スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいい間違い 

今日、英語のクラスですっごい恥ずかしい間違いをしてしまった。日本について長文で説明してたんだんだけど、頭がこんがらがってきて、「choose」の過去形を「choosed」って言っちゃったの!きゃー!恥ずかしかったー。きっと顔が真っ赤になってたと思う。


でも先生は、「その間違いはすごくかわいい」と言ってくれたの。英語を話してて、英語について「かわいい」と言われたのは初めて!間違えたのは恥ずかしかったけど、これはうれしい発見だった。


このことについては、いっつも私は不満だった。


だって、外国人が日本語をしゃべる時、発音や言い方がちょっと間違ってたりするとすごくかわいいじゃない?この前スイスに行った時も、ちょこっとドイツ語をしゃべったら、「かわいいねー」って言われたよ。今日も先生がフランス人のマネしてフランス語を言ったら、「すっごくかわいいーー!」ってクラリスが言ってた。


なのに、なのに!


どうして、イギリス人は、私たちの発音をかわいいって言ってくれないのさ!「は?」みたいな顔するのさ!


と、いつも不満だった。そしたら今日の間違いを、初めてかわいいって言ってくれた。
やっぱりね、やっぱりね、そうだよね、外国人のちょっとした間違いはかわいいよね!これからも、ジャンジャン言ってくださいよ、間違えた時にかわいいってさ。そしたら、私ももっと間違いを気にせずにしゃべるからさ!


ただ、私の英語のクラスの先生はアメリカ人なんだけどね。。。お、同じだよね?イギリス人も。。。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/54-9623cc68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。