スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食洗機 

イギリスのおうちにはほぼ全て食洗機(Dish Washer)が付いている(と思う)。おうち探しの時に20件近く見たけれど、付いてないとこはひとつもなかったし。。。

でも、この食洗機の使い方がわかりにくかった。

うちの食洗機は、ドアの側面というか上側にボタンが付いていて、電源ボタンとその隣のこのボタンはなんだろ・・・スタートボタン?を押さないとスタートしない。それは割りとすぐにわかったのだけど、その隣の印がまったく意味がわからなかった。(説明書もなかったの)

食洗機の何かがおかしいということで大家さんがエンジニアを呼んでくれていて、私が着いて3日後くらいにエンジニアが来た。その人が言うには、「ほら、このランプが点いちゃってるだろ、塩が必要だよ。あとリンスも必要だからね。それがないとあんまりキレイにならないよ」とのことだったけど、私にはなんのことかサッパリわからなかった。塩?リンス???

確かに、当初、この左側の印(赤い矢印)の隣のランプがずっと点灯していて、その後すぐに青い矢印の方も点灯した。

どうやら、イギリス、特にロンドンは硬水のため、お水を柔らかくするための塩(SALT)が必要だとのことがわかった。でもリンスってなんだ?私の聞き間違いかも・・・だってリンスって「流す」って意味だよねぇ・・・。としばらく悩んだ。近くのスーパーにもリンスなんて売ってなかったし(あとから、ただ単に売り切れだったことがわかったけど)。でも、別のスーパーでリンスを見つけて、「おお~やっぱり本当にリンスだったのね。」とわかった。もちろんどちらもDish Washer専用のもの。

ということで、今ではすっかりお皿もキレイになってくれてますが、同じ食洗機という機械でも日本とはやっぱり違うんだなぁ~と思ったのでした。日本は洗剤だけでOKだったもの。

それにしても、このマークわっかりにくい!矢印がふたつ交差しているようなのがなんで塩なの?この雪の結晶みたいなのがなんでリンスなの?イギリス人はこれみたらすぐにわかるの???うーむ、わからん・・・。

あと、リンスの入れる場所もわかりにくーい。扉の裏についているんだけど、こんな感じ。↓

いつもは左のようになっていて、小さな蓋を開ける。開けた写真が右側。赤い矢印のとこはとても浅い場所。こんなところにリンスを流し込んじゃっていいのかしら・・・。と思ったけど、この下の構造がよくわからないけど、これがかなりドボドボと入るんです。・・・不思議・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doek.blog79.fc2.com/tb.php/59-3f62f0b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。