スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産体験記~産後入院編(2)~  

今日、チュニがすごーくよく眠ってたので、ほんの10分だけ、チュニを置いてズックのお散歩に出かけちゃった!
でも本当は「12歳以下の子どもをひとりっきりにするのは違法」なので、見つかったら罰せられちゃうロンドン(ていうかイギリス)です。てへ♪ 超特急で帰ってきたけど、チュニはぐっすり眠っててくれました!


さて、入院翌日からは午前中に、たくさんのフリーギフトを配る人や、写真を撮る人(もちろん有料なので断る!)、母乳育児支援の人や(マッサージしてもらったけど全然痛くない!)、チュニの聴覚を調べる人などが、入れ替わり立ち代り来る。聴覚は、赤ちゃんが寝てる時じゃないと出来ないらしく、その時泣いていたチュニはまた翌日に回されちゃいましたが。(結果はちゃんと聞こえていて異常なし!)

その間に、ご飯や、1日3回ご飯の合間のお茶や、Midwifeが私の血圧および体温を測ったり、赤ちゃんの体温を測ったり、と意外とあわただしく1日が過ぎていきます。


※相変わらずまずそうな見かけの食事(笑)。でも見た目よりおいしいよ!特にスープ。


私の場合は難産だったため、体の回復が遅かったのと、チュニにも相当のストレスがかかっていたため、小児科医がもう少し様子を見たいということで、結局、3泊4日もしちゃいました。

ふつうイギリスでは入院は1泊か2泊で、最初から同じ病室にいた人たちはモチロン、後から来たみんなもドンドン先に退院していきました。私が最長老になってた(笑)。でも、体が全然言うことを利かなかったので、3泊できて良かったけど。


この3泊4日の間、小児科医の先生がチュニの様子をしっかりチェックしてくれたり、「ちょっと黄疸が出てるみたい」といって血液検査をしてくれました(結果は正常!)。


※病院のコットで眠る、生後2日のチュニ。手がかわい~♪


私の体の方も、Midwifeやお医者さんが回って来て、傷の具合をチェックしてくれたり、麻酔医も来て、Epidural(無痛用の麻酔)の効き方や、その後の私の状態などを聞いてくれたり、私の出産したSt.Mary's Hospitalの産後ケアはしっかりしている、という印象です。


そして、傷の具合を見せる際に、股のところがマジックテープでバリッと剥がせる「産褥ショーツ」(モチロン日本産!)を履いていたんだけど、助産師さんもお医者さんも、このパンツを見る人みーんなが

「なんて賢い商品なの!他の人に見せたら羨ましがるから内緒にしなさいね」

なーんて、感心してました(笑)。イギリスには産褥ショーツないんだよね~。こういう便利商品は、さすが日本!こちらで産む人にも断然オススメの一品です!


退院する日、赤ちゃんの沐浴の仕方を教えてくれ、持って帰るBirth Certificate(出生証明書)取得用の登録書類やパンフレットなどなどを用意してくれ、お薬をくれて(貧血がひどかったための鉄剤と鎮痛剤を処方された)、晴れて退院!!


※こっちの沐浴のさせ方って日本と全く違うの!まずはこうやって体にタオルを巻いて小脇に抱え頭を洗う!


この日、たまたま私の出産に立ち会ってくれたMidwifeのELISAが産後科にいたので、帰る時に、「あなたじゃなかったら、私、産めてなかったと思う。ありがとう!」と告げ、抱き合って別れました。ELISA、本当にありがとう!!


ということで、この後、感染症にかかってすぐに病院に逆戻りする羽目になるんだけど、そして、もしかしたら院内感染だったかもしれないけど、、、まぁ、それでもやっぱりこの病院で産んで良かったな・・・と思います。

私には無痛しか有り得なかったから無痛を選択できたのもよかったし、トラブルの際のスタッフ達の対応も素早くてよかったし、7割のMidwifeはすごーく良い人たちだったし、お医者さんはみんな良い人だったし。他の病院は知らないけれど、うん、私は満足、だったな。


※病院のあるWestminsterのRegister Officeで登録(予約必要なし)してもらえる出生証明書(のカバー)。



↓↓退院した当日、日本から両親が来てくれて、持ってきてくれた円座には本当に助けられた私。またまた日本の便利グッズ最高!と思った私に応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト

