私が今はまってるTV番組「MasterChef」のマネをしながら、オットとふたりで食べました。また明日も食べるのが楽しみ


と、結婚10年にして初めてバレンタインデーらしい日を過ごした私なのでした。みなさまのバレンタインはいかがでした??



↓やっぱりイギリスの生クリームって、すっごくおいしい!と思う私に応援クリックお願いします♪

小さな小さな村-Winchelsea- 

うーん、今年は本当に暖冬で、しかもイギリスの冬らしからぬ気持ちのよいお天気が続いているロンドンです。毎日のようにまるで夏みたいな青空で、ス・テ・ピ


さてさて、Ryeを訪れた後に我々が向かったのは、Winchelseaという小さな小さな村。

村に入るには、こんな石でできた門をくぐります。きっとかなり古い時代のものだと思われるこの門、なかなか良くない?に見えているおうちもレンガ造りでかわいいし。



そして、この門のすぐ脇に、広大な景色を望めるちょっとしたスペースがあって、ここからの景色が本当に素晴らしかった!まさに、イギリスの田舎の風景。とっても美しいと思いませんか?



村の中心には教会があります。これは教会の裏。小さな墓地の周りは、壊れた壁の残骸みたいな石が。これまた、なかなかオツな雰囲気を醸し出していました。



・・・と、この村はこれだけ。特別な見どころがあるわけじゃないから、ほんの10分くらいの滞在だけど、あの田園風景を見るだけでも価値があるんじゃないかな~?Ryeから車で15分くらいだし、Ryeに行くなら、ついでに訪れてみることをオススメしちゃいます。



ロンドンに帰ってきたのは夕暮れ時。この日も本当にお天気が良かったので、とっても美しい夕焼けに巡り合えました

各地での滞在時間よりも車中にいた方が長かったけど(笑)、なかなか良い遠足になったのでした。



ねー♪


またまたお留守番だと思ったでしょー?お外でのお散歩時間は短かったけど、おうちでお留守番してるよりも嬉しかったに違いないズックに応援クリックお願いします♪

中世の面影が残る街-Rye- 

がーん!歯の詰め物が取れてしまったー!! だけど、簡単に歯医者なんかには行けないロンドンです。仕方ないので、瞬間接着剤で応急処置してしまいました(良い子はマネしないでね)。

ナゼ簡単に歯医者に行けないかと言うと、イギリスでは、ふつうの病院と同じく、NHSという無料の歯医者があるのだけど、その数がすごく少なくて、新規の登録は受け付けてくれない状態だから。登録しないとモチロン診てもらえない。だから、「新しくNHSの歯医者が開業する」となると、みんな徹夜で登録に並ぶらしい。。。

なので、イギリスの多くが歯医者に行かずにガマンするか、べらぼうに高いプライベートの歯医者に行くしかないんだって。こんな状態なので、モチロン私はNHS歯医者への登録なんぞできるはずもなく、また、詰め物が取れたくらいでプライベートの歯医者へ行くのもねぇ・・・というわけなのでした。


そんな私の歯のことは置いといて、先日、お天気も良かったので、ドーバー海峡から程近い場所にある「Rye(ライ)」という街に遊びに行ってきました。ロンドンからは車で2時間ちょっと。


※このかわいい建物は帽子屋さん♪


ここ、イギリスで最もキュートな街のひとつ、と言われてるらしく、中世の建物がそのまま残っていて、確かにかわいかったです♪ ここは陶器が特産物(?)みたいで、個人宅の表札がこんな風に陶器のお皿で出来てて、これも見どころのひとつかな。



本当はこの街で一番古いティールームで、クリームティー(スコーン&紅茶のセット)を食べたかったんだけど、日曜日だったのでお休み・・・。 ということで、行き当たりばったりで入った、ちょっとおしゃれな雰囲気のガストロパブへ。ここのトイレ、流れも良かったし(笑)、すごく素敵だった~



スコーンから一転して、私はステーキ・チャバタ(サンドイッチ)、ホースラディッシュソース添えを注文!ホースラディッシュ大好きだし、中身のステーキもピンクで焼き加減バッチリ。おいしかったぁ~♪店員さんもすっごく感じが良くて、このお店かなり当たりだった!


