スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリア&アルバート博物館は何の博物館? 

今日からオットが日本出張のため、土曜日にお土産などをお買い物してたら、なぜか自分達のものばかり買ってしまったロンドンです。

しかも。

全く私たちの人生には一切関係あるはずもない、中田ヒデ元サッカー選手のおかげで、楽しくてオトクでセレブ(?)なことまで起こってしまいました。ここに何か書いて、万が一、ご迷惑がかかるといけないので控えますが・・・中田ヒデ元サッカー選手、ありがとうございました!(絶対にここを見てない自信があるけど、一応言っておきたかったの。)


渡英してもう間もなく1年も経とうというのに、いまだに一度も行ったことのなかった「ヴィクトリア&アルバート(V&A)博物館」。

SOUTH KENSINGTONにあるこの博物館は、2回訪れてる自然史博物館の隣にございます。個人的には自然史博物館の建物がとっても好きだけど、こちらの建物の入り口もなかなかのもんです。


※真ん中の人は誰だ・・・?


この物価の高い高いロンドンには珍しいことだけど、ロンドンでは博物館・美術館は、ほとんどが無料。いえい。

しかしどの博物館もとにかく広い!!自分の見たいものを事前に決めて、絞って行かないと、ただ疲れるだけとなってしまう恐れアリ。

今回のお目当ては、JAPAN館(オット希望)、ファッション館、陶磁器館、デザイン館。

JAPAN館は、最初、あまり面白くない壺とか置物ばかりだったんだけど、奥に行くと、たっくさんの印籠と印籠を着物に結びつける根付(ねつけ)が飾ってある。

私、根付って初めて知りましたわ。かぼちゃ、蛸壺、あくびするおじさん、など面白い彫刻の根付がたくさん。もちろん、奥には鎧兜や日本刀なども展示。


そして、ファッション館。昔のイギリスのドレスもなかなか楽しいけど、今、期間限定で60'sのお洋服を展示している。

これが、かわいいのよ!「奥様は魔女」のサマンサが着ていたようなミニワンピースがたっくさん飾られていた。あーん、かわいい!欲しい~。私、「奥様は魔女」大好きだったの~。ティキティキティン♪

そして、上の階へ。残念ながら、陶磁器は見られなかったけど、インテリア館っぽいところはちょこっとあった。こちらもなかなかでした。


そして、歩いてる途中に出会った、ものすごい部屋・・・。

こ、ここは?!

ビックリするような大きな柱とか、教会の入り口みたいな扉とか、もんのすごい大きさのミケランジェロのダビデ像まで?!

「ちょっと、ちょっと、さすがに柱とか盗んでくるのは止めようよ~

と、さんざん二人で呆れていたのだけど、実はこれは全部レプリカなんだって!
後で、ガイドブックで知りました。。。そりゃそうだ、アハアハ。

全部、実物大に作られたレプリカだそうで・・・。


しかし、ダビデ像って、こんなに大きかったんだ!!


とにかくいろんなものがあるこの博物館、なかなか楽しめます!ロンドンに住んでて一度も行ったことない方や、旅行でロンドンを訪れる方には、大英博物館よりも、むしろこちらをオススメしちゃいたい。


・・・しかし、この博物館は、昔のものから現代のものまで何でもあるな。

誰かに「何の博物館なの?」と聞かれたら、なんて答えたらいいんだろう・・・?


「なんでもはくぶつかん」

う、うん・・・




↑↑そのまんまじゃんっ!とズックにクリックで突っ込んでやってください
スポンサーサイト

コメント

博物館や美術館が無料って羨ましいですね
日本もこういうとこに税金を使って欲しいわね
それにしても日本でも珍しい根付などが展示されてるなんてちょっと驚きです。

歯ですがシンバもバニにも全部揃ってます。
ノノは口内腫瘍を摘出した時に
3本一緒に抜かれました。
改めてみんなの歯を点検!!
歯磨きして上げなくちゃ・・歯石が(-_-;)

イギリスに来てから、逆に日本のことを勉強する機会も多くて、今まで、自分は日本のことを何も知らなかったのかも・・・なんて思ってます!

歯石、どうしても着いちゃいますよね~~。ズックも根元が黒っぽいです(>_<)
しかも、歯の内側は嫌がって、思うように磨けないし。。。でも、ズックのためにがんばりまっす!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/130-8c15a320

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。