コメント

沐浴の仕方、赤ちゃんを小脇にかかえるなんて、なんだか怖くてできませんよ~。ともよさんは毎日イギリス式で沐浴しているんですか?私は今日ようやくお風呂デビューさせましたよ~
産後も導尿したり再入院したりと大変な出産だったのに、良い助産師さんに会えて良かったですね☆

チュニちゃんかわいいo(゚∇゚*o)
手くんでるんですね~☆
あ~癒されるぅヾ( ´ー`)
産褥ショーツ、イギリスではないんですね!?
もしや円座も!?
お母様さすがですね!!
私も入院中、円座ないとだめで病院で借りました(*_*)
あの痛み…今となってはすっかり忘れちゃったなぁ(早っ!笑)

チュニちゃん、もう1ヶ月になるんですねi-237早いなぁ…
イギリスって12歳以下の子供を1人にしちゃいけないんだ!?
日本では考えられない厳しさですね…
でもズックくんも、ママとの散歩喜んでたでしょうねi-176

可愛い~♪

手を組んでるチュニちゃん可愛い~♪
まるで天使ですね~☆
産褥ショーツ、私は無かったから
アメリカの病院で支給される
ペロペロでどこまででも伸びそうな
デカパンを履いてました(笑)

いろいろ大変でしたけど信頼出来るドクターやスタッフに囲まれて、結果良かったですね。
やっぱりこう言う時は技術も大切だけど心から頼れる人が大事ですもんねー♪

チュニちゃん、おてて組んで、何かお願い事してるみたい!!何お願いしてたのかなぁ?

病院での忙しさはどこも同じね!
入院したての日は検査のために人がきたとき以外は爆睡してました。
あの状態を考えても、1日2日で退院する人がいるなんて信じられない!!

沐浴は入院中は助産婦さんと一緒にやらないで退院する時に教えてもらうの?
このやり方は、実践してるところを見ててもらわないと怖~い・・・

ところで、いくら新生児といえども10分でも一人にしておかない方が良いと思うよ。
その間に誘拐・・・ってことだってありえるんだし。
外国では用心に越したことはないと思うよ!
フランスでもかなり大きくなるまで(何歳か忘れたけど)は一人にしたらいけないんだよ。
学校も送り迎えが必ず必要だし、お留守番も一人では×。
事故・怪我も危ないけど、誘拐もあるからね。
用心しましょ!!

チュニちゃん祈ってるみたい。
イギリスだからプロテスタントかな?すっごいその写真かわいい~~♪

改めて大変な出産に将来が不安になりまくりました。1ヶ月たって少しは落ち着いたみたいだけど、油断は禁物。次に何も起こらなければいいけど…。
日本はやはり便利ですよ~。一時帰国するの首をなが~~くして待ってますね!!

>まなっちさん♪

いやいや、私は日本式ですよ~!日本式でも毎回、グラグラの首を支えながら洗うのって大変ですよね・・・。
お風呂デビューって、一緒のお風呂ですか?日本のお風呂v-78、恋し~い!!




>anjuさん♪

この手を組むの、生まれてすぐはしょっちゅうやってて癒されてたのに、最近はスッカリやらなくなっちゃいました。残念i-241
産褥ショーツも円座もありませんよ~。あの痛み・・・私はまだまだしばらく忘れられそうにありません!!i-240




>りーにゃん☆さん♪

そうなんですよ~、12歳以下の子どもだけを置いていっちゃいけないの。12歳と8歳の兄弟をお留守番、とかもダメ!厳しいよねー!i-238




>oregon berryさん♪

最近はすっかり手を上にするポーズばかりで、手を組まなくなっちゃって寂しい限りです。。。
パンツ、病院で支給してくれるんですか!こっちは紙パンツを持って来いってリストに書いてありましたよ~。
ホント、難産の中で良いスタッフに恵まれたことだけは救いでした♪




>tacaちゃん♪

沐浴、一緒にやってなんかもらえなかったよ~。1回見せてもらうだけ!もちろんこの方法でなんか出来ないから、日本式でやってるけど、新生児をお風呂に入れるのって大変だよね。。。

そうそう、イギリスもかなり大きくなるまで送り迎えだよー。同じだね。
そうだよね・・・やっぱり用心しないとだよね・・・でもそうするとズックのお散歩にいけなーい!!i-240




>みももさん♪

日本からの初コメントねっ!!あ~日本羨ましい~~~。今、また日本帰りたい病に陥ってる私・・・。

出産だけど、私はすごく難産だったからね~。怖がらせちゃってゴメンね。でもみんな難産になるわけじゃないから、みももさんは超安産かもしれないからさ!!心配しすぎないで!

