スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳半検診とDTP追加 

日本でも出生率、上がってきているらしいですね。いつも「ホントに少子化?!」と疑うほど街には子連れが溢れていたので、ナットク。そして今、児童館に行くと、すごいたくさんの人が二人目お腹にいたりするので、「やはりベビーブームだわ・・・」と心の中でコッソリつぶやいているともよです。


ちょっと前のことになっちゃうけど、記録のために書いちゃいます。

チュニ、1歳半と10日くらい経った頃、1歳半検診を受けました。1歳半検診って、集団でやる地域もあるのかな?すごく待たされるとか聞くけど、私の住んでいるところではかかりつけの小児科で診てもらうのでいつも通り予約して行ってまいりました

ここは、すごく優しくてしっかり説明してくれるので信頼している先生。この日の検診では、積み木を積ませるとか、絵本で指差し確認とか、いわゆる検診項目的なことではなく、先生なりのやり方で、チュニにオモチャを渡してそれに対する反応を見て、説明してくれました。


※お散歩の時にズックのリードを持てるようになりました(短時間だけど)。


あと、言葉について、「たくさん出てる。たまに二語文も言う」と言ったらビックリしていた。1歳半で2語文言うのは100人に数名だとか?!でも、チュニもいまだに「時々」レベルだし、最近は周りのみんながだいぶ追いついてきた気がする。結局行き着くところは同じなんだよね~。

それから、三種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳)の追加予防接種もしました。チュニはイギリスで早めに3回終えていたため、最後の接種からすでに1年経過していたのでついでにやってもらっちゃいました。

検診は総合的に見て、「120点くらいなので何も心配いりませんよー」とのことで無事に終了。


※蒸しパンのおかわりを用意して振り返ったら、自分でスタイを付けていた!後ろ前だけど(笑)。


あ、身長⇒82.5cm、体重⇒10kgでした。家で測った時は10.6kgあったのにな~。

チュニは生まれた時から背が高くて、ホントに痩せていた。その後も体重の増え方がゆっくりで、母乳が足りないんじゃないかと、実はずっと心配だった。プクプクのかわいいおデブちゃんを見ると、さらに心配になったりしてたものだ。でもちゃんと右肩上がりに増えていたのだから、今なら、「これがチュニのペースだったんだ」ってわかるんだけどね。

それも、1歳の時には標準ど真ん中に来ていたので、それからは全く心配しなくなったけど、そういえば最近ずっと増えてないなぁ。食べるよりも遊ぶ方が楽しくて、すぐに途中で「ごちそうさま」になっちゃうからだろうなぁ。もうちょっとしっかり食べてくれーい!


※Photo by だっちゃん


うん、とりあえずよかったよね。でも少し悪いんだから、あんまり吠えちゃダメ!!

おっぱい、ばーい!(2) 

とうとうチャングム、全部見終わりました!いやぁ~見ごたえがあった。長かったけど、ホントに最後までものすごーく面白かったので、まだ見てない人はぜひぜひ見て欲しい!と思っているともよです。


さて、断乳記、つづき行きます。

■2日目

同じくお昼寝はバギーの中で、お風呂はオット。そして夜。やっぱり「ねんね、おっぱい」とクッションを差し出すチュニ。初日と同じように言い聞かせ⇒ギャー!を5回くらい繰り返したかな?でもリビングへ出て行くこともなく、初日よりもだいぶ短い時間(1時間15分くらい)で寝てくれた。


※お友達にギューをしようとするチュニ(フラれたけど(笑))。ちょっと前までは一緒に遊べなかったのに!



■3日目

お昼寝はバギー、お風呂はオット、夜は最近お気に入りの「はらぺこ青虫」の絵本を2回ほど読んで電気を消すと、「ねんね、おぱーい」⇒「おっぱい、ばーいでしょ?」⇒ギャー!の後、もう一度本を読め、と言い、また同じことの繰り返し。だけど、うわーん、と一声言った後ゴロゴロし始め、そのうち寝てくれた(所要時間1時間弱)。


4日目以降は、絵本を読む⇒もっと、もっと、とねだる⇒電気を消す⇒うわー!(もっと読め!)と少し騒ぐけれど、すぐに静かになって、ゴロンゴロンしたり、なんかもにゃもにゃしべったりしながら寝てしまうようになってくれました。その間、私は横で寝たふりをして過ごす感じ。


こうして私とチュニの1年半のおっぱい人生は終わりを告げました!



