スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアナ妃の愛したケンジントンガーデン 

最近暑かったので、夜、窓を開けて寝ていたら風邪をひいてしまったともよです。うー喉が痛い。。。でも、マスクをした私の顔を見て「キャハハハ!」と笑うチュニがかわいい。ちゃーんと、「いつもと違う!変な顔!」って分かってるんだなぁ。

まだしつこくロンドンの記事を・・・。

私の大好きなロンドンの公園のひとつ、それがKensington Gardenです。ここは、ダイアナ妃も愛した公園で、ダイアナ妃が亡くなった時に、Kensington Palaceの門の前にものすごい量の花束が手向けられた場所でもあります。


※この門の前が花束で埋め尽くされたそう。


ロンドンにいた時、気持ちの良いお天気の休日になると、よく出かけていたこの公園。日本への帰国が迫る中、最後にもう一度行こう!と行ってきました。

いつもの通り、行く前に腹ごしらえ、ということで寄ったのはBayswaterにあるFour Seasons。ここはご飯の上に乗せた北京ダックが有名みたいだけど、どう間違ったか、アヒルではなくチキンを頼んでしまった我々・・・アハアハ。他のメニューは、豚の炒め物とシーフード焼きそば。この日は焼きそばが一番おいしかった!でもやっぱり私にとって、ロンドンでのベスト中華はJoy King Lauだわ♪


※チキンご飯、食べかけでスミマセン・・・。


そして向かったKensington Garden。この日は、寒かったけれどお天気が良かったので、たくさんの人出。ワンコもたくさんいました。




ここはとても広くて、池もあって、お天気が良い暖かい日に芝生の上でゴロゴロするのが最高の場所!いつもそんな風に過ごしていたんだけど、今日、私がどうしても行きたかったのは、オランジュリーカフェ。帰国前に、ここで大好きなスコーンを食べてみたかったの。




店内はその昔、オレンジの温室だったというだけあってとても明るい!小さなオレンジの木がすべてのテーブルに置いてあります。入り口すぐのところに、こんな風にスコーンやクッキー、ケーキなどが飾られてかわいらしいの!これだけで「わー」なんて思っちゃいます。



実は、ここのスコーンは、パンのようなフワッとしたレーズンが入ったタイプで、私の好きなタイプじゃなかったのが残念でした。でも安かったし(確か紅茶セットで12ポンドくらい??違ったっけ?)、もちろんバギーも全然平気だし、とにかく雰囲気が良かったので行ってよかったわ!



公園でちょっと疲れた時や、「寒い!」なんて時にお茶するのに最高の場所かも。ともよ、オススメの場所ざます☆




あれ?!ズック~、いつもの最後のコメント、リスに乗っ取られちゃったよ!!


↓↓あ~あ、ロンドンの公園に、ズックと一緒にチュニも連れて行ってあげたかったなぁ・・・とちょっと残念な私に応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト

生後6ヶ月~7ヶ月 

買わなくちゃいけない家具がまだあるんだけど、ちょっと疲れて中だるみしていたら、人が来る予定が続々入ってきてしまって、かなり焦ってきたともよです。まだダンボール片付いてないよ、どうしよ・・・

引越しでバタバタしていて生後6ヶ月の時に更新できなかったので、7ヶ月とまとめて書いちゃおうと思います。

3ヶ月の時と同じく、なんだか節目の気がする生後6ヶ月。いよいよ待ちに待った離乳食を始めました!イギリスでもらった母乳育児のパンフレットに書いてあった「できれば、少なくとも6ヶ月は母乳を与えるべし(母乳のみでよし)!」というガイドの通り、この半年、ほぼ母乳しか与えてこなかった私。



たまにミルクはあげてたけど、果汁や麦茶なども一切あげてこなかったから、いきなり「すりつぶした10倍がゆ」なんて食べてくれるかな~?と心配だったけど、しっかり6ヶ月待ったせいか、初めての一口もパクッと食べてくれました!

そのあとベーッと出すこともなく、ゴックン。おぉ!チュニ、お利口さーん♪

その後も少しずつ食材を増やしてるけど、今までベーッと吐き出されたことはありません。あ、麦茶だけはちょっと嫌がってるな。そんなチュニ、私と一緒で食べるのだーい好きになってくれそうな予感デス。



チュニが今まで食べた食材は・・・

・裏ごしした10倍がゆ(おかゆを裏ごしするのって超タイヘン!早く開放された~い
・にんじん
・さつまいも
・キャベツ
・じゃがいも
・かぼちゃ
・ブロッコリー
・パンがゆ
・だし(かつおと昆布)

そろそろたんぱく質の白身魚でもあげてみようかな~♪7ヶ月も過ぎたけど、まだあげてる食材も少ないから、もう少し1回食で行くつもり。2回食になったら品数増やさなくちゃいけないし、離乳食ってやっぱりタイヘンですな・・・。


※100円ショップで買ったミニすり鉢セット。これ、超~使えるっ!オススメ!


