スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問の街-オックスフォード- 

ポンドが、ものすごい勢いでガンガン下がっているイギリスです。

スーパーなんかではバターや牛乳などの値段が上がってるから景気はまだまだ良いはずなんだけど、これからバブルがはじけるのかしらね・・・。恐ろしいわ・・・。でも日本からの旅行者にとっては、助かりますな!


チュニも少しずつ生活リズムが出来てきて、それに私にそっくりでお出かけ好きらしく、お外に出ると大人しくなってくれるので、先日、ちょっぴり遠出に初挑戦してきました!

行った先は、ロンドンから車で1時間20分くらいのところにあるOxford



ここは、Cambridgeと並んで名門大学のあることで知られる街。私もオットも(もちろん、チュニも!)、初めて行きました。こじんまりしてるけれど、建物が古くてどっしりとしていて、とても素敵な街という印象。

車をストリート・パーキングに止めて(日曜日だったので無料でしたわ♪)、チュニをPramに入れて歩き始める私達。



ハイストリートを闊歩したんだけど、ロンドンにもあるお店たち、どこもかしこも空いてるぅ~~~!今、セール時期だから、ロンドンだとどのお店も人でいっぱいなのに、ここではお店に入ってる人は少なくて最高!歩いてる人はいっぱいいたんだけどねぇ。スタバに入ってもガラガラで待つことなし!ステキ☆

素晴らしい建物を見ながらブラブラ街歩きをした後は、この日の目玉!クライスト・チャーチへ!!ここは、名門中の名門といわれるカレッジ。


※これがクライスト・チャーチ。ここからは中に入れません!


だけど中に入る前に、まずは目の前にある、アリスのお店へGO
そう、ここオックスフォードは「不思議の国のアリス」の舞台の街でもあるのです。

著者のルイス・キャロルはクライスト・チャーチで学び、卒業後も教師としてこの学校にいたそうですわ。このお店、小さかったけど、ひとつ気に入ったものを見つけて買っちゃいました♪



さて!いよいよ、クライスト・チャーチの中を見学。入場料は大人ひとり4.9ポンド(約1000円)。階段が多いだろうから、一度車に戻って、抱っこ紐に替えようかな~とも思ったんだけど、チュニがいつも通りぐーっすり眠ってたのでPramでそのまま入ることに。案の定、階段多かったんだけど、なんとかオットとがんばりましたわ

カレッジの中に入ると、鳴り響く鐘の音。うわぁ~~~!この鐘の音、ものすごく良い雰囲気を醸し出してます!!



カレッジの中にある教会へ。小さいけれど、とってもステキな教会。素晴らしいパイプオルガンがありました。




そして、そして!今日の目玉、グレート・ホール!!どうこれ?どうこれっ!!



映画観た人はピンと来ましたかね??

そう!ここは、ハリー・ポッターで、ホグワーツ魔法学校の大広間の撮影に使われたのです!実際に入ってみると、いやはや、まさにあの感じで、最高に雰囲気が良くて、「ここにダンブルドアが座ってる感じ?」なんつって、オットとふたり、はしゃぐ日本人旅行者になっていたのでした(赤子付き)。


※グレート・ホールの入り口手前の天井にぶら下がっていた明かり。これまた素晴らしい雰囲気でした。


いやぁ~、かなり楽しめた!チュニもずっと夢の中でお利口さんだったし、思い切って行ってよかった!

ロンドンはロンドンで好きだけれど、他の街に行くと、いわゆるホントの「イギリスらしさ」を感じられて嬉しくなる私なのでした。


ははは・・・。ごめんよ、ズック。それ、アリスショップで買った鍋敷き。確かに君には全く役に立たないよね・・・。


↓↓せっかくお留守番してたのに、ツマラナイお土産にがーっかりしたズックにに応援クリックお願いします♪
スポンサーサイト

コメント

アリスのお店が可愛い♪

わぁーこの大広間見たことあります!!すごい~てっきりCGかなんかだと思ってました・・(汗)映画でみた場所に足を踏み入れることが出来るってなんかすごい嬉しいですね!建物も町の感じもヨーロッパのそれぞれの国によって独特ですね。お店の看板一つとってもとっても可愛くって街をぶらぶらするだけでも楽しそう~チュニちゃん夢の中で不思議の国のアリスの世界味わってたのかなぁ~(笑)

ぐれーとほーる

おおおぉ。
映画内の階段と同じくらい絵画が飾られているのが印象的。

しかし、予想よりせまいねぇ。
実際は3列なんだね~

ホグワーツ魔法学校ってセットだと思っていました~!!
実際に見れるなんていいなぁ~素敵ですね!

チュニちゃんも お利口さんで良かったですね(*^^)v



>さっちんさん♪

本物は映画よりもずっと小さな部屋だったので、広くした部分はCG使ったんでしょうね~。そうそう、映画で観たシーンと同じ場所ってナゼか嬉しくなっちゃうんですよね♪

イギリスとスペインでは建物の様式もだいぶ違いますよね。ずいぶん昔の記憶ですが、スペインもすごく好きだったなぁ~。特にバルセロナ!あちこちにガウディの建物があるのには本当に感動だったv-398




>りゅうちゃん♪

そうそう、実際はかなり狭いのよぉ~。でもかなり雰囲気は良かった!

先生達の席の後ろにある絵画がすごく良かったよ。




>まなっちさん♪

そうなんですよー、セットじゃなくて実際にあったんですぅ。映画はイギリスのあちこちで撮影したみたいで、確かホグワーツの外観はスコットランド(イギリスの北)の方だったと思います。

このオックスフォードの街は素晴らしく美しいですね~!2年前行きましたよ。で教会見て感動!
ロンドンはロンドンで王室のある街って感じですが、地方都市はそれですごい美しいですよね~そんなイギリスがとても好きです。
個人的にヒュー・グランドがすきなので○○カレッジに行ったときはとても感動した単純ミーハーな私です…。

ハリポタworldだぁ(≧▽≦)ゞ
ちょうど正月にDVDを、でもって昨年TVでメイキングっぽいものをみたとこでした♪
みんなで食べてる食事のシーンも本当に食べてるとハーマイオニーちゃんが申してましたよ~
生ホグワーツいいなぁ(*´∀`*)

チュニちゃんお利口さんでしたね☆
外でるとキョロキョロしませんか?(^^)
リンリンはキョロキョロしまくり最終的に疲れて(飽きて?)寝てしまいますよぉ(笑)

ともよさん、こんにちは♪
すご~いっ写真どれもステキですね!e-266
パイプオルガンといえば上野の音楽堂(あ、違う呼び名だったかな!?たまに藝大の学生が発表会します)にもあるのですが、それとは比べものにならないほど立派!ですね~☆
ともよさんのブログに遊びに来るとロンドン事情が伺えて楽しいデス。

>みももさん♪

あ、オックスフォード行った??いいよね~!中世の街って感じでv-352私もイギリスの風景は大好きi-233

きゃはは、ヒュー・グラント好きなのね♪映画「ノッティングヒルの恋人」の撮影場所はうちの近くにいっぱいあるのよ~。




>anjuさん♪

あら~、タイムリーでしたね☆

チュニはお外に出てもあんまりキョロキョロしないの。で、サッサと夢の中に入っちゃいまーす♪




>ovaleさん♪

キャー!ovaleさんに写真誉めてもらえるなんてウレシイですぅ~i-237

イギリスの教会はどこに行ってもすごく重厚感があってステキで、パイプオルガンもとっても素晴らしいんですよ♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/256-8f699f99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。