スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antenatal Class~両親学級~(4) 

逆子が治ったお陰か?!胎動がものすっごく激しくて、昨日なんか、お腹から足が飛び出しちゃうんじゃないかってくらい、お腹が尖っていたロンドンです。

ちょっぴり痛いんだけど、それも愛おしいって感じるなんて、この10ヶ月ですっかり私の母性もシッカリ育ってきたみたいです。


妊娠初期にいろいろ調べていた時に、臨月の方のブログで、「赤ちゃんに会えるのは嬉しいけど、このお腹とお別れするのは寂しい」なんて書かれていたのを読んで、「えー?!大きなお腹すごく苦しそうなのに、それを失うのが寂しいのー?!」なーんて思ってました。

でもでも、実際にお腹の赤ちゃんと、まさに一心同体で10ヶ月間過ごしてくると、本当にその通りに思ってるから、やっぱり妊娠って不思議!


※前のと同じくプレゼントしてもらったトラセリアのメリー。超お気に入り!早く使いたいなぁ♪


私も、チュニには会いたいけれど、こうやって胎動をもう感じられなくなっちゃうんだなぁ・・・と思うと、ちょっと寂しい、なんて思っちゃってる。なかなか眠れなかったり、重い重いお腹は横になるのも辛かったりするんだけど、このとっても幸せな気持ちはもっともっと大切だったりします


さて!ちょっと前のことになっちゃうけど、両親学級の第4回(最終回)のことを書こう。

最終回は、主に母乳育児(Breast Feeding)について。

まず、母乳育児のメリット・デメリットを、母親の立場、父親の立場、赤ちゃんの立場、それぞれについて、またグループに別れてディスカッション。


※病院最寄のパディントン駅。あのクマさんのパディントンでも有名ですな。


その後、母乳の与え方、ベストポジションについてのビデオ鑑賞。このビデオがめちゃくちゃ役に立った!って、まだあげたことないから実際うまくいくのかわかんないけど、やり方はすっごくよくわかった。

(1)赤ちゃんの唇に乳首を持っていくと赤ちゃんが口を開ける。

(2)赤ちゃんの下唇をよーく見て、一番大きく口が開いたら、すかさずグーッとおっぱいに押し付ける(鼻つぶれる?と思うくらい)。
※これがちゃんと出来てないと、痛くなったり切れたりしてしまうらしい。

最初は、お母さんも赤ちゃんも下手だから、どうしても切れたりして痛いって話をよく聞くので、このビデオはとっても参考になった。私もここで習った通り、がんばってみようっと


そして最後に、父親チームと母親チームに別れて、父親チームはクイズ形式のディスカッションをしたり、赤ちゃん人形のオムツ替えをしていたらしい。(替える前のオムツの中には汚れ風のものも付いてたんだって!)



母親チームは、産後の体のケアなどについてMidwifeとの質疑応答。最後には、「電車の中で席を譲ってくれるのはいつも女性だよね!男性は見てみぬフリするよね~」なんてワイワイ話したりして。

これで全て終了!全4回、「ものすごーくタメになったー!」というほどではなかったけれど、なかなかこういう場所に参加する機会もないから、参加してよかったなぁ。オットは終わってホッとしてるだろうけど(笑)。


そして教室が終わるといつもお腹が空いている私達だけど、珍しくこの日はそうでもなかったので、おいしいケーキを買いにLADUREEへ!


※ピカデリーのバーリントンアーケードにもオープンしたLADUREE!金ピカで豪華でしょ?


今日は絶対に、みももさんオススメのサントノレ、と心に決めておりました♪

噂通り、ホントにおいしかった!中の生クリームとカスタードクリームが超おいしいの!外のキャラメルも香ばしくて良い感じ。あぁ、最高だわぁ~ みももさん、ありがとう!


※右は私のサントノレ・オリジナル。左はオットのピスタチオのサントノレ。オリジナルの勝ち!


チュニが元気に生まれてきたら、お祝いとしてオットに買ってきてもらおうっと♪イヒヒ。



↓↓奥に自分のガムがあるくせに、やっぱりケーキをどうしても食べたいズックに応援クリックお願いします♪

逆子ちゃん、その後 

やーっと、ベビーベッドを(オットが)組み立てました!お部屋は狭くなっちゃったけど、なんかこれがあると、「あぁ、本当に赤ちゃんが来るんだなぁ・・・」と妙に感慨深いロンドンです。


みなさーん、今日、私、病院行ってきましたー!!

「今日の外回転術、どうなったかな?」って心配してくれてました??