■最近のチュニの様子・・・

・だいぶ、ひとりでお座りできるようになりました!まだグラグラするけどね。

・しっかり支えてあげれば、ほんのちょ~っとだけつかまり立ちできる!

・でも、寝返りはまだダメ。チュニはうつぶせが嫌いで、うつぶせ状態になるだけで泣いちゃうので、このまま寝返りしないかもな~。

・「キィィィエ~~ッ!」と奇声をあげる。ずっと控えめな声だったんだけど、最近は結構大きな声で言うように。。。

・寝てる途中で起きちゃった時に、近くにおしゃぶりが落ちてると、自分でサッと口にはめてチュッチュッしながらまた眠りに落ちてくれる。

・上向きじゃなくて、横向きで寝ることが多くなってきた。オ、オトナっぽい。。。サミシ。。。



・千切り名人。紙をくしゃくしゃにして、ビリッビリッと千切るのが大好き。すごい上手に千切る、千切る!でも口にも入れちゃうから目が離せないのよねぇ。

・滝のように流れるヨダレ!!

・すんごいつかむ!私もオットも、あちこち傷だらけ。痛い・・・。

・お風呂だーい好き。最近は、水面をバシャッバシャッと叩くのがお気に入り。

・実は、ちょっと痩せちゃったような・・・?!もともとお痩せなのに、ここのところしばらく体重が増えてなくて、とっても心配デス。。。

・ズックのことが大好き!ズックを見ると大興奮。


どんどんいろんなことが分かってきてるみたいで、この成長ぶりはすごいです。もうすぐ「赤ちゃん」じゃなくなっちゃうなぁ・・・。サミシイよーぅ。ちょっとだけでいいから、生まれたてのチュニに戻ってくれないかなぁ。新生児のチュニを抱っこしたいなぁ♪



そ、それはちょっと・・・


↓↓お座りもできるようになってきたし、ベビーサイン始めてみたいなーっと思っている私にに応援クリックお願いします♪

石があるだけ・・・ストーンヘンジ 

日本に帰国して早2ヶ月。なのに、いまだにイギリスにいた時の記事を書き続けるともよです。いいじゃーん、書きたいんだもーん。


これは、最後の遠出となった時のこと。毎週末になると出かけていた我々だけど、まだ幼いチュニがいるので、ロンドンから車で片道2時間以内が行ける範囲。この範囲内で、そろそろ行きたいトコロもなくなってきた。で、最後に行ったのがストーンヘンジ。

あまりにも有名だけど、行った人に聞くと「特に面白くないよ。」って言葉ばかりが返ってくるので、オットはかなり二の足を踏んでいたこの場所。だけど、せっかくイギリスにいるんだし、他に行きたいところもないんだからいいじゃん!と説得して出かけました。



結果的に言うと、確かに「石がそこにあるだけ」だし、確かに「へー・・・」って感じではあったよ、ウン。。。でもでも!そろそろ着くよ~って頃に、丘の上から遠目に見えたストーンヘンジは、ちょっぴり感動的でもあったのでした。「あのストーンヘンジがそこに!」みたいな。ね?

思わず「おぉぉー!」なんて声だしちゃったもん。でも、近くにいってみたら「へー」だったんだけど(笑)。

なぜこの石がここに置かれたのか、とか、この石はなんと呼ばれてて・・・なんて説明を聞くことができるイヤホンガイドも借りたけど、説明があまりにつまらなくて全然聞いてなかったので(笑)、理由はわからずじまい。でも、「何かの目印だったんじゃないのかねぇ?」というのが、我々の勝手な予想デス。



本当は「ズックとストーンヘンジ」という写真を撮りたかったのに、やはり腐っても(失礼!)世界遺産。犬の入場は禁止。残念。。。

だけど、ストーンヘンジの囲いの外はだだーっと牧草地が広がっているので、ワンコ連れの人はいっぱい!我々も、ストーンヘンジの見学を終えてから、ズックに牧草地を思いっきり走らせてあげました。



その後に向かったのは、ストーンヘンジから程近い場所にあるSalisbury(ソールズベリー)。ストーンヘンジだけだと物足りなかったので寄ったんだけど、素晴らしい教会・ソールズベリー大聖堂のある、こじんまりしたなかなか良い街でございました。


※街から大聖堂への通路には、紋章のついた古い古い門がありました。


ビックリしたのはここの物価の安さ。Pubでのランチがめちゃ安かったー!確か£5~6(1000円くらい)だったと思う。いや、日本にいる今、1000円のランチって全然ふつうなんだけど、イギリスでは「やっしー!」とオットと叫んでしまったくらい。味はあんまりおいしくなかったのが残念だったけど(笑)。


※壮大なソールズベリー大聖堂。近くで見ると圧巻!


