スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なスコットランド 

ヨーロッパでは、1月7日がクリスマスツリーを片付ける日なのに、近くのモールではいまだに飾られていたロンドンです。

カトリックでは、1月6日が公現祭と呼ばれて、この日までがクリスマスのお祝いとされていて、12月25日同様、1月6日もお祝いするらしい。

でも、イギリスでは1月6日のお祝いはなくて、いまでは単に、

「ツリーを1月7日までに片付けないと、BAD LUCKなんだよ」

と、上のイギリス人INDIは言っていた。

現に、お正月にもBBCニュースキャスターの後ろにはまだツリーが飾ってあったし、1月7日は、道端に、モミの木がガンガン捨てられてた。
(※こっちの人は、毎年本物のモミの木を飾る)

毎年木を切り倒しては道端に捨てる・・・。

※1月3日に行ったデパート「JENNERS」にも、
まだまだツリーが綺麗に・・・。

さすが、イギリス

相変わらず環境に優しいことが苦手な国だぜ。。。(-_-;)


あ、道端の捨て木は、ちゃんと清掃の人が片付けてくれるのでご安心を。


前置きがかなり長くなったけど、スコットランドで驚いたのはこの前も書いた、「紙幣が違う」ことの他にもある。


(1)訛りがすっごい!


※エディンバラの象徴スコッツモニュメント。
後ろにある移動遊園地が景観を損ねてサイアク!
いや~、何言ってるかわかんなかった。ホントにそれ英語?と聞きたくなっちゃうくらい。

以前、フリーペーパーのコラムの「イギリスで驚いたことは?」の欄に、

「イギリスに30年も住んでるのに、いまだに全く理解できない英語(の訛り)を話す人がいること」

と書いてあったのもうなずける。


日本で言えば、かなりキツイ東北弁とか、沖縄の言葉みたいな感じ??


(2)水が黄色い!
これ、、、エディンバラだけ・・・なの・・・?

トイレの流れる水はもちろん、ふつうの洗面所から出てくる水も黄色かった。

そして、ホテルで久々にお風呂(シャワーでなく)に入ろうと、バスタブにお湯をためていたら、何も入れてないのに黄色いお湯だった。。。

※泊まったロイヤルテラスホテル。別にふつうでしょ?

ちょっと微妙な気分で入ったお風呂でした。

別に、匂いがあるわけではないし、汚れているのではなさそう・・・。私たちが泊まったホテルだけ?とも思ったけど、エディンバラの有名デパート「JENNERS(ジェナーズ)」のおトイレでも黄色かったし。

あれは、なんだったんだろう・・・。


でもでも。

タータンチェックも、イギリスのお菓子として有名なショートブレッドも、ゴム引きコートで有名なマッキントッシュも、長靴で有名なハンターも、ぜーんぶぜーんぶ、スコットランド製。

お札が違うからって、訛りが強いからって、お水が黄色いからって、、、

スコットランド、侮るべからず。


「すこっとらんどってふしぎなくにだね」

そうそう!そうなのよー、ズック。もうね、あそこは別の国だよね。



↑↑不思議なスコットランドにますます興味が沸いても、全く興味がなくてもクリック♪

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。サーフィンしてたどいりつきました。素敵な写真ですね。イギリスの訛りはきつーって感じです。ブログリンクさせてくださいませ。よかったら私のブログ遊びに来てください。(しょうもないブログですが)では~。

Melさん

はじめまして!いらっしゃいませー。

Melさんも英国住まいなのですね。(早速遊びに行かせてもらいました!)
イギリスの食べ物、私もまだまだ未開拓な部分が多いので、ぜひ参考にさせてもらいま~す♪

最近は、イギリス人と同じようにしゃべれるようになることは諦めてる私です・・・(笑)。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/127-5a6062c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。