心配してくれてたみなさんにご報告!結果から申し上げますと、、、


逆子、治りました!!


あ、どうも、どうも!いや、これは、これは! いえいえ、本当にありがとうございました!


では、以下、順を追って説明させていただきたいと思います。コッホン。


今日の予約は12時。だけど、Midwife(助産師)から、「1時間前に行くのよ。そして朝ごはんは食べちゃダメ。」って言われてたので、お腹ペコペコのまま病院へ行きました。


※やっぱりドキドキしてたのか、ピントがイマイチ・・・。


受付で外回転術(ECV)に来た旨を告げて、マタニティ・ノート(母子手帳みたいなもの)を渡すると、「9番のお部屋で待っててね。」と。

待っていると、Midwifeが部屋に来て、マッパ(真っ裸)になって、病院のガウンを着ろ、と。「え?マッパ??パンツくらい履いててもいいんじゃないの?」とも思ったんだけど、もしかしたら術の最中に破水しちゃう可能性も否定できないからかな~?

あ、ちなみに私、おパンツはいまだに妊娠前の履いてます。ふつうは、まず最初にでーっかい妊婦用パンツを履き始めるみたいだけど、イギリスでは、たぶん妊婦用パンツってそこまで普及してなくて、いつものパンツで通す人がたぶん多いと思う。ほらね、こんな感じ。

※注:これは私ではありません!(え?わかってるって??)


で、私もなんとなく今までそうしてきちゃった。デカパンは日本から1枚だけ送ってもらったけどほとんど使わず、8ヶ月に入ってからは、ちびパン+妊婦用ガードルで過ごしてまいりました。

だから、「このチビパンくらいは履いてていいんじゃ?」って思ったんだけど、全部脱げっていうから素直に従いました。

で、腕にこんなワッカをつけられてる間に女医さん登場!女医さんだー、よかったー!!



女医さんが、まずはスキャン(エコー)で、位置を確かめる、とのことでスキャンをチュニの頭があるべき場所に当てる。


女医さん「・・・?」


女医さん、すかさず、私のお腹の下の方にスキャンの機械を当てる。


と!!


なんと、チュニの頭が!!!



そう!


チュニったら、自分でぐるんって回ってくれてたんです!


いや~、ビックリしたけど嬉しかったですよ、ホント。女医さんも「自分で回ったみたいね。お利口さんだわ」って。

スキャンする前にも「固いのがここにあるんだよね・・」って私が言ったら、Midwifeが「あら、ホントね」って言ってたんだけど、どうやら今日の固いものはお尻だったらしい!

女医さんに「本当にありがとう!」って言ったら、「私じゃなくて、赤ちゃんにお礼言いなさい」だって。

ホントだよね~~。チュニ、エライ!チュニ、でかした!チュニ、ありがとう~~~!!


※私も実際に出産をするだろうこの分娩室で全ては行われました。(いや、実際には何も行われてないけど)


もう臨月で36週になっちゃってたから、子宮の中は狭いだろうし、自力での回転はもう無理かと思ってたけど、意外に簡単に治っちゃいました!どうやら、結構ギリギリまで行っても、ぐるん!はできるみたい。分娩台の上で治った、という話も聞いたし、赤ちゃんってスゴイかも!


ちなみに、先週の金曜日以降、毎日私がしてたことを書いておきます。

(1)右足の小指の爪の外側にお灸。(あっついけどガマン!)
(2)四つんばいになって、アゴと胸を床に付け、お尻を持ち上げる逆子体操(10~15分)
(3)そのまま起き上がらずに、赤ちゃんの背中がある側を上にして横になって、眠る。

★胎動を感じたら(赤ちゃんがお腹の中で起きてる証拠なので)、「頭はコッチだよ~。」とか「自分でぐるんってしてごらん!」とか話しかける。


※それがお灸だよ、ズック。


どれもこれも、「こんなんで効くんかいな?」と半信半疑ながらも続けていました。(たった4日だけど・・・)

お灸が良かったのか、逆子体操が良かったのか、話しかけが良かったのかわかりませんが、とにかくコレで治ってくれたので、もし逆子でお悩みの方がいましたら(もしくは将来そんなことになったら)、ぜひ試してみてあげてください。

あ、あと、「チュニがその体勢がいいんならそうさせてあげよう。もう帝王切開でもいいや!」って開き直って、気持ちをリラックスしてたのも良かったのかも。

とにかく良かった!わーい!わーい!