あ~、この1年半よくやったなぁ・・・(しみじみ)。乳腺炎にも何度かなったし、しょっちゅう詰まっていたし、歯の生え始めの頃、歯が同じ場所に当たって傷になり、さらに膿んで、ものすごく痛くて授乳が怖くなったり、長いこと白斑を抱えていたり(恐らくストレスのせい)、去年の夏はもうホントに辛かった!何度やめようと思ったことか!

でも、なんとかここまで続けてきてよかったなぁ、、、と今なら思えます。

母乳育児がこんなに大変なものとは知らず(ミルクの方がずーっと楽!)、ツライ思いもたくさんしたけれど、私の中ではどれもこれも既にチュニとの大切な大切な思い出となっていて、自分がここまでがんばってきたことに、とても満足しています。私、よくやった!よくがんばった!




断乳して2週間が経つけれど、まだまだ覚えているようで、最近はお風呂に入った時などに「おっぱい」と言ってニヤニヤしながらパクッとすることがあります。でも飲むわけではなく、パクッとした後は「ば~い!」って言うの。さようならしたことは、ちゃーーんと分かっているみたい。

・・・って、それはいいんだけど・・・この頃、、、寝かし付けにかーなーり苦労するようになってしまった・・・

寝かせようとすると、ギャン泣きし、しばらく放っておくと遊び始める。。。もともとひとり遊びが上手なだけに、ベッドから降りてひとりで延々遊び続け、寝付くまでにものすっごい時間がかかる(1時間半くらい・・・)。今日なんか遊び続けて結局お昼寝しなかったんだから!ひえ~~~。この先どうなるのー?!




どうやったらズックみたいにコテンと寝てくれるのかしら?誰か教えてー!えーん。・・・もうしばらく試行錯誤が続きそうです・・・。

おっぱい、ばーい!(1) 

夫婦ではまりまくっている「チャングム」も残すところあと数話!うぅぅ~、早く見たいけど、終わっちゃうから見たくないような気も・・・と、ジレンマなともよです。

さて。

1年に1度の長い長い休日、ゴールデンウィーク。そこで私がまず最初にやったこと。なんだと思います??


それは、断乳でした!


チュニが生まれてからの1年半。トラブルもたくさん抱えながら1日も欠かさずにあげてきた母乳。その終わりはやっぱり私の中で大きな節目。そこで、記念のため断乳記録を書きたいと思います。


■途中経過■

チュニが10ヶ月くらいの頃、夜中に頻繁に起き、ひどい時は1時間おきに起きてはおっぱいを飲むようになってしまったので、「これでは私の体が持たない!!」と、夜間断乳を決意した私。夜中に起きても抱っこで寝かせる。どんなに眠くてもベッドから立ち上がり、抱っこしてユラユラ。がんばった!

もちろん最初はチュニも仰け反って泣いたけれど、だんだんと抱き上げるだけで眠りに付くようになり、夜中に起きる回数も徐々に減っていった。そして昼間の授乳回数も減っていき、最近では、お昼寝と夜の寝かしつけ時のみ、1日1~2回しかおっぱいを飲んでいなかった。


※大きすぎるマスク。なんでもマネをしたがります。


連休に断乳しようと決めてからは、折に触れてカレンダーを見せ「この日でおっぱい、ばーいだよ。」と言い聞かせていった。

それを知ってか知らずか、連休の1週間前くらいから、飲みながら寝付く、ということが減って、飲んだ後おっぱいから離れ、その後しばらくゴロンゴロンしてから寝る、という感じに。



