スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチコードな旅~ロンドン編(2)~ 

なんだかすっかり涼しく、いやむしろ寒いくらいになってしまい、風邪気味なロンドンです。

うちのADSL回線がかなりイマイチで、なかなか更新できない・・うぅ。こっちはブロードバンドのメインがADSL1~2M。最速が24Mらしい。この国に光が出るのは、5年後とかでしょうかね・・・?

そんな回線状況にも負けず、ダヴィンチコードな旅の最終日。やっと書けるよ。

とうとうウェストミンスター寺院へ!実はここもまだ行った事なかった。いつでも行ける、と思うとなかなか観光的な場所には行かないものですな。

着くと入り口にたくさんの人が。並んでるのか・・・。教会に並んで入るのって初めてだな。17歳以下は子供料金で半額になるとのことだったので、妹に、「大丈夫だよ、どう見ても26歳には見えないよ。子供1枚って言いなよ」と言ってみた。妹は相当ドキドキしながら、とりあえず「1枚」とか言ったら、受付のおじちゃんに「大人1枚でいいのね?」って聞き返されたんだけど、英語のわからない妹は、思いっきり何度もうなずいてた。あ~あ。絶対こどもでも行けたのに。(笑)

ラングトンの言ってた通り、中は思ったより広くて、しかも結構入り組んでいた。観光客がいっぱいなので、みんなでゆっくりと並ぶように歩く。あちこちに見所があるらしく、とりあえずは全部見てみる。お!とうとう詩人のコーナーだ!!た、確かここにニュートンが!ニュートン、ニュートン、、、あれ?ないなぁ。シェイクスピアはあるんだけど・・・。何度も何度もグルグルと詩人のコーナーを見たけど、どうしてもなくて、結局説明員に聞くことに。聞いてみたら、全然違う場所だった。すっかり詩人のコーナーにあると勘違いしてたみたい。
詩人のコーナーから中庭っぽいところへ出る扉は、確かに行けないように紐があった。そっちにも後ろ髪ひかれつつ、ニュートンのところへ。ちょうどその時は礼拝中で、まさにニュートンのすぐそばで礼拝が行われていたので、あんまり近くまではいけなかったけれど、それでもちゃんとニュートンがいて嬉しかった。満足。満足。

ダヴィンチとは全く関係ないけど、ロンドン市内にはいくつも区みたいなのがあるんだけど、それぞれ区の旗があって、その絵が描いてある本が飾ってあって面白かった。私の住んでる区の旗は、うーん、まぁふつうか。

ウェストミンスターも堪能したので、ビッグベンのそばで写真を撮ってお昼。しかーし!ここで食べたお昼ご飯、味はまぁこんなもんかって感じだったんだけど、ウェイトレスが最悪だったの!超自分の都合でオーダーを取りに来て(それまでいくら呼んでも来てくれなかったのに)、来たと思ったら、「次の人は何?早く!それから?早く!」みたいな感じで、超~~~感じ悪い!!!隣のテーブルのアメリカ人らしき一家も、みんなで顔を見合わせてたよ。まったく。みんなで、ぷんすかしながら出た。
せっかくここまで来たのだから、ということで、ロンドンアイにも乗る事にした。観覧車は珍しくないからか、ここでは全然日本人の観光客には会わなかった。他の場所には結構たくさんいたのにね。高いからかな?ロンドンアイからの眺めはとっても良かった。あんまりお天気は良くなかったけど、「ザ・ロンドン!」という感じの写真が撮れたので、なかなかうれしかった。やっぱりビッグベン、ステキ。この建物、本当に私は好き。

その後は、妹はロンドンダンジョンに行きたがったけれど、姉が嫌だというので、趣向を180度変えて、ハロッズに行った。おみやげも買えたからよかったかな。

夜はマドンナやケイト・モスも常連だという「Julie's Bar」に行った。建物の中はすっごくかわいくて、雰囲気は最高なんだけど、お料理はそうでもなかった・・・。お値段の割には・・・って感じ。隣のご夫婦が、1品1品食べる度にウェイトレスを呼んで、「このお料理にはがっかりだよ」とか「味が全然しなかった」とか言っていた。キビシー! ま、まぁ、でも言いたくなるのもわかるよ、うん、うん。

毎日毎日歩き回ってクタクタになった1週間だったけど、ホントに楽しかった。今度はもう少しゆっくりできるといいな。お姉ちゃん、妹、また、来るの待ってるよ~~!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/33-adb70ebc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。