でも、チュニったらいつの間に回ったんだろう?なんとなく昨晩にグゥ~と動いた気はしたけど、、、う~~~ん・・・?


ホント、ホント!ご心配おかけしました!&応援してくれてありがとうございました!!


↓↓ほんのちょっぴりお兄たんらしくなってきた(?!)ズックに応援クリックお願いします♪

妊婦検診-8回目(妊娠36週) 

週末はいろいろなもの(メインはチュニのもの)の買出しに出かけるので、事前リサーチに余念のないロンドンです。

私、この「リサーチ」が大好き 「何かする」、「何かを買う」、「どこかに行く」、となったら、それについて調べずにはいられません!このリサーチ不足で出かけちゃうと、なんだか消化不良な気までしちゃって。。。今回はIKEA(英語発音では、「アイケア」)に行くので、事前にWEBで買いたいものをピックアップしてこんなものまで作っちゃって大満足 アハアハ、私って暇人!でも楽しかった~♪




さて、私、とうとう臨月を迎えました!キャー! ここまで長かったような短かったような・・・。

そして、昨日は10ヶ月に入った検診日。いつもの分院に行って、いつものように尿検査やら血圧やら測ってまいりましたよ。


しかし・・・。


しかし・・・。


昨日はたいへんショックなことが・・・。




チュニったら、この期に及んで、



逆子ちゃんになっちゃってたんです!!



いつものチェックアップが終わって、お腹の様子を診てくれる段階になったので、ちょっと前から気になってたことを告げた私。

「なんか、固いものが上にあるんだけど・・・」

前回の両親学級でMidwifeにも相談してみたら、「お尻かもよ?お尻も結構固いからね。」って言われてたんだけど、どうしても気になって。


※私も他の人のブログで知ったんだけど、赤ちゃんとの日々を綴っていくこの本、すごくかわいいの!


「どれどれ・・」ということで、まずはチュニの心音をチェック。今日はあまり経験のない人だったみたいで、3回目にやっとハッキリ心音が聞こえる所を探し当てていた。

で、お腹を触ってみて、上にある固いものを触って「私には頭に思える・・・」と、スーパーバイザーらしきいつものインド系Midwifeに伝える。それを聞いてインド系Midwifeも私のお腹を確認。


「・・・。」


む、無言だよ、この人!



その後、「ちょっともう一人に見てもらいましょ。」と、前回の大きい人を呼んできた。大きい人も私のお腹を触って、「あら?うーん・・・ちょっとこれはどうも・・・」という鈍い反応・・・

やっぱり逆子っぽいので、確かめるためにスキャンをすることになった私。その結果・・・


そう、しっかりと逆子だったのです・・・。チュニよ・・・


※こんな風に自分の言葉で書き綴ったり写真を貼っていきます。随所にある短いストーリーもすごくかわいい!


やっぱり、この固いボールみたいなのは頭だったか・・・。これ、2週間前の検診の時も感じてたんだよねぇ。前回は見逃されたんだな、きっと。大きい人め!


スキャンしてくれた専門技師(Sonographer)は、「赤ちゃんがこのポジションが好きなのよ。誰も強制はできないのよ~」って優しく言ってくれた。うん、、、そうだよね。

あ、今回スキャンしてもらえたから、チュニの推定体重が出されました。現在、2,456gで標準の大きさみたい。ほっ。


そしてもう一度、Midwife達の元へ戻された私。そこで、本院にて、医師による外回転術が受けられるとのこと。

「やる?」との提案に「うん!」と即答する私。そりゃ、何でもやりますよ!試す価値のあるものは!

ということで、今度の火曜日に、お医者さんがお腹に手を当てて外からチュニをぐるん!と回すことになりました。なんかちょっとだけ怖いけど、でもこれで治るかもしれないんだし、やってみよう!


※またまたお腹育ってる?そうでもないかな。見た目のお腹の大きさと赤ちゃんの大きさはあんまり関係なさそう。


もし治らなかったら帝王切開かな・・・。と昨日はちょっと落ち込んだけど、もうここまで来たんだ!チュニに会えるなら、どんな方法でもいいさ!なるようにしかならないんだ!

と考えることにしました。


それに、ふつうに陣痛が来て産むことになったら、何十時間も痛みに耐えなくちゃいけないんだから、それがなくなるのは、もしかしたら意外といいかもしれない!チュニが逆子でいたいんだったらいさせてあげようじゃないか!

と、ドーンと構えていようと思っている私です。(「母は強し」ってヤツ?!)