・・・と、最後の割にはあっけない遠出だったけれど、一応「行った」という証にはなったかな~と、自分を納得させる私なのでした。




↓↓あぁぁ、こうやってイギリスの建物や風景の写真を見返すと、やっぱり私ってなんだかんだ言ってイギリスが好きだったんだなぁ・・と感慨にふけってしまう私に応援クリックお願いします♪

靴の聖地・Northampton 

この前、東京地方であった震度3くらいの地震。しばらく地震のない国・イギリスで生活していたから、ものすっごーーーく怖く感じたともよです。はぁ~~、こわかった。。。

ものすごい量のダンボールがやっと片付きつつある今日この頃。やっぱり乳飲み子を抱えてのお引越しは大変ですな。。。それはさておき、気づけば随分と更新してなかったこのブログ。こっそりと(?)再開して、たまりまくったネタをどんどん書いていかないと!


イングランド中部にあるNorthamptonは、超老舗の靴屋さん工場が集まる地方都市。靴好きにはたまらない場所だそうで、その道では、Asakusa Cobblerさん曰く「靴の聖地」と言われているらしい!

そんな場所に、「日本に帰る前に買って帰りたい!」というオットと共に、チュニも連れて行ってまいりました。ロンドンからは車で2時間ちょっとだったかな?(すでに記憶が定かでない・・・

まず最初に向かったのは、みんなの憧れ(?!)、JOHN LOBB



頑丈そうなドアの横にあるベルを鳴らして、「靴買いたいんですけどー」と言って入れてもらう。ここのファクトリーショップはとっても狭い。この時は平日だったので、我々以外にはお客さんは誰もいなかったけれど、土日ともなると日本人がわんさかいるらしい。。。こちらの靴、日本だとめちゃめちゃ高いらしいですな。イギリスでもじゅうぶん高いんだけど、日本だとその倍くらいするんだとか。

思ったよりも売っている靴の種類が少なく、気に入ったのは自分のサイズがないながらも、なんとか一足ご購入したオット。「履いた感じが全然違う!」とのことでした。よかったね~。大事に履いてくだされ。



次に向かったのは、CROCKET&JONES。しかーし!ここのファクトリーショップは、土曜日の午前中しか一般開放していないらしくあえなく玉砕。残念。。。


最後に向かったのは、Tricker's。ここが一番わかりにくかったー。TomTom(カーナビ)があったにも関わらず、何度も同じような場所をグルグルしてしまった。駐車場は裏口なんだけど、これまた迷ったし



ここのショップは工場のすぐ隣にあって、ガラス張りになっているので、靴を作っている様子を見ることが出来て面白かった。

そして置いてある電話をかけて営業マン(?)を呼び出すと、すっごい話好きのおじちゃんが現れる。靴に関してのウンチクとか、靴とは関係ない話とか、もうとにかく延々と話してくれて、我々も時間があったので、あれこれ質問したりして、かなり長い時間話に花を咲かせてしまった。



嬉しかったのは、ここには女性用の靴も結構あったこと!ブーツがかわいくて、私もつい一足欲しくなって、買うことに。何足か試し履きした後、おじちゃんに「これに決めた。」って言ったら、「一足でいいの?本当に、本当~~~にいいの?」っていうもんだから(笑)、気になっていたロングブーツもサイズを出してもらって、思い切って2足買うことに!!だって、日本だったら3倍以上するよっておじちゃんが言うんだもん。。。

で、「こっちのロングブーツはいくらなの?」って言ったところ、、、

おじちゃん「2足買うんだね?」

私「うん。2足買っちゃう!」

おじちゃん「じゃぁ、旦那さんは、1足でこの値段。だけど(女性の)アナタには2足で同じ値段ではどうだい?」

って!!!



つまり、私の分、1足タダにしてくれたみたいなもの!

思わず、「キャ~♪」と言っておじちゃんに抱きついてほっぺにチュッしてあげました。今考えたら、ヨドバシの店員のおじちゃんに、まとめ買いで安くしてもらって、チュッするみたいなもんだよね。日本じゃゼッタイにありえないけどさ(笑)。

ということで、楽しい楽しい靴屋めぐりを終え、ほくほく顔で帰途に着いたのでした。


・・・しかし、この時はまだ、帰りの高速で、もんのすごい渋滞にはまり、「やばい、やばい、最終手段はチュニのオムツを使うしか手はない・・・」という程トイレに行きたくなるだなんて、予想だにしない私なのでした。トホホ。。。



そう、なんとか高速を途中で降りて、PUBに駆け込んで間に合ったのでした!


↓↓いや~、オムツ使わずに済んで、ホンットに良かった・・・そんな私に応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。