■おっぱい最後の日■

最後の授乳になる4月30日の夜の寝かしつけ。おっぱいと一緒にいい気分で寝かせてあげたかったのに、授乳中に電話が鳴り、パッチリ目が覚めてしまったチュニ。なんだか私にも不満が残ってしまった最後の授乳。。。

でもでも、ここで1日延ばしたら、ずるずるとなりそうな気もしたから、初志貫徹ということで、グッと堪えてこの日を最後に。


※外出中にバギーで寝ちゃったら、おうちの玄関でそのまま寝てもらいます。だって起こしたくないんだもーん。



■断乳・初日■

お昼寝は車の中だったのですんなり。今までもバギーや車の中ならおっぱいナシでお昼寝していたので、しばらくの間は、わざとお昼寝時間帯にお出かけすることに。

おっぱいを忘れるまでは極力見せないほうが良いらしいので、お風呂はオット担当。

その間、私はこれから来るだろう修羅場?!に向けて、おっぱいにアンパンマンの絆創膏を貼る(笑)。もしチュニが「飲ませろ~!」と騒いで服をめくったら、「ほーら、おっぱいはアンパンアンパンマンになっちゃったんだよ。もうないんだよ」と言おうと考えてたの(でも結局見せることはなかった・・・)。

そして、いつも通りハミガキを終えて寝室へ。チュニが寝る時の合言葉は「ねんね、おっぱい」



当然、この日も「ねんね、おっぱい」を繰り返し、授乳クッションを私の膝の上に乗せようとするチュニ。そこで「もう、おっぱい、ばーいだよ。チュニはもうお姉さんだからね。おっぱい飲むのは赤ちゃんだよ。」と言い聞かせるも、そっくり返ってエビ反りになり、ギャン泣きするチュニ。


どうやっても泣き止まず、「あっち、あっち」とリビングへ行きたがるので、仕方なく、一度リビングへ戻り、少し遊ばせる。30~40分遊んでまた寝室へ⇒ギャン泣き。を3回くらい繰り返し、最後には横になったまま抱きしめた体勢で頭をなでなでしたら、やっと寝てくれた。最初に寝室に来たのは19:30くらいで、眠りに付いたのは22時くらいになっちゃってたかな?


・・・と、予想外に長くなってしまったので、パート2へつづく。。。




ううん、もう次で終わるから、そんなあくびしないで~。

ベビーサイン 

やっと元のご機嫌なチュニに戻ってくれましたー!寝る時も、多少敏感ではあるものの、少しゴロンと置いてしまってもOK!一人遊びもまたしてくれるようになって、かなりほっとしているともよです。


さて、私とチュニがやってるベビーサイン、イマサラ・・・という感もありますが、興味ある方も多そうなので、ちょっとここらで書いてみようと思います。

「サインをすると言葉が遅くなる」と言われることもあるけれど、チュニはどうも同じ月齢の子よりも言葉が早かったみたい。ただ、コレに関しては確かなことは何も言えないので、ご自身でご判断をお願いしますね。あと、私は教室などに通わず、思いっきり独学だったので、その辺もご了承くださいませ。


ベビーサインの存在を知ってから「ゼッタイやりたい!」と思っていた私。講演会に参加し、会長のお子さんが実際にサインをしている映像を見て、「こーんな赤ちゃんなのに、自分から表現できるってスゴイ!」と思って、ますますやる気に。



※初めてのサイン?「バイバイ」ができるようになったのは9ヶ月半くらい。これは10ヶ月ちょうどの時。


ベビーサインを始めるのは「お座りができてから」と言われていて、楽しみにしていた私は6ヶ月くらいから始めたけど、ものすごーーく時間がかかるので、もう少し後からの方がいいかも。その方が習得が早いみたい。


まずは、毎日頻繁に使う「おっぱい」のサイン(片手をグーパーする)から。

でも最初は赤ちゃんも一切わかっていない状態なので、基本的に見てないし、たとえ見てたとしてもモチロン意味なんか分からないから、もう思いっきり

一人芝居

の日々です。

でもここで諦めちゃダメ!どんなに無視されようが、毎回おっぱいの前にサインを繰り出すのです。


※これは「もっと」のサイン。サインの瞬間を写真に撮るのって難しい!