・・・といいつつ、内心はやっぱりちょっと怯えてますが・・・(笑)



そうだね!ズック!私も君のようにリラックスしてみるよ!


↓↓でもでもやっぱり逆子体操などもしてみて、なんとかチュニの頭が下に収まってくれることを期待している私に応援クリックお願いします♪

Antenatal Class~両親学級~(3) 

今週から急に秋になっちゃって、落ち葉がたくさん落ちていたり、寒くて薄手のジャケットやコートが必要なロンドンです。

月曜日、風邪で寝ていてお料理できなかったので、オットが早く帰ってきてくれて、ラタトゥユを作ってくれました。父親になる自覚はまだまだで評判の悪いオットだけど(笑)、なかなか優しいんですよー


3回目の両親学級の前に、買った車を取りに行ったら、ものすっっごい渋滞にはまって1時間も遅れてしまった我々。

この日の授業は、どうやら陣痛の痛み逃しの方法についてだった模様。

我々がついた時には、すでにEpidural(いわゆる無痛分娩で使われる麻酔)まで話は進んでました。


※ズック、違うよ。赤ちゃんのお洋服を水通ししました!ちっちゃくてかわいい~♪


イギリスでふつうに病院でできる痛み逃しは、「GAS&AIR(笑気ガス)」
病室に備え付けで、いつでも勝手に使って良いのでほとんどの人が使うんじゃないかな?私も使ってみるつもり。全く関係ないくせに、オットも使ってみるつもりらしい(笑)。実際には痛みは逃げないけど、ホワ~ッとするらしい。

あと、「Pethidine」という鎮痛剤。
これは太ももあたりにする麻酔みたいなものなので、注射の大嫌いな私は絶対にやりたくない!母親も赤ちゃんも眠くなってしまうらしいし。

そして最後に、さっきも書いた「Epidural」
背中から硬膜外にする麻酔ということで、これまたちょっと怖い・・・。でも、「もう限界!私、もう無理!」となったら、やってもらおうかなって思ってる。どこまでの痛みか、自分がどこまで耐えられるのか、まだ想像つかないので・・・。


※ペニシリンを発見(?)したフレミング。ここに掲げてあるってことは、もしや私の産むこの病院で発見されたの?!


その後は、実際に出産する時の体勢についてのお勉強。イギリスでは、いわゆる分娩台はない(ベッドはある)。しかも、自分のやりたい体勢で産むことができる。これは私には本当に嬉しい限り!

前に読んだ「分娩台よ、さようなら」の影響もあると思うけど、分娩台でのお産は重力に反しているらしいので、避けたかったの。


いくつかの体勢を教えてもらったけど、私には片膝をついて前かがみになった姿勢が楽だったし、力も入りそうなので、これを試してみるつもり。実際はどうなるかわかんないけど。。。


最後に、帝王切開になった場合のシュミレーションをみんなでした。実際に帝王切開になったら、12~3人の人に囲まれなくちゃいけないんだなぁ・・・やっぱりイヤだなぁ・・・。なんとか自然に生まれてくれますように。


お昼を食べる時間のなかった我々は、クラスが終わってお腹がペッコペコ!(あれ?いつも言ってる?!)

今日は、うちから結構近くて、前からずーっと行きたいと思ってたのに、なかなか行く機会がなかった「TEA PALACE」へGO!


※この写真は去年撮ったヤツ・・・。さすがにまだクリスマスツリーは飾ってありません。


私は迷わず、Afternoon Tea(Palace Teaという名前だったかな)を!!オットはサンドイッチとビール。

ジャジャーン!これが3段トレーのAfternoon Teaです♪(トレーうまく写ってないけど・・・

下からサンドイッチ(4種類)、スコーン(2種類)、ケーキ(3種類)が載せられています。それぞれ小さいから簡単に食べられそうでしょ?でもお腹パンパンになったよ!



ここのサンドイッチ、おいしかったの!イギリスの卵サンドって味がなくておいしくないことが多いのに、ここのはおいしかった~。サーモンサンドも最高

そして、一番感動したのはスコーン!周りがカリッで中がしっとりフワッ 私の大好きなクローテッドクリームもめちゃくちゃおいしくて、ここのスコーンは感動モノ。オットも、「すっごくおいしい!」と言ってた。あぁ~、ここもやっぱりもっと早く来てれば良かったよぉぉぉ。(ちなみに、ケーキはそれ程でもなかった。)


※「TEA PALACE」というだけあって、紅茶はたっくさんの種類から選べます。


ただし!ここのお値段は、いわゆるイギリスのお値段ざます。この3段トレーが£13.5(3000円弱)。だけど紅茶がついてないので別で頼まなくちゃいけない。それが£4(1000円弱)。つまり、ひとりで4000円くらいはしちゃうの!