チュニちゃん、めっちゃ可愛いですー!!スヤスヤ~って声が聞こえてきそう♪こんなに可愛い顔を見ると本当に幸せな気分になりますね☆
産褥ショーツ実家に帰ったときに母親に渡されました。はじめ何だこのパンツ・・って思っちゃったけど持ってきて良かったです!母に感謝!
イギリスでは新生児を一人にするのって法律で禁止されてるんですね。。確かに危ないですもんね。しかもこんなに可愛いチュニちゃんだし・・
でもズック君も散歩に行きたいですもんねぇ・・・ここはお兄ちゃんが我慢?!

私はベビーチェアー?(赤ちゃんを半分寝かせた状態でお湯に浸けられる椅子)を使ってたよ。
だって、日本式に首を片手で支えてなんてしんどくて・・・

ズックのお散歩にチュニちゃんは連れていけないの?
寒いから?天気が悪いから?
外国の人って寒くても天気が良いとエスキモーみたいにモコモコにして完全防備して新生児の時からお散歩してない?
ママの気分転換も兼ねてちょっとの時間一緒に外の空気を吸いに行ってみたら?

>さっちんさん♪

いっぱい泣かれてイヤになっちゃう時もありますが、やっぱりかわいい寝顔とかたまに見せる笑顔を見ると、たまらなく幸せな気持ちになりますよ!さっちんさんも楽しみですね~♪



>tacaちゃん♪

そうそう、片手で首支えながら洗うの超大変なの~!最近チュニは暴れるから余計危なくて、チュニも大泣き・・・。私も支えるマットか椅子買おうっと!!

まだ一ヶ月ちょっとだし首も座ってないから、あんまり連れ回すのもなぁ~って思ってたんだけど、そうなんだよね~、こっちの人って新生児の頃からガンガン連れ出すよね~!たったの10分位だし、モチロンその方が安心だから、今度からチュニも一緒にお散歩にしようかな♪

ご無沙汰してます♪

チュニちゃんの寝てる写真、すごい可愛い~!
前で手を組んでる姿が天使みたいで
思わずうっとりと眺めてしまいました♪

ともよさん、出産本当に大変だったんだね~!
まだ未知の世界のことなので、
じっくりと読ませていただきました。
(腰が悪いのですでに出産に不安なワタクシなのですよ(笑)

私の周りでも出産時に死にそうになった人などがいて。(実際幽体離脱したらしい)
今思えば病院が悪かったらしい。(その病院訴訟問題が多すぎて閉鎖しちゃった)
先生も大事だけど、本当に病院って大事なのね。もう今から探そうかな?
(結婚が先だってば(笑)

この後も感染症で入院したんだよね。
続き、しかと読みます。
改めて本当にお疲れ様でした!

ズックちゃんは元気かな?

どんどんお元気になられてる様子、安心しました。フランス式の子育てにはホントびっくりしたり、感心したり日本からヒヤヒヤしておりました。
沐浴の様子なども写真で見て、なるほど・・(大きなバスタブにベビーバスを入れベビーチェアーに寝かして気持ち良さそうなナウたん)そしてその横にすぐ体を拭いたり着せたりできるスペース(大きなバスタブに乗っける形で)があって、日本より合理的?って感じでしたよ。少し大きくなっても一人で入れられますしね。
日本ではお宮参りを境にお出かけOK
って感じですが・・それも・・大胆!
でびっくりしましたが(だって生後帰宅してから赤ちゃんはお昼間はお出かけ着に靴をはいてネンネしていました)不思議なこと???

>カノンさん♪

いらっしゃ~い!カノンさん、とってもお忙しそう!体壊さないように気をつけてね!

そうなのよ~、私ったら、想定外の難産でしたの・・・v-406。でも、それでもなんとか回復したから大丈夫!人間って意外と丈夫なものなのね~(笑)。

ズックは元気よ!すっかりお兄たんぶりを発揮してくれてます!




>スキャットさん♪

ご心配おかけしました!私の体は、もう、だいぶいい感じです!

やっぱり日本とヨーロッパとでは、全てにおいて考え方が違いますよね~。こっちの人はホント大胆だし、母親が楽になることが第一って感じです。日本だと、母親は苦労して、無理して、ガマンして当たり前って感じですもんね。真逆です!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/243-5a547590

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。