その次に教えたのが、「もっと」「バイバイ」「おいしい」あたり。モチロン、「おっぱい」サインを習得する前だけど、少しづついろいろ見せていく感じで。

ほとんどの方が「バイバイ」って教えますよね?誰かと別れるときに「ばいばーい」って、言いながら見せるって感じで。他のサインも、それと全く同じ教え方です。


チュニも、一番最初に覚えたのは「バイバイ」でした。そしてその次が「おいしい」。さすが私の子ども(笑)。こどもチャレンジで「おいしい」の絵本が届いて、それを繰り返し見て覚えた気がする。「おっぱい」のサインは分かってたけど、なかなか自らやらなかった感じ・・・って私の努力はどこに?!

と、とにかく、「おいしい」を覚えてからは、チュニも「あ、こうやるんだ」ってわかったみたいで、どんどん覚えていってくれました。


※「おいしい」。これも出来る子が多いですよね。チュニ、口に苺が入ってます(笑)。


一度はやってみたけれど、全然覚えてくれないから諦めたっていう人も多いと思うんだけど、成功の秘訣は、とにかく、


根気 


この一言に尽きます。


まだ言葉があまり出ていない赤ちゃんをお持ちのお母さん!1歳を過ぎていたって遅くない!興味があれば、ぜひ頑張って欲しいなぁ、と思います。

今まで、チュニがサイン出来てよかった~って思うことがホントに多かったし、なにより、赤ちゃんがサインしてる姿ってすっごくかわいいの!とってもオススメですよ



ズックができるようになってくれたら、本当にステキなのに!でも今でも大体言いたいことはわかるよ♪

誰かー! 

来ましたね、今年もヤツが。あのにっくき・・・・・・花粉!去年はこの季節の半分しかいなかったので、症状もそこまでひどくなかったものの、今年は早々にやられているともよです。くー、息が苦しいゼ・・・。


先週、チュニが夜に起きて泣き出したので、いつもの通り抱っこで寝かしつけようと寝室へ行った瞬間、ぐわーっと噴水のように吐いた!3回ほど大量に吐いたので、チュニをなだめながらも大慌てで片付けて、汚れたスリーパーを脱がすと、、、、背中の部分が黄色い・・・下痢も一緒にしてました。。。

急いでお風呂に入れて抱っこしてるとまた嘔吐。。。

翌日、病院で診察を受けている間に、う、、、私も、、、気持ち悪い・・・。そして私、病院で嘔吐。確実にうつったー!


※カーペットの上で寝ちゃうなんてチュニらしくない!(笑) よっぽど具合悪かったんだなぁ。


熱は全くないにも関わらず、ぐったりで、病院にいる間以外はほとんど一日中寝ていたチュニ。私も具合悪かったから一緒に寝られて、寝かしつけも必要なくてすごく楽だったんだけど・・・


翌日からがひどい!!

ずーっとぐずっていて、「だっち、だっち」と常に抱っこをせがみ、抱っこをすると、「あっち、あっち」と別の場所へ行きたがる。。。

夜泣きの時も同じで、いつもだったら抱っこですぐに寝てくれるのに、のけぞって「あっち、あっち」とリビングへ行きたがる。。。しばらくソファで抱っこして寝たと思ったから寝室へ行くと、目をパチッ!

そしてまた同じことの繰り返し・・・


※梅が見ごろですね。青空に映えてキレイ!


もう私、ヘトヘトです。

だんだんと元に戻りつつあるけれど、まだまだ抱っこ魔だし、機嫌もあまり良くなくて、ギャーギャー泣いてばかりいるし、お昼寝もうまくできず、寝たと思ってベッドに置くと「ギャー!」という新生児並みの敏感さ。

もう私、くたくたです。


誰か、助けてーー!


・・・でも誰にも助けられなーい!抱っこを代わってくれようとするオットすら、ペチペチ叩いて嫌がるチュニ。。。えーん。



できるならばお願いしたい・・・でも、ズックがつぶれちゃうからね・・・。お母さん、がんばりますよ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。