スコーンだけでも£5.5(1300円くらい)だから、紅茶も頼むと、前回のMuffin Manの倍はしちゃう。

でもね、でもね、スコーンも紅茶もやっぱり格が違った!!ふだん使いにはできないけど、たまに「贅沢したいな」って時にはぜひ来たいお店でございました。



-------
風邪っぴきの私に、オットが「お前の鼻声かわいいね。」って言ってくれたんだけど、その後の「ずっと鼻声でいれば?」の発言はどうなの?!ふだんの声はかわいくないってこと?!

↓↓いつだって一言多いオットに応援クリックお願いします♪

Antenatal Class~両親学級~(2) 

昨日、「これならチュニにもたくさんあげられる!」と、なぜかズックに母乳を与えている夢をみたロンドンです。 たくさん出てておいしそうに飲んでたズック(笑)。変な夢!


さて、イヤイヤながらもオットを参加させた2回目の両親学級。今回学んだのは、陣痛の時に起こる色々なこと。

「怖い、痛い、ウーッ!」となると、アドレナリンが出て、出産の進行を止めてしまうらしい。なので、色々な方法でリラックスすることが大事、と。具体的には、電気を暗めにしたり、自分の好きな落ち着けるCDをかけたり(病院のお部屋にラジカセがある)、特に大事なのは

「息を吐くこと」

うんうん、ヨガでもいつも呼吸法を教わってるから、いざその時になったら、とにかく吐くことに集中してなんとかがんばってみようっと。


※超かわいいトラセリアのおくるみと哺乳瓶ケース。日本に一時帰国した際に早めの出産祝いとしていただいちゃいました!これ、フランスのメーカーなのにイギリスではなかなか手に入らないのよね・・・。


それから、赤ちゃんのベスト・ポジションは、赤ちゃんがママ側を向いていて、中心よりもちょっと左側に背中があること。この位置だと、赤ちゃんが回旋しやすいんだとか。
逆に赤ちゃんがママと同じ方向で前を向いちゃってると、出産が長引くらしい。私も左を下にして眠るようにするから、チュニもがんばってこの体勢を取るんだよー!

その後、陣痛時に痛みを逃すための体勢をいろいろ教わった。オットも腰をマッサージしたり、私を支えたりする練習が出来たから、これは役に立ちそう!


そして最後の30分で、病院のLabour Ward(出産科)をみんなで見学。私は病院を決める前に1回見てるんだけど、実際に出産が迫ってきたから、前よりももっと現実感が増してた。



出産するお部屋は結構狭くて、真ん中にベッドがドーン!と置いてある。「このベッドは、端っこに動かす方がいいわね」ってMidwife(助産師)が言ってた。

イギリスでは、陣痛室、分娩室って分かれていないので、陣痛から出産までここで過ごす。私の興味のある、水中出産もできるバース・プールも見せてもらった。当日、空いてたらいいなぁ。予約はできず、早い者勝ちなの(笑)。


その後、入院するお部屋も見学。イギリスでは問題ない出産の場合は、1~2日で退院させられちゃう。短いでしょー?!
でも、NHS(国立病院)だから、個室はないし、病院食はまずいだろうし(笑)、きっとおうちに早く帰りたいって思うんだろうな。体はキツイかもしれないけど・・・。


そして教室が終わって、お腹がペコペコの私達は、おいしいと評判のRoyal Chinaに飲茶を食べに行くことに。ここ、夜は来たことあったんだけど有名な飲茶は初めてだったのだ!


※左上の肉まんが、超おいしかった!海老シュウマイは忘れられて出てこなかった・・・。


うんうん、おいしかったー♪でも、モノによって、イマイチなものもあったから、期待してたほどではなかったような気もする。。。ただ、少なくともまーえに行ったチェン・チェン・クーよりは全然おいしかったけど。

今日は二人でジャスミンティーをポットで飲み、お腹いっぱい食べて£35(8000円)くらい。そんな高くないよね?よね?

でも、私の中でのロンドンのベスト1・中華はJoy King Lau!ここ、ホントおいし~いのカニのDeep Fryがめちゃくちゃおいしい! 噂によると飲茶もおいしいらしいので、今度ぜひ行ってみたいぞよ。



↓↓オットにどんなに悪戯されても、いつでもボケーッと全然平気なズックに応援クリックお願いします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。