※サンドイッチは確か£9.5(約2000円)くらい。日本じゃサンドイッチに2000円って有り得ないよね?!


街の中心にあるこの教会の塔に登ると街が見渡せて、かなり良いらしいんだけど、チュニを抱っこして登るのは危ないのでやめました。ちょっと残念。



観光客に大人気だった小さなキャンディー屋さんのディスプレー。色とりどりのキャンディーやチョコレートがケースに入ってて、かわいかったな。



とっても小さな街(というか村?)なので、2時間くらいいれば十分かな~?わざわざここまで行くのなら、すぐ近くにあるヘイスティングスも行った方がいいかも。私達はヘイスティングスは行かなかったんだけど、もう一箇所、ちょっとした場所を訪れました。そこについてはまた次回!



↓↓今回はズック、最後の写真にさえも登場せず?!と思ってくれたアナタ!ありがとうっ最近、めっきり出番の少なくなっちゃったズックに応援クリックお願いします♪

予防接種-2回目 

最近は天気予報が外れてばっかりのロンドンです。今日も一日中雨って言う予報だったのに、結構晴れ間もあったよ。ま、晴れは嬉しいからいいけど♪


先日、生後3ヶ月で受けることになっている2回目の予防接種に行ってきました。

GP(ファミリードクター)の受付でスクリーンにタッチすると、前回と違って、今回はしっかり登録も完了していて予約もバッチリ取れていました♪そしてすぐに呼ばれて予防接種。前回と同じナースさん。


※すっかり日が延びたロンドン。これ、17:30頃の写真です。ちょっと前まで16時で真っ暗だったのに~。


いろいろお話してたら、なんと彼女は日本で仕事をしてたことがあるとか。長崎に3ヶ月くらいいたんだって。「いつも迷子になってばかりだったけど楽しかった」って言ってました(笑)。

そうそう、日本って道に名前が付いてないからね・・・。ほとんどの国では、「Oxford Street」みたいな感じでどんなに小さな道でも名前がついてるけど、日本って大きな道以外、名前ついてないもんね~。よく考えると不親切かも。


※ロンドンの地下鉄。TUBE(チューブ)の愛称通り、丸いトンネル状になっています。


とにかく、今回も前回と同じように両太ももに1本ずつ、ブスッブスッと刺されました。


でも!!!


右側の太ももに刺した時に、注射器の液が入ってる部分がポンッと飛んで、液がナースと私にかかった!


えーーー!ちょ、ちょっとーーー!


「こんなこと初めてよ、ごめんなさい。薬液が全部入ってないから、もう一本打ちましょう」って言われたので、「大丈夫なの?」って聞いたら、「多すぎるといけないから、念のため半分くらいにしましょう」ってことでもう一度打たれました。もちろん、チュニはずっとギャン泣き・・・

「んもーぅ、気をつけてよーーー!!チュニに影響ないんでしょうねー?!」と、心の中で 文句を言っておきました(小心者なので)。ナースをなぐりたくなったよ!この人、この前もすごい雑だったんだよねぇ。ったく!!別の人だけど、BCGの時もうまく刺してもらえなかったし・・・。うぅぅ、かわいそうなチュニ。。。


※テムズ川沿いの、古いけど美しいマンション。イギリスらしい建物♪


おうちに帰ってから、チュニはかなりぐっすり眠りました。もしかしたらお薬の影響かも・・・。でも熱も出なかったし、次の日からは元に戻ったので、たぶん大丈夫でしょう。ふぅ。


さて、今回の予防接種は、

・Diphtheria<ジフテリア>
・tetanus<破傷風>
・pertussis(whooping cough)<百日咳>
・polio<ポリオ>
・Haemophilus influenzae type b(Hib)<インフルエンザ棹菌B>
・Meningitis C(meningococcal group C)<C型髄膜炎>

でした。

上から5つまでは、5種混合なので前回と同じ。この5種混合液、前回とは違う側の太ももに注射されました。フム。

一度にたくさん接種されて、しかも失敗されたりするけど、病気の予防のためだもん、チュニ、あと1回がんばろうねー♪




そう、ズックは注射ぜーんぜん平気なんだよね~。エライねぇ~!!


↓↓そういえば、もうすぐズックも年に一度の予防接種だわ、と思い